ドラゴン桜式勉強法特集

東大合格家庭の十か条 これを守れば東大合格!?

東大に合格するためには、親のバックアップが不可欠だ。しかし、適切な応援をしないと、かえってプレッシャーをかけてしまったり、受験生のやる気を削いでしまったり、マイナスの影響を与えてしまうこともあるぞ。

はたして、親御さんは受験生とどんな風に接すればいいのか?今回は、親と受験生の関係性を10個のルールにまとめたドラゴン桜2式「東大合格家庭の10ヶ条」を、現役東大生にしてStudy-Z編集長の西岡と紹介していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

西岡壱誠

ライター/西岡壱誠

現役東大生、作家、Study-Z編集長。ドラゴン桜のコンテンツ監修も行っており、ドラゴン桜の受験理論を深く知る一人。

ドラゴン桜2式「東大合格家庭の10ヶ条」はこれだ!

この記事でご紹介させていただく「東大合格家庭の10ヶ条」は、ドラゴン桜2の5巻に登場するこの一コマ。マンガ内では簡単に触れられていた箇所もあったため、読者の中にはもう少し深掘りした解説がほしいかたもいらっしゃったのではないでしょうか。

今回、現役東大生である私自身がこの「東大合格家庭の10ヶ条」について補足をさせていただくこととなりました。

それでは10ヵ条を順番にみていきましょう。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

いいか、10ヵ条すべてだぞ。ひとつでも欠けると合格できない、それくらいの覚悟で臨んでくれよな。

その1 一緒にご飯を食べること

初っ端からすごく当たり前のように聞こえるかもしれませんが、一緒にご飯を食べる習慣をつけましょう。難しいかもしれませんが、家族全員が同じ時間に同じ食卓に座るのが理想です。お父さんもお母さんも、兄も弟も姉も妹もおじいちゃんもおばあちゃんも、一緒に住んでいる家族が全員同じ食卓を囲む状態を作りましょう。

同じ窯の飯を食べている時、人は自然と家族と向き合うことになります。向き合えば、会話することも、笑うことも、お互いの愚痴を聞くこともあると思います。

勉強過多になってコミュニケーションが不足しがちな受験生にとって、ご飯の時間というのはコミュニケーションをとることができる数少ない状況だと考えることができます。

コミュニケーション能力というのは入試で問題を解くときに結構役立ちます。問題というのは出題者から自分への「問題」というコミュニケーションであり、それに回答するのは返事を作るというコミュニケーションに他ならないからです。なので、できるだけコミュニケーションの時間は取って置くようにしましょう。

その2 何か1つでも家事をさせること

男の子でも女の子でも、家事を1つでいいからやってもらうようにすると、受験の成功率が高くなる……なんて言ったら、みなさんちょっとびっくりするかもしれません。

確かに、家事をすることで勉強が捗るというわけではありません。

ただ、受験生だからと言って、「特別扱い」をしないというのが重要なのです。受験シーズンだからと言って親御さんが子供を特別扱いして、勉強以外のことをやらせないようにする……という家庭は意外に多いです。しかしそれでは、親御さんからのプレッシャーで合格できるものもできなくなってしまいます。

「特別」って、響としてはいいように聞こえますが、結局子供に期待して子供に勉強を強制することに他なりません。それよりは、「ただの家族の一員」であるという至って普通の認識で子供を扱う方が、プレッシャーをかけないで済むのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

東大合格必勝法で重要なことは、日常生活を大切にするということだ。子供を思うあまり家庭を受験モード一色にすることは避けてくれ。

次のページを読む
1 2 3
Share:
西岡壱誠