物理物理学・力学理科

簡単でわかりやすい!圧力と力の違いとは?例題も理系ライターが詳しく解説

今回は、「圧力」について解説しよう。日常生活で圧力が関係していることといえば、「電車に乗っていてトンネルに入った時、耳がツーンと痛くなる」、「海やプールで深く潜ると水圧で押さえつけられて耳が痛くなる」といった現象です。直接観察できず、よくわからない力のように思えるが、決してそんなことはない。

理科の教員免許を持つブロガーR175と一緒に、身の回りの現象に絡めて分かりやすく解説しよう。

ライター/R175

理科教員を目指すブロガー。前職で、真空チャンバーや高温熱処理設備を扱っていた。その経験を活かし、理科で習う内容と実際の現象を結びつけて分かりやすく解説する。

1.圧力とは

image by iStockphoto

圧力は字の通りある面を「圧(お)す」ための「力」です。

身近な例では、「気圧」や「水圧」などがイメージされるでしょう。トンネルに入ると気圧が低く耳に違和感を感じ、プールや海で深く潜ると水圧が高くなり耳がお押されるように感じる。これらは気体や液体による圧力の影響で起こっています。

圧力は面積当たりにどのくらい力がかかっているかを表す指標で、「底面積が1m^2で重さが1Nの箱を置いたとき、地面にかかる「力」は1N、「圧力」は1Paです。」という例がよく出てきます。

しかしこの例だと、「圧力」と「力」を直感的には区別しづらい人もいるのではないでしょうか。そこでこの記事では、そんな「圧力」と「力」の違いを明確に印象付けていきたいと思います。

\次のページで「2.「圧力」と「力」の違い」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: