物理

【物理】「並列回路」と「電流・電圧・抵抗」について理系大学院生が解説!5分でわかる電気の基礎

よぉ、桜木建二だ。今回は、電気の並列回路について電流・電圧・抵抗から解説していくぞ。
並列回路は、抵抗が枝分かれすることで電流が分岐していく回路だ。少し複雑だが、並列回路を理解できれば電気回路は全く難しくない。

高校、大学、大学院と電気を専攻してきたライターさとるめしと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

suppon278

ライター/さとるめし

工業高校電気科卒、大学、大学院と電気工学を専攻している現役大学院生。「電気はよくわからない…」と言う友人や知人に、どうすればわかりやすく電気について理解してもらえるか、日々考えながら過ごしている。

1. 並列回路とは?

image by iStockphoto

並列回路は、電気回路の中でも抵抗が何段にも分かれて接続される回路です。でも、言葉だけじゃわかりにいくいですね。いきなりですが、回路図を見ていきましょう。

image by Study-Z編集部

この図では、抵抗が上下に2つ並んでいますね。このように、縦に抵抗が並ぶ回路を並列回路といいます。この時の電流や電圧の働きが少し特徴的なので、電圧・電流・抵抗についてそれぞれみていきましょう。

2. 並列回路での電圧と電流と抵抗

2-1. 電流について

並列回路の電流は途中で枝分かれしています。これが並列回路の特徴であり、少し難しいところなんです。

抵抗があるということは、オームの法則よりそれぞれの抵抗に電流が流れていきますね。しかし、R1にもR2にも全く同じ電流が流れるのでしょうか?実は、それぞれの抵抗に流れる電流の大きさは、抵抗の大きさによって決まります。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

オームの法則から、抵抗があるところには電流が流れていくから枝分かれするんだな。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
suppon278