英語の勉強法

【英語】現役塾講師が「形容詞」をわかりやすく解説!二つの使い方を理解して形容詞をマスターしよう

副詞と並んで形容詞を正しく把握できていない人は多い。「不定詞」や「関係代名詞」などのメジャーな文法事項に比べて、隙間のような存在になっているせいもあるでしょう。代表的な二つの使い方をマスターし、形容詞を使いこなせるようにしよう。

10数年間、中高生に英語を指導しているライターヤマトススムと一緒に解説していきます。

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

形容詞の基本

image by iStockphoto

形容詞の使い方には、大きく二通りあります。「名詞を修飾する限定用法」と「補語になる叙述用法」です。二通りの文の構造やつくり方を身につけると「形容詞」はバッチリですよ。

名詞を修飾する「限定用法」

形容詞は名詞を修飾します。小学校の国語で「かたちやようすを表すことば」として学習した通りです。その形容詞のうち、名詞を直接修飾する用法を見ていきましょう。

形容詞単独で名詞を修飾する場合は、形容詞を名詞の前におきます。「a + 形容詞 + 名詞」という形でもよく出てきますね。

 I bought a new racket.(私は新しいラケットを買った)

次は、形容詞を名詞のあとにおいて修飾する場合です。これには、複数の語で修飾する場合、「-thing」を伴う単語の場合があります。

 The child dropped a glass full of water.(その子供はミルクでいっぱいのグラスを落とした)

 They wanted something cold to drink.(彼らは何か冷たいものものをほしがった)

補語になる「叙述用法」

形容詞が補語の役割をするケースがあり、叙述用法と言われます。文型でいうと、SVCやSVOCの補語を含む文ですね。SVCでは「S=C」の関係、SVOCでは「O=C」の関係をつくります。(S:主語、V:動詞、O:目的語、C:補語)

 Our teacher is busy. SVC(私たちの先生は忙しい)

 She keeps her room clean. SVOC(彼女は部屋を綺麗にしている)

この叙述用法でしか使えない形容詞があるので要注意です。例えば、afraid, alike, alive, alone, pleased, sorry, ill, well などがあります。

数を表す「形容詞」

image by iStockphoto

形容詞の「数を表す表現」として、「数や量を表す形容詞」や「数詞」があります。とくに「数や量を表す形容詞」は間違い安いものも多いので、細かく見ていきましょう。

\次のページで「数や量を表す「形容詞」」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: