この記事では英語の熟語「rely on」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「〜に頼る」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に英語を指導しているライターヤマトススムを呼んです。一緒に「rely on」の意味や例文を見ていきます。

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

熟語「rely on」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「rely on」の基本的な意味として「〜に頼る」「〜に依存する」があり、さらに「〜を信頼する」「〜をあてにする」という意味まで広がります。それでは、これらのニュアンスや使える場面を詳しく見ていきましょう。

意味その1 「〜に頼る」

代表的な意味に「〜に頼る」「〜に依存する」があります。もともと「縛る」「強く結びつける」という意味合いからきており、「religion(宗教)」と同じ語源です。

また、「rely on + 頼る相手 for 頼る内容」として使うこともあります。強調するときは「rely too much on」として「too much」をはさむのが一般的です。

He always relies on someone.
彼はいつも誰かに頼っている。

Don't rely too much on medicine.
あまりに薬に依存しすぎてはいけない。

You should rely on him for that.
あなたは、それは彼に頼るべきだ。

意味その2 「〜を信頼する」

「〜を信頼する」「〜をあてにする」という意味もあります。もとが「縛る」という意味合いなので「継続的に頼る」「頼るつもりでいる」というニュアンスでも使われますよ。

You can rely on his word.
あなたは彼の言うことは信頼できる。

We didn't rely on that map.
私たちはその地図をあてにしなかった。

Mitsunari shouldn't have relied on Hideaki.
ミツナリはヒデアキをあてにすべきではなかった。

\次のページで「熟語「rely on」の言い換えや、似た表現は?」を解説!/

熟語「rely on」の言い換えや、似た表現は?

「rely on」の言い換えや似た表現には「depend on」や「count on」などがあります。ここでは、それぞれの意味合いや語源、使い方の違いを見ていきましょう。

言い換え例:depend onを使った言い換え

「depend on」を使うと言い換えることができます。「-pend」の部分のぶら下がるという意味が語源になっており、首からぶら下げる「pendant(ペンダント)」も同じ語源です。

「頼る」という意味で幅広く使われますが、「ぶらさがる」がもとの「depend on」はより依存した委ねるという意味合いのニュアンスがあり「〜次第である」や「〜によって決まる」という意味で使うこともあります。

He depends on me to help.
彼は私に手助けしてもらうことをあてにしている。

The result of the game will depsnd on the weather.
その試合の結果は天気次第だろう。

Our school reports depend on your test scores.
私たちの学校の成績はテストの結果で決まる。

言い換え例:count onを使った言い換え

もう一つは「count on」を使った言い換えで、「〜をあてにする」「頼りにする」という意味です。「count」のもとの意味が「数える」「計算する」「勘定に入れる」なので、頼りにするという意味の中でも「計算ずくで頼る」というニュアンスがあります。

I counted on her help.
私は彼女の助けをあてにした。

Michiko counts on Akira.
ミチコはアキラを頼りにしている。

We can count on Poirot in trouble. 
私たちは困ったときポワロを頼りにすることができる。

\次のページで「熟語「rely on」を使いこなそう」を解説!/

熟語「rely on」を使いこなそう

この記事では熟語「rely on」の意味や使用例を説明しました。基本の「〜を頼る」という意味に加えて、もとから頼るつもりだった場合には「〜をあてにする」という意味になります。

他の表現での言い換えでは、もとの意味に注目してみましょう。それぞれ「rely on」は「縛る」、「depend in」は「ぶらさがる」、「count on」は「数える」がもとの意味になっているので、これらを意識して使い分けると正確な表現につながります。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
" /> 【英語】1分でわかる!「rely on …」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語 – Study-Z
英語の熟語

【英語】1分でわかる!「rely on …」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「rely on」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「〜に頼る」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に英語を指導しているライターヤマトススムを呼んです。一緒に「rely on」の意味や例文を見ていきます。

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

熟語「rely on」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「rely on」の基本的な意味として「〜に頼る」「〜に依存する」があり、さらに「〜を信頼する」「〜をあてにする」という意味まで広がります。それでは、これらのニュアンスや使える場面を詳しく見ていきましょう。

意味その1 「〜に頼る」

代表的な意味に「〜に頼る」「〜に依存する」があります。もともと「縛る」「強く結びつける」という意味合いからきており、「religion(宗教)」と同じ語源です。

また、「rely on + 頼る相手 for 頼る内容」として使うこともあります。強調するときは「rely too much on」として「too much」をはさむのが一般的です。

He always relies on someone.
彼はいつも誰かに頼っている。

Don’t rely too much on medicine.
あまりに薬に依存しすぎてはいけない。

You should rely on him for that.
あなたは、それは彼に頼るべきだ。

意味その2 「〜を信頼する」

「〜を信頼する」「〜をあてにする」という意味もあります。もとが「縛る」という意味合いなので「継続的に頼る」「頼るつもりでいる」というニュアンスでも使われますよ。

You can rely on his word.
あなたは彼の言うことは信頼できる。

We didn’t rely on that map.
私たちはその地図をあてにしなかった。

Mitsunari shouldn’t have relied on Hideaki.
ミツナリはヒデアキをあてにすべきではなかった。

\次のページで「熟語「rely on」の言い換えや、似た表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: