安土桃山時代室町時代戦国時代日本史歴史江戸時代

「仙石秀久」天国から地獄を味わいながらも、諦めずに復活した人生を歴女がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今回は漫画「センゴク」の主人公である、仙石秀久の登場だ。秀久と言えば、戸次川の戦いでの失態が有名だが、改易されたのちに大名復帰を果たした実力者でもある。

鈴鳴り武者、蕎麦切りなど数々のエピソードを残した仙石秀久について、戦国武将に目がないライターすのうと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/すのう

大河ドラマにはまり、特に戦国時代の武将に興味津々なライター。有名、無名を問わず気になる武将は納得いくまで調べ尽くす性格。今回の主人公は漫画センゴクの主人公権兵衛。仙石秀久の生涯を戦国武将好きライターすのうが解説していく。

仙石家の四男として誕生、豊臣秀吉の家臣に抜擢される

Sengoku Hidehisa.jpg
By 不明 – 個人所蔵品。, パブリック・ドメイン, Link

仙石秀久は、天分21年(1552年)仙石久盛の四男として、美濃国加茂郡黒岩(現在の岐阜県加茂郡坂祝町)に生まれました。天文20年(1551年)生まれの説もあり。秀久より権兵衛のイメージが強いですね。久盛は美濃の土岐氏に仕えていましたが、斎藤道三の下剋上により没落。以後は、斎藤家の家臣となりました。秀久は7歳の時、叔母の婿であった越前国の萩原国満の養子となります。しかし、兄たちが相次いで亡くなり秀久が家督を継承することになりました。主君であった斎藤龍興が織田信長と対立した稲葉山城の戦いで敗北。14歳であった秀久は、敵将である信長に「風貌が勇ましい」と気に入られ、豊臣秀吉(当時は木下藤吉郎)の与力となりました。

豊臣秀吉の出世と共に、スピード出世した仙石秀久

image by PIXTA / 12797211

織田信長は、秀久を木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)の馬廻衆として召し抱えます。元亀元年(1570年)姉川の戦いで、浅井長政家臣の山崎新平を討ちとるなど活躍。天正2年(1574年)、秀吉が近江国の長浜城主になると、秀久は近江国野洲郡(現在の滋賀県)に1000石を与えられます。正室は羽柴家の家臣であり、黄母衣衆(きぼろしゅう)であった野々村幸成の娘、本陽院。

※黄母衣衆とは、豊臣秀吉が馬廻から選抜した武者で、武者揃えの際に名誉となる黄色の母衣指物の着用を許された者。

側室は、甲斐の浪士竹村新兵衛の娘、慶宗院。秀久は10男6女の子供に恵まれます。天正5年(1576年)から始まった中国征伐にも参加し、秀吉に従事して武功を挙げました。1578年には4000石を加増されます。天正8年(1579年)、茶臼山城主(現在の兵庫県神戸市)となり、有馬温泉を統括する湯山奉行にも任命されました。天正9年(1581年)黒田官兵衛らと共に、淡路島の岩屋城、由良城を支配下に置き淡路島平定に貢献。
天正10年(1582年)、本能寺の変で信長を討った明智光秀に与した淡路島の豪族、菅 達長(かん みちなが)を討伐します。

\次のページで「四国の長曾我部元親と対立、のちに大名に出世」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: