平安時代日本史歴史

個性豊かな男性がたくさん!「清少納言」が伝える平安貴族男子のリアルな実態を元大学教員が解説

よぉ、桜木建二だ。平安時代の貴族たちは実際どんな人たちだったのか、いまいち想像しにくいよな。貴族というと高尚なイメージが強くて、人間性がよく見えてこないからだろう。「清少納言」は社交的な性格だったようで男友達もたくさん。生き生きとした平安貴族男子のリアルな実態を書き残している。

それじゃ、日本史に詳しいライターひこすけと一緒に「清少納言」が伝える平安貴族男子のエピソードを解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

hikosuke

ライター/ひこすけ

文化系の授業を担当していた元大学教員。「枕草子」が好きなことから平安時代にも興味を持ち、いろいろ調べるように。作者の清少納言は、平安時代の男性貴族の話題を生き生きと描写。そこで、平安時代の歴史的背景とあわせて清少納言が記した平安貴族男子エピソードの記事をまとめた。

「枕草子」の登場人物は時期と共に変化する

image by PIXTA / 47044238

清少納言は「枕草子」のなかで、その時々に興味を持った男性貴族のことを書き記しています。彼女が出会う平安貴族は、仕えていた中宮定子の境遇に応じて変化しました。

前半の主人公たちは華やかで教養あふれる上流貴族たち

中宮定子が貴族社会の中心にいたとき、周囲にいる男性は上流貴族。登場する男性貴族の多くは、漢学や和歌の教養に優れていました。和歌の返し方や立ち振る舞いを、清少納言が賞賛する場面がたびたび見られます。

清少納言は、優れた貴族との交流を書き記すことで、中宮定子のステータスを高めることに貢献。社会的な評価が高い男性貴族との交流を発信することで、中宮定子の宮中における位置がよりよい印象となりました。

後半になると中下流貴族のささやかな日常にフォーカスをあてる

しかし、中宮定子が後ろ盾を失って宮中の中心から離れると、賞賛される登場人物は一気に激減します。漢学・和歌の教養がない中流・下流の貴族にシフト。教養のなさをおもしろおかしく記述するようになります。

そのため「枕草子」の後半は、平安貴族のユニークなやりとりや、教養はないがどこか憎めない男性がたびたび登場。みんなで笑いあう場面を入れることで、失脚後の中宮定子の姿を明るいものにしようとしました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

清少納言が「枕草子」を書いた目的はただひとつ。中宮定子のすばらしさを貴族社会に発信することだ。上流貴族も下流貴族も書かれ方はずいぶんと違う。しかし、中宮定子を輝かせる重要な脇役という位置づけは同じと言える。

無骨だけど人はいい!橘則光

image by PIXTA / 47946566

清少納言の旦那さんとして知られる貴族が橘則光。中流貴族にあたる人物です。東北エリアを統括する陸奥守などの地方官を歴任していました。

清少納言と結婚するものの離婚

清少納言の夫として有名な則光ですが、残念ながら離婚するに至ります。則光の人物像を伝えるのが「今昔物語集」。それによると、3人の盗賊に襲われときに逆に取り押さえた、いわゆる体育会系の男性でした。

和歌を詠むなど教養を愛する清少納言。しかし橘則光は、和歌に対して上手く返答するなどの気転はなし。趣向の違いから徐々に溝が深まり、離婚することになったと言われています。

離婚後も清少納言と良好な関係を継続

とはいえ、清少納言と橘則光は離婚後も良好な関係を維持しました。宮中のなかで顔を合わせる機会が多かった2人。兄(せうと)、妹(いもうと)と互いを呼びあう仲で、宮中でも公認だったようです。

しかしながら、則光の上司にあたる藤原斉信が清少納言を藤原道長の派閥に入れようとしたことで、2人の関係は微妙に。仲たがいをしたわけではないのですが自然消滅となってしまいました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

橘則光は、宮中で活躍する清少納言をとても誇らしく思っていた。清少納言も「枕草子」のなかで、自分のことを周囲に褒めてまわる則光の様子をうれしそうに記している。夫婦というより自慢の兄妹という感じだったんだろうな。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
hikosuke