英語の熟語

【英語】1分でわかる!「not always …」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「not always …」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「いつも…とは限らない」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC900点で、現役の翻訳者であるライターミッシェルを呼んだ。一緒に「not always …」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ミッシェル

ライター/ミッシェル

中・高生の受験指導を経て、現在はアメリカで翻訳者として活動中。熟語の実践的な使い方を紹介する。

熟語「not always …」の意味は?

image by iStockphoto

「not always …」は「いつも…とは限らない」という意味です。「not」が「always」を否定する部分否定の形になります。

部分否定の似た表現に「not necessarily…」(必ずしも…ない)や「not exactly…」(完全に…というわけではない)などもありますよ。その他にも「all」「every」など「全て」という意味の単語の前に「not」がつくと部分否定になりますから、覚えておきましょう。

意味「いつも…とは限らない」

「not」が「always」を否定する部分否定の形で「いつも…とは限らない」という意味を表します。

例えば「not happy」の場合、「not」が否定しているのは「happy」で「幸せではない」という意味です。ところが「not always happy」の場合、「not」は「always」を否定するので「いつも幸せとは限らない」という意味になります。

You may not always have a comfortable life.
人生において、常に快適に過ごせるとは限らない。

「Do you come here every day?」 「 No, not always.」
「毎日ここに来るの?」「いいえ、毎日ってわけではないけど」

Newer is not always better.
新しいものがいつも良いとは限らない。

「Do you go back to your hometown every summer ?」「I try to, but not always.」
「毎年夏には故郷にかえるの?」「なるべく帰ろうと思っているけど毎年ってわけじゃない」

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここで見たように、熟語「not always …」は「いつも…とは限らない」という意味だ。「not」が「always」を否定している部分否定の表現だぞ。

熟語「not always …」の言い換えや、似た表現は?

「いつも…とは限らない」という部分否定の形を別の表現で言い換えるのは難しいですが、「sometimes」や「 occasionally」を使うと似た意味を表現できます。「時々」「機会があるときに」という表現です。

次のページを読む
1 2
Share:
ミッシェル