世界史

【三国志】勇猛な武将「張飛」その一生を中国史マニアが分かりやすく解説

よぉ、桜木健二だ。今日は、蜀の国の大将劉備を義兄と慕う「張飛」について、勉強していこう。劉備と義兄弟の契りを結んだとして有名な『桃園の誓い』から、数十万の軍勢を一喝で退けた『長阪の戦い』、そして張飛の最後の時などをわかりやすくまとめておいた。

年間100冊以上を読む読書家で、中国史マニアのライターKanaと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/Kana

年間100冊以上を読破する読書家。現在はコーチ業に就いており、わかりやすい説明が得意。中国史マニアでもあり、今回は『張飛』について、わかりやすくまとめた。

張飛について学ぶために『三国志正史』と『三国志演義』の違いを知ろう

 張飛について勉強する前に、今回の張飛についての逸話はその殆どが『三国志演義』によるものです。そこで『正史』『演義』と場面を切り替えながら勉強していきましょう。

『三国志正史』
 こちらは、三国時代終焉まもなく書かれたもの。魏の後継である晋の知識人である「陳寿」(ちんじゅ)によって書かれたものであり、殆ど歴史そのままで書かれている歴史書です。しかし、書いた当人が晋の人間であったため、やや魏よりの描写が多く感じられます。

『三国志演義』
 こちらは、三国時代終焉から随分経った後、明の時代に書かれました。主人公を「劉備」とし、各地に残る逸話をどんどん取り入れていった小説です。大げさな描写も多く見られ、三国時代の人間離れした逸話は殆どこちらから伝わったもののようですね。日本でいうと殺され晒された後も、首だけ何か月も腐らずその後飛び立ったといわれる『平将門の首塚』のような伝説的なお話も多いようですね。

 まずは張飛の字(あざな)です。

『正史』
こちらでは「益徳」(えきとく)
『演義』
しかし、演義での張飛の字は「翼徳」(よくとく)といいます。

 このように今回は、『三国志正史』『三国志演技』とわけて勉強していきましょう!

出生年は不明。登場は劉備との出会いから。

image by PIXTA / 14752239

 張飛の生まれた年は伝わっておらず、生まれた場所は『幽州涿郡』(ゆうしゅう・たくぐん)という所です。そして張飛が仕えるようになる「劉備」(りゅうび)の生まれもこちらでした。

『正史』
 彼らの出会いは、劉備による募兵(兵を集めること)でした。その当時は『黄巾の乱』が起きており、世は乱れていました。それを憂いた劉備が黄巾族討伐のために兵を集めた所に、張飛とさらには義兄弟となる「関羽」(かんう)が現れたのです。そこから二人は劉備の護衛を務めるようになります。この時に、関羽の方が年長であったため、張飛はそのまま兄と慕いました。

『演義』
 一方演義での出会いは、黄巾族討伐の義勇兵を募る、と書かれた立て看板を見ていた劉備に、張飛が声をかけたそうです。そのまま意気投合した二人は酒屋に向かい、盛り上がりました。そこにたまたま居合わせた関羽も混ざり、三人で酒を飲み交わしたのです。その後、現代まで伝わる『桃園の誓い』で義兄弟の契りを結ぶシーンへと移り変わります。美しい桃の花が咲き誇る桃園で、三人が杯を合わせながら「同年、同月、同日に生まれることを得ずとも、同年、同月、同日に死せん事を願わん」との誓いを立てました。そう、あの有名な『桃園の誓い』は『演義』のみの創作のシーンなのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

あの有名な『桃園の誓い』がフィクションであったとは驚きだな!ここからわかるように、張飛の逸話のほとんどは『三国志演義』によるものなんだな。

初めての戦いは、大反乱『黄巾の乱』の鎮圧

 張飛の名が大きく知られるようになったのは、劉備に従い『黄巾の乱』鎮圧に乗り出したことによるものです。

『正史』
 この頃の劉備、そして張飛の記録は殆ど残っていません。しかし『黄巾の乱』の手柄の恩賞、という言葉があることから、乱鎮圧に参加していたことは事実なのでしょう。

『演義』
 対して演義では、非常に大きな描かれ方をしているのです。まず劉備軍は、義勇軍を率いて『幽州()太守』(ゆうしゅうたいしゅ・州の長)の「劉焉」(りゅうえん)のもとに行きます。ここで劉焉の兵士と一緒に出陣して、手柄を立てることになりました。しかし、劉焉が太守であった記録はどこにもありません。しかもこの劉焉は、いずれ劉備と対峙する「劉璋」(りゅうしょう)の父です。読者へ向けた伏線といったところでしょうね。

『黄巾の乱』での恩賞で、安喜県の県尉に任命された劉備

image by PIXTA / 14755106

 乱の終結後、劉備が安喜県の『県尉』(けんい・警察署長のこと)に任命されました。

『正史』
 ある日、『督郵』(とくゆう・観察役人のこと)が訪れます。この督郵と劉備の間に何があったかは不明ですが、劉備の面会希望に督郵が応じませんでした。これに腹を立てた劉備は、督郵の元に殴り込みをかけ、鞭打ちにした後、県尉をやめてしまうのです。

『演技』
 督郵が訪れ、劉備の面会を断るまでは同じですが、この後の流れが違います。督郵に腹を立て、むち打ちにしたのは何と張飛、『演義』における優しい劉備のイメージを壊さないように、乱暴者として描かれていたのです。

徐州の牧となった劉備に従い、下邳の防衛を担当するも

 県尉をやめてしまった劉備は、「陶謙」(とうけん)という人物から、徐州を譲られました。そこで『牧』(ぼく・長官のこと)となり、張飛もこれに従っていました。その2年後、「袁術」(えんじゅつ)が徐州に攻めてきた際に、それを迎え撃つため出陣した劉備は、本拠地である『下邳』(かひ)の防衛を張飛に任せたのです。

『正史』
 ところが張飛は、下邳の防衛責任者だった「曹豹」(そうひょう)と対立してしまいました。そして袁術の誘いにのった「呂布」(りょふ)が攻めてきた時に、曹豹は張飛を裏切ってしまうのです。張飛は呂布に下邳を奪われ、劉備の妻や子も人質にとられてしまいました。

『演義』
 一方演義では、このいきさつを全て曹操軍の軍師「荀彧」(じゅんいく)の計略によるものとしています。また、この防衛の間、酒は絶対に飲まないという劉備との約束がありました。しかし、その約束を破り酒に酔い潰れてしまったせいで、下邳を奪われてしまいました。ここからわかるように、大酒豪という張飛のイメージは、演義によってついていったものなんです。

『下邳の戦い』で奪還に成功した後、曹操の配下となる

 本拠地である下邳を奪われてしまった劉備らは、曹操の元に身を寄せました。そして、下邳奪還のため曹操軍と共に出陣します。下邳での戦いでは、曹操軍の軍師達の目覚ましい活躍によって勝利を掴みました。その後劉備らは、曹操の配下となるのですが、この下邳の戦いで張飛は武勇によって功績を上げたそうです。張飛の武勇を見た曹操は、『中郎将』(ちゅうろうじょう・将軍に次ぐ地位)に任命しました。

 曹操の配下となり落ち着いたと思った劉備ですが、曹操とは折り合いが悪かったのか、その元を離れてしまうのです。『冀州』(きしゅう)の「袁紹」(えんしょう)や、『荊州』(けいしゅう)の「劉表」(りゅうひょう)の元に身を寄せると、張飛もそれに従いました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

張飛といえば、酒飲みで粗暴な人物、という現代まで残るイメージも『演義』によるものなんだな。そしてこの頃から、張飛の武勇も注目され始めたようだ。

208年、曹操から逃げる劉備軍の殿を務めた『長阪の戦い』

image by iStockphoto

 『荊州』の劉表の元に身を寄せていた劉備たちでしたが、208年に劉表が病死し「劉琮」(りゅうそう)がその後を継ぐと、荊州を狙っていた曹操が大軍を率いて攻め込んできました。初めは交戦の構えを見せていた劉琮でしたが、配下たちの進言もあり、曹操に降伏してしまいます。劉備は劉琮に謁見を申し出ますが、断られてしまい江南に向かって逃げ出しました。そして、曹操軍は劉備たちの追撃を開始します。

『正史』
 逃げ出した劉備一行でしたが、十数万の荊州の人々が劉備を慕い、付き従ったので、南下は一日に十里余りしか進めませんでした。とうとう長阪で追いつかれると、張飛は20騎あまりを率い、殿軍を務めます。長阪橋で、曹操軍に相対した張飛は「我こそは張飛である、命が惜しくない者はかかってこい、死ぬまで戦おう」と叫び、橋を落としてしまいました。その張飛のあまりの恐ろしさに曹操軍は誰一人として近づく者はおらず、これによって劉備が逃げ延びる事が出来たのです。

『演義』
 長阪橋で殿を務めた張飛は、何と一騎のみでした。橋を落としてしまうと、たった一喝で曹操軍を圧倒してしまうのです。その声はまるで雷のよう、と書かれた一文があるように、それはとてつもない大声だったのでしょう。

国を得るため、劉璋の治める益州に進行する

 荊州から命からがら逃げだした劉備軍内部では、やはり自らの国を持つべきだという声が上がりました。そこで劉備は、劉璋の治める『益州』に狙いを定めます。この頃の劉璋は、戦を殆ど行わず内政のみを行っていました。しかし、この乱世で何時までもそのままではいられません。劉璋軍の軍師であった「法正」(ほうせい)などと手を組む形で攻め込みはじめたのです。

ここでは『演義』でもあまり大きな脚色はされていません。
 張飛は、巴郡太守である「厳顔」(げんがん)を攻めることとなります。この時の張飛は大軍を率いていたものの、少数の兵しか持たなかった厳顔がすぐに降伏しなかったことに腹を立てました。そのまま捕らえ捕虜にしてしまうと、詰問しますが、厳顔は「お前達は無礼にも、我が州(益州)武力をもって侵略した。我が州には首をはねられる忠臣は居ても、降伏する将軍はおらぬ。すぐに首を刎ねるがいい」と言いました。厳顔の堂々とした態度に関心した張飛は自ら縄を解き、以後は賓客として扱ったのです。

 張飛は、この劉璋軍との戦いでは連戦連勝。その功績を高く評価した劉備は、張飛を『巴西・太守』に任じました。

219年、漢中王となった劉備。張飛は『右将軍・仮節』に任命される

image by PIXTA / 14755126

 益州を得た劉備は、その勢いのまま『漢中』も手に入れます。成都に都を置く事にした劉備は、漢中の守備を誰に任せるか悩みました。漢中は、魏との国境近く、戦に優れた者でなければなりません。益州奪取での功績から、周囲は当然張飛が任されるものと思い、張飛もそう考えていました。しかし、劉備は「魏延」(ぎえん)を抜擢しました。張飛は下の者へは見下した態度をとっており、部下の兵士に体罰を加えることがあったのです。劉備は、この張飛の性格を理解していたからこそ、重要地点の守備を任せることをしなかったのでしょう。

同年秋、張飛を含めた配下の勧めもあり、劉備は『漢中王』と名乗ることとなりました。同時に『蜀』の国の建国です。王の傍に仕える人間として、張飛も『右将軍・仮節』に任命されました。

呉への進行が始まる。しかしその陣中で…

 呉との関係の悪化、劉備の義弟である関羽の死、これらを切っ掛けとして呉への進行が始まりました。張飛ももちろん出陣し、1万人の兵を率いて、江州で合流することになりました。

 しかし、その陣中で恨みを抱いていた部下である「張達」(ちょうたつ)と「范彊」(はんきょう)に殺害されてしまうのです。221年6月の出来事でした。

 先述したように、張飛は身分の低い者には見下した態度をとることがあり、軍の中でも処刑や体罰が頻繁に行われていたようです。劉備はたびたび、それらの行為を改めることや、鞭打ちした兵士を近侍として仕えさせることを諫めていたようでした。そんな劉備だからこそ、張飛軍の都督から文が届けられたと聞くと、中を確認することもなく「ああ、(張)飛が死んだ」と悟ったそうです。

改めて、張飛という人物について

清代の書物に描かれた張飛
By 不明http://members.shaw.ca/jiuwan4/ZhangFei.jpg, パブリック・ドメイン, Link

 張飛という武将は『演義』の中で「身長は約184cm、豹のような髭で、声はまるで雷」と書かれていますが、『正史』では外見については何も書かれていません。また、張飛の武器として有名な『蛇矛』(だぼう)ですが、その長さは2m67cmととてつもなく長い武器です。突く事が主な攻撃方法でしたが、その特徴的な形から一度突いてしまうと抜くのが容易ではないことから、振り回して使っていたのではないかと思います。3m近くもある武器ですから、馬上ではさぞや活躍したことでしょうね。しかし、『正史』にはそういった記載は無く、三国時代の蛇矛も発掘されていません。ただ、張飛が活躍した時代から、40年後辺りの文献には記載があるようで、もしかしたら三国時代にも存在したのかもしれませんね。

 張飛の武勇を高く評価したのは、主である劉備はもちろん、その殆どは曹操軍の者です。
曹操の参謀であった程昱は「張飛の勇猛さは関羽に次ぐ」さらに「1人で1万の兵に匹敵する」
郭嘉も同様に「張飛・関羽は共に1万の兵に匹敵するとし、劉備の為に死を以て働いている」
董昭は「関羽、張飛は劉備の羽翼であり恐れるべきである」
また、孫権軍の周瑜からも「張飛と関羽を従えれば大事業も成せる」
 などと、天下に広く轟いていました。

 張飛の粗暴なイメージは、『演義』によってついたものです。実際に劉備によって行われた鞭打ちを、張飛の仕業にされたシーンもありました。しかし、後年の態度を見ていると、低い身分から出世したあまり、高慢さが出てきてしまったのかなと思います。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

張飛の武勇は、三国に広く評価されていたんだな。日本各地の中華街にある『関帝廟』に祭られている、武神といわれた関羽とも並べられるくらいだ。

分かりやすい性格、圧倒的な武勇、身近な神様

 張飛は、よく関羽と比較されるようです。日本各地の中華街では、関帝廟(というものがあり、関羽が神様として祭られています。しかし、張飛が神様として祭られているという話は、あまり聞きませんよね?

 そんな張飛ですが、しっかりと神様として祭られているのです!中国の大衆芸能である京劇からですが、関羽の面は赤、張飛の面は黒、これはどちらも人外のものを表します。そして、中国民間伝承では、関羽と共に元々は天界にいた神様が下りてきた、と伝えられているのです。

 同格の神様でありながら、関羽の凄さだけが際立つのは役割の違い、といったところでしょう。凄すぎる偉大な神様と親しみやすいやや抜けたところもある神様。こんな組み合わせは他の神話でもよく目にするパターンです。張飛が神様だったという民間伝承があったということは、伝承などもどんどん取り入れていった『三国志演義』での、張飛の人間離れした活躍にも頷けますね。

 張飛の事を学ぶ時は、その凄まじい武勇とトラブルメーカーっぷりに注目すると、楽しく学んでいけるのではないでしょうか?

Share: