幕末日本史歴史江戸時代

幕末を駆け抜けた最後の侍『新選組』を元塾講師がわかりやすく解説!始まりから終わりまでを5分で総まとめ

よお、桜木健二だ。今日は『新選組』について勉強していこう。
新選組といえば『幕末』に徳川家のために戦った侍の集団として有名だな。
全てが混沌としていた時代の境目において、最後まで江戸幕府への忠義を貫いた彼らは今も多くの人気を集めている。しかし中心人物のほとんどが元々は武士ではなく、多摩の百姓だったことは知っているだろうか……?
元塾講師で、日本史マニアのライター四郎を招いている。新選組の真実に迫っていこう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/四郎

偏差値70超の私立高校から、早慶や国公立大学を現役で合格。複数の学習メディアで執筆を行う受験ライター。今回は得意分野のひとつである「歴史」から記事をまとめた。

『新選組』が結成されるまで

image by PIXTA / 13062216

日本史のターニングポイントの1つ『幕末』。そこに新選組はどのようにして現れたのでしょうか。

尊王攘夷運動の高まりと江戸幕府の弱体化

1853年のペリー来航以来、徳川家ではなく天皇を中心とした新しい国づくりを掲げる『尊王攘夷派』たちによって江戸幕府を倒そうとする『倒幕運動』が盛んとなります。そしてその倒幕運動の中心勢力が薩摩藩(鹿児島)や長州藩(山口県)の『志士』たちでした。
彼らが集まったのは江戸ではなく、実際に天皇家が住まう京都。そこで倒幕運動の体制を整えていました。列強各国の脅威を受けて江戸幕府の権威が弱まる文久2年(1862年)、14代将軍徳川家茂は天皇家に攘夷を約束するために、229年ぶりに上洛(京都に行くこと)を行うことにします。

浪士組結成 京都へ

この時代、京都の治安を維持していたのは主に京都所司代と京都町奉行という2つの組織でした。しかしそれだけでは将軍の上洛には心許ないということから、身分に関わらず腕に覚えのある者に募集がかかります。それが『浪士組』。後に新選組の中心人物となる『近藤勇』や『土方歳三』などが参加しました。
近藤や土方それに『沖田総司』は多摩の百姓出身で、『試衛館』という道場の仲間たちでした。彼らのような農民という身分の者が、将軍警護のために公式に雇われるといういわば「実力主義」は当時として異例のことだったのです。これは幕府の影響力が弱まり、人材が不足していたことの表れでもあります。
そのようにして集まった総勢およそ200人の浪士組は陸路で京都を目指しました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

後に新選組となる『浪士組』が京都に呼ばれた理由はしっかりと押さえよう。当時の政治の中心は江戸から京都に移り変わろうとしていた。倒幕を計画していた維新志士たちが多くそこに集まっていたんだ!

京都へと移った浪士組

image by PIXTA / 46423297

多摩の「田舎」から時代の中心地である京都へと移った近藤たち。新選組はその地で結成を迎えます。

浪士組の解散 そして壬生浪士組の誕生

京都に到着してから、浪士組の発起人である清河八郎が実は倒幕を掲げる『勤王派』であることが判明しました。それをきっかけに組織は分裂しますが、近藤勇たちはあくまで京都に残り、将軍警護の使命を果たそうとします。
そして『壬生浪士組』を名乗った彼らは、京都守護職に就く会津藩主の『松平容保』から正式に市中警護と不逞浪士の取り締まりを命じられました。

活躍が認められて『新選組』に

荒くれ者の集まりという一面も持っていた壬生浪士組は、いくつかのトラブルを起こしながらも、徐々に京都市内でその存在感を大きくしていきます。そして文久3年(1863年)に薩摩藩が長州藩を京都から追放するという『八月十八日の政変』が起こり、そこで近藤勇たちはたしかな活躍をしました。その働きを評価されて『新選組』の名前を拝命するのです。

\次のページで「誰もが恐れる戦闘集団『新選組』」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: