英語の熟語

【英語】1分でわかる!「none of …」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

言い換え例:「no」「 not any of…」 を使った言い換え

一つ目と二つ目の例文では「no」を使っていますが、「no」の後ろはそのまま名詞が続いています。これを「none of …」を使うと、「None of those apples were edible.」「None of the jewelry will be yours.」のようになりますね。また、三つ目の例文のように「not any of …」を使って「どれも…ない」という意味を表すこともできます。注意点としては、「not any of …」を主語に置くことはできないという点に気をつけましょう。例えば、「None of his homework has been done.」と言う事はできても、「Not any of his homework has been done.」のようにはなりません。

No apples were edible.
どのりんごも食べられそうになかった。

No jewelry will be yours.
どの宝石もあなたのものにはならないよ。

He hasn’t done any of his homework.
彼は宿題に全く手をつけていない。

 

熟語「none of …」を使いこなそう

この記事では熟語「none of …」の使用例や、他の表現での言い換えパターンを説明しました。シンプルな熟語ですが、「none of …」を単数扱いにするか複数扱いにするかという点について混乱する方が多いと思います。しっかり使い方を覚えてナチュラルな表現ができるようにしましょう。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
1 2
Share: