英語の熟語

【英語】1分でわかる!「a handful of …」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「a handful of」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「一握りの…」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC865点で、フリーのビジネスコンサルタント兼ライターmatatabizを呼んだ。一緒に「a handful of」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

matatabiz

ライター/サシスセソー

フリーのビジネスコンサルタント。20年来英語圏のヘルスケアビジネス・サービスの調査に携わる。

熟語「a handful of」の意味は?

image by iStockphoto

「handful」は手のひら「hand」に、「1杯の量」の意味を持つ接尾語「ful」を組み合わせた名詞です。手のひらをスプーンに見立てると、ひとつの手のひらに「何か」を掬ったり、掴んだりして残る数や量を表すことになります。どちらにしても、あまり多くはない量や数を意味する表現です。

意味は大きく二つに分けることができます。「何か」を掴んだり、掬ったりという行為に焦点を当てた意味と、「何か」が残っている数、量に焦点を当てた意味です。

意味その1 「ひと握りの、ひと摑みの、手のひらに持てるくらいの」

ひとつの手のひらに「何か」を掬ったり、掴んだりする行為に焦点を当てた表現です。明確な基準はありませんが、数や量が少ないことを示したい時に使う表現と言えます。

That boy scooped up a handful of sand to make a mountain in a playground.
あの男の子は遊び場に山を作ろうとして、砂を手のひらいっぱいにすくい上げました。

My uncle gave me a handful of cash to buy something to eat.
叔父が何か食べ物を買うように、いくらかのお金をくれました。

I put a handful of pasta into boiling pot to make a lunch.
昼食用に沸騰している鍋にパスタを一握り投入しました。

Then you add a large handful of mixed herbs and blend them carefully.
それからミックスハーブを多めにひと摑み加えて、十分に混ぜてください。

このようにlargeを加えると、多めのひと摑みという意味に、またtwo handfuls(ふた掴み)のように数字を加えて複数形にすることも覚えてしまいましょう。
ちなみに、手で掴むのではなく、指先でつまむ表現は「a pinch of」になります。

My mother adds a pinch of salt and pepper on a steak.
母はステーキに塩をひとつまみふりかけます。

意味その2 「少ない、僅かの」

「何」かが少ないことを表したい時に使用できる表現です。この「何か」には、形のあるモノだけでなく、同じ属性の人間の集まりも入れることができますよ。

Shop staff served a handful of customers in the store by herself.
女性店員はひとりで、店内の数人のお客様に対応しました。

Eventually, a handful of shareholders came to the extraordinary general meeting of shareholders.
結局、臨時株主総会に出席した株主は、僅かでした。

My young sister is not good at cook, and she only knows a handful of recipes.
妹は料理が苦手で、作れるのは僅かに数種類です。

A handful of fans still believe that team’s championship after 15 consecutive losses.
15連敗しても、わずかばかりのファンは、依然としてチームの優勝を信じています。

次のページを読む
1 2 3
Share:
matatabiz