日本史

戦乱の世を平定した「豊臣秀吉」を元塾講師が解説!大出世人生を5分で総まとめ

よぉ、桜木健二だ。今日は『豊臣秀吉』について勉強していこう。

豊臣秀吉は『織⽥信⻑』、『徳川家康』とならんで戦国時代、いや日本史を語るうえで絶対に外せない最重要人物だ。
豊臣秀吉がなし遂げた最⼤の出来事『天下統一』や、それを実現させる秘訣となった『人⼼掌握術』など、彼を理解するのに重要なことを優先的にまとめておいた。

元塾講師で、日本史マニアのライター四郎を招いている。一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ss

ライター/四郎

偏差値70超の私立高校から、早慶や国公立大学を現役で合格。複数の学習メディアで執筆を行う受験ライター。今回は得意分野のひとつである「歴史」から記事をまとめた。

『木下藤吉郎』としての『豊臣秀吉』

image by PIXTA / 14714693

戦乱の時代を駆け抜けて、ついに天下人になった豊臣秀吉。彼がどのようにして天下を手中に収めたのか、彼の誕生から辿っていきましょう。

足軽の子に生まれた豊臣秀吉

豊臣秀吉は天文6年(1537年)に尾張国愛知郡(現在の名古屋市中村区)で、足軽の木下弥右衛門の子として生を受けます。足軽というのは最下級の兵士のことで、多くの場合は農家の男性が戦のときに傭兵として駆り出されていました。

このときの名前は秀吉ではなく『藤吉郎』で、その名前のまま天文23年(1554年)に小者(こもの)として織田家につかえ始めます。小者というのは武家につかえる奉公人の中でも身分が一番低く、ほとんど雑用を行う役職でした。しかし秀吉は清州城の工事に関する仕事や、台所奉行を積極的に引き受け、そこで成果をあげることで存在感を放っていきます。

織田信長との絆

image by PIXTA / 14383830

主君であった『織田信長』から「猿」と呼ばれていた豊臣秀吉ですが、両者のあいだには厚い信頼関係があったことはよく知られています。これは信長が美濃国(現在の岐阜県南部)を攻略する際の要所となった墨俣(すのまた)城(じょう)を秀吉が短時間で築城したことがきっかけとなり、それいらい重用されるようになったのです。

他にも、雪の降る冬の日に屋敷に上がった信長を屋外で待っていた秀吉が信長の草履を自分の服の中で温め、その気配りに信長が感心したという逸話は有名でしょう。また部下ができてからは彼らが失敗しても、責めずに逆に優しい言葉をかけることが多かったようです。

このように秀吉は「人たらし」と呼ばれるほどに他人から気に入られる術を心得ていました。このことがのちの大出世につながったともいわれています。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

豊臣秀吉が武家ではなく、農民出身だったことはよく知られているな。そこから天下統一を果たすまでに出世したことから『野心の人』、『立身出世の人物』なんていわれているぞ。

織田信長や徳川家康と違って、由緒ある武家出身ではないことを押さえておいてくれ!

信長の死後、後継者を名乗る

日本史における最重要人物、織田信長。その死は時代を大きく動かします。そのとき秀吉は何をしたのか?彼の人心掌握術がこことばかりに発揮されるときが来ました。

その後継者の座を虎視眈々と狙う大名・武将が大勢いる中、彼はどう振る舞い、どう動いたのか……。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
ss