ドラゴン桜式勉強法特集

東大合格家庭の十か条 これを守れば東大合格!?

その3 適度に運動させること

「家事をさせること」でもそうでしたが、結局朝から晩までずっと勉強勉強勉強では合格できません。必ず勉強の効率が下がってしまいます。それよりはむしろ、勉強以外にもやることがある状態の方がいいです。

特に運動というのは、適切な休憩時間になります。身体が硬いまま、運動不足なままでは勉強の効率はガクッと下がってしまいます。ジムに行くでも、ちょっとランニングするでも、なんでもいいので軽い運動をする習慣があると合格がぐっと近付きます。

オススメはラジオ体操です。ラジオ体操というのは、実は身体を効率よくほぐせる運動なんです。眠くなったり運動不足だと感じたらラジオ体操をしてみると、かなり身体が軽くなるのでオススメです!

その4 毎日同じ時間に風呂に入らせること

毎日同じ時間に風呂に入ってもらうようにすると、自然と安定的で継続的な勉強が可能になります。風呂の時間がバラバラだと自然と睡眠の時間やタイミングもバラバラになってしまい、身体に負荷をかけてしまうことになります。

風呂の時間だけはしっかり決めておいて、受験生が身体を休ませるペースを作れるようにすることには大きな意味があるのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

生活ペースの安定が、精神的安定をもたらし、精神的安定が集中力をもたらすぞ。勉強には、心の充実が不可欠だ!

その5 体調が悪い時は無理させず、休ませること

とにかく無理をさせず、体調が悪い時にはちゃんと休ませることが重要です。エナジードリンクを飲んで寝不足になりながら勉強する……なんて受験生像はもう古いです。効率的で機能的に、無理せず安定的に勉強できるようにしないと、どこかでガタが来て結局受験に失敗してしまうことが多いです。

受験は短距離走ではなくてマラソンです。長く続くものだからこそ、とにかく無理をしないことを心掛けましょう。

その6 リビングはいつでも片付けておくこと

受験生の部屋が汚くなると要注意です。一見、勉強に打ち込んでいる感じがするので良さげですが、プリントや参考書を見つけるのに時間がかかってしまっていて、勉強以外のことで問題が起こってしまいがちです。でも、受験生の部屋を綺麗にすることを親御さんがやるのは年頃の学生にとってはを起きなストレスになりかねません。

そこで、リビングを綺麗にするのです。人のふり見て我がふり直せではありませんが、リビングが綺麗にしてあると自然と「自分の部屋も綺麗にしなきゃ」と感じます

逆にリビングが片付いていないと、気持ちもごちゃごちゃして整理できず、部屋も自然と汚くてもいいと感じてしまいがちです。きちんとリビングを綺麗にしておくことを心がけましょう。

その7 勉強に口出しをしないこと

これが一番難しくて、大切なことです。受験生の勉強には口出ししたくなるのが親心で、「もっとこうしないと、ウチの子受からないんじゃないか」「こういう風に勉強した方がいいのに」と考える気持ちがあるのは当然のことだと思います。

でも、親が勉強に口出ししてくるようになると、受験生はいよいよ「逃げ場」がなくなります。学校は受験モードで、塾も受験モードで、友達も受験生で……そんな中で家まで受験モードになったら、心の休まるところがなくなってしまいます。

家というのは、日常生活の場でなくてはならないのです。そうでないと、受験生はどうしてもその窮屈さから逃げ出したくなってしまいます。途中で投げ出して、志望校を下げて、受験そのものがガタガタになってしまう受験生の数がなんと多いことか。それは、家庭が心休まる場所ではない受験生の特徴なのです。

だからこそ、家くらいは休ませてあげること。勉強に口出しをしないこと。これが非常に重要なのです。

次のページを読む
1 2 3
Share:
西岡壱誠