この記事では英語の熟語「by oneself」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「ひとりで」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元学習塾講師で難関高校対策を専門にするライターwhite_sugarを呼んです。一緒に「by oneself」の意味や例文を見ていきます。

ライター/white_sugar

元学習塾講師。難関国私立高校受験対策英語専門に指導。指導実績は開成高校を筆頭に国立大付属高校、早慶等多数。

熟語「by oneself」の意味は?

image by iStockphoto

「onesefl」とは「自分自身」という意味の再帰代名詞です。主語や目的語などですでに文に登場した単語をもう一度使いたい時に使用します。この熟語での「by」は手段を表し、「自分自身によって」というのが大元の意味です。

意味「ひとりで、自分の力で、独力で」

「ひとりで」と訳せれば問題ありませんが、「誰の手助けもなしに」というニュアンスが含まれています。例文2のように、「all」をつけると強調できますよ。

1.She brought up her children by herself.
彼女はひとりで子どもたちを育て上げた。

2.Long time no see. With whom do you come here? ―All by myself.
ひさしぶりね。誰と一緒に来たのかしら?―私ひとりだけよ。

3.You must finish your homework by yourselves.
君たち、宿題は自分の力だけで終えなければいけないよ。

熟語「by oneself」の言い換えや、似た表現は?

「by oneself」の言い換えもバリエーションがいくつかあります。少しニュアンスが異なるものもありますので、代表的なものをいくつか紹介しますね。

言い換え例1:「for oneself」

似た単語を使うため、真っ先に挙がるのが「for oneself」です。注意しなくてはいけない点として、「ひとりで」のほかに「自分のために」という意味があります。例文1だとどちらの意味なのか、少しわかりにくいですよね。

例文2と3を比較すると、同じ文でも、文脈次第でどちらの意味になるのか判断しやすいのがわかるでしょう。

\次のページで「言い換え例2:「alone」」を解説!/

1.Christine made a wonderful dress for herself.
クリスティーンは素敵なドレスを自分で作った。/クリスティーンは素敵なドレスを自分のために作った。

2.What a wonderflu dress! Who helped you?―I made it for myself.
素敵なドレスね!誰が手伝ってくれたの?―自分で作ったのよ。

3.What a wonderful dress! Is it for your sister?―No. I made it for myself.
素敵なドレスね!妹さん用かしら?―いいえ。自分のために作ったのよ。

言い換え例2:「alone」

「alone」も「ひとりで」という意味です。「alone」単体では「寂しい」というニュアンスはありませんが、文脈次第では寂しさをにおわせることもあります。「by oneself」にはこの使い方はありません

例文1の場合は言い換え可能ですが、例文2の場合は言い換えできません。

 

1.I read a book alone in the library.
私は図書館でひとりで本を読んだ。

2.I have to eat dinner alone  because my parents won't come back at work this evening. I want them to return soon.
今晩は両親が仕事で帰って来ないから、私一人で夕飯にしなくちゃいけないの。早く帰ってきてほしいな。

言い換え例3:「on one's own」

「on one's own」も「ひとりで」という意味ですが、「困難なことにひとりで取り組み、達成した」というニュアンス

例文1であれば細かいニュアンスの差はありますが「by himself」としても問題ありません。

小さな子どもが「ひとりで」スパゲッティを食べるのは大変です。ですから例文2のような書き方もできますが、大人が一人でスパゲッティを食べるのは特に困難を伴うわけではありません。こういう場合は「alone」が適切です。

例文3のように、強調する場合には「all」を使います。

1.Finally Jack created this fantastic program on his own.
ジャックはこの素晴らしいプログラムをついにひとりで作り上げたんだ。

2.Look! That little girl eats spaghetti on her own. Nice try!
見て!ちっちゃな女の子がスパゲッティをひとりで食べているわ!頑張っているのね。

3.He succeeded in climbing Mt. Everest all on his own.
彼はエベレストの登頂にたった一人で成功した。

\次のページで「熟語「by oneself」を使いこなそう」を解説!/

熟語「by oneself」を使いこなそう

この記事では熟語「by oneself」の使用例や、他の表現での言い換えパターンを説明しました。言い換えパターンには細かいニュアンスの差がありますので、しっかり押さえて会話に活用してください。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
" /> 【英語】1分でわかる!「by oneself」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語 – Study-Z
英語の熟語

【英語】1分でわかる!「by oneself」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「by oneself」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「ひとりで」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元学習塾講師で難関高校対策を専門にするライターwhite_sugarを呼んです。一緒に「by oneself」の意味や例文を見ていきます。

ライター/white_sugar

元学習塾講師。難関国私立高校受験対策英語専門に指導。指導実績は開成高校を筆頭に国立大付属高校、早慶等多数。

熟語「by oneself」の意味は?

image by iStockphoto

「onesefl」とは「自分自身」という意味の再帰代名詞です。主語や目的語などですでに文に登場した単語をもう一度使いたい時に使用します。この熟語での「by」は手段を表し、「自分自身によって」というのが大元の意味です。

意味「ひとりで、自分の力で、独力で」

「ひとりで」と訳せれば問題ありませんが、「誰の手助けもなしに」というニュアンスが含まれています。例文2のように、「all」をつけると強調できますよ。

1.She brought up her children by herself.
彼女はひとりで子どもたちを育て上げた。

2.Long time no see. With whom do you come here? ―All by myself.
ひさしぶりね。誰と一緒に来たのかしら?―私ひとりだけよ。

3.You must finish your homework by yourselves.
君たち、宿題は自分の力だけで終えなければいけないよ。

熟語「by oneself」の言い換えや、似た表現は?

「by oneself」の言い換えもバリエーションがいくつかあります。少しニュアンスが異なるものもありますので、代表的なものをいくつか紹介しますね。

言い換え例1:「for oneself」

似た単語を使うため、真っ先に挙がるのが「for oneself」です。注意しなくてはいけない点として、「ひとりで」のほかに「自分のために」という意味があります。例文1だとどちらの意味なのか、少しわかりにくいですよね。

例文2と3を比較すると、同じ文でも、文脈次第でどちらの意味になるのか判断しやすいのがわかるでしょう。

\次のページで「言い換え例2:「alone」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: