英語の勉強法

英語の「時制」を現役塾講師が解説!「点と線」に分けて考えることでマスターしよう!

よぉ、桜木健二だ。英語を学ぶ場合には、「時制」を把握しておくことが重要になるぞ。英文は必ず「主語+動詞」から始まるが、この「動詞」部分の形は「時制」によって決まるからだ。この「時制」には数種類あるが、瞬間を表す「点」のイメージと期間を表す「線」のイメージで分けて考えると頭を整理しやすくなる。
10数年間、中高生に英語を指導しているライターヤマトススムと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「点」でとらえる時制

image by iStockphoto

まずは、ある瞬間を指す「点」のイメージの時制を考えてみましょう。具体的には、「現在」「過去」「未来」とありますが、いずれもその瞬間のことを表します。

点でとらえる「現在」

「点」でとらえる時制のうち、まずは「現在」です。現在の動作や状況のみについて表現し、be動詞なら「am, is, are」、一般動詞なら「現在形」を使います。「She is my English teacher.(彼女は私の英語の先生だ)」という感じですね。

紛らわしい例に、「I play tennis on Sunday. (私は毎週日曜にテニスをする)」があります。今週も来週もテニスをするなら期間であるようにも思えますが、今その習慣があると考えて「現在」になりますよ。

もうひとつの例は、「My father is runnning in the park now. (私の父は今公園を走っているところだ)」です。今走っている最中なら数分前から走っているかもしれないので期間とも思えますが、過去や未来は関係なく現在どうかだけを言及しているので、やはり「現在」となります。

点でとらえる「過去」

点でとらえる時制の二つめは「過去」です。過去のある時点でどうであったか、動作や状態などを表します。be動詞なら「was, were」、一般動詞なら「過去形」を使いますよ。

例えば、「I studied English yesterday.(私は昨日英語を勉強した)」ですね。

なお、日本語では「その時」と訳す「then」「at that time」は、「過去」時制で使われる表現です。これらの単語ができたら自動的に「過去」と考えましょう。

点でとらえる「未来」

点でとらえる時制の最後は「未来」です。「will」や「be going to」などを使って表現し、未来のある時点でどうかを表します。予定や予測のほか、意志による未来のことにも使えますよ。

例えば、「She will go abroad in the future.(彼女は将来留学するつもりだ)」などですね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

これまで、点でとらえる時制として「現在」「過去」「未来」を見てきた。いずれも、それぞれのある瞬間を表しており、例えば「現在」なら「過去」や「未来」がどうなのかは関係ない表現になるぞ。

次のページを読む
1 2 3
Share:
yamato810