この記事では英語の熟語「take part in ...」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「…に参加する」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元学習塾講師で難関高校対策を専門にするライターwhite_sugarを呼んです。一緒に「take part in ...」の意味や例文を見ていきます。

ライター/white_sugar

元学習塾講師。難関国私立高校受験対策英語専門に指導。指導実績は開成高校を筆頭に国立大付属高校、早慶等多数。

熟語「take part in ...」の意味は?

image by iStockphoto

「take part in ...」は手始めに「…に参加する」と覚えることが多いですね。partとは、「部分」という意味のほかに「役割、分担」という意味もありますので、この熟語には「...において役割を担う」=「関与する、携わる」という意味も派生します。

意味その1 「参加する、出席する」

一番簡単な「参加する、出席する」ですが、積極的な関りを持つイメージが強いです。ですので、その場にただいるだけ、という場合にはあまりふさわしくありません。

例文1、2とも、主語になっている人物が積極的に話に参加したイメージを持ちます。会議に出席していて、特に話し合いにも参加しないような場合ですと、attendを使うとよいでしょう。

例文3だとメアリーはコーラス隊に入って歌っている情景が頭に浮かびますが、例文4だと観客席にいるような印象です。

1.George often takes part in a director's meeting. He sometimes gives good ideas.
ジョージはちょくちょく重役会議に出席している。時々良案を提出しているよ。

2.The discussion which I took part in was so ecxiting.
僕が参加した討論は白熱した。

3.Mary took part in the summer chorus.
メアリーはサマーコーラスに参加した。

4.Mary attended  the summer chorus
メアリーはサマーコーラスに出席した。

意味その2 「関わる、加担する」

より積極的な関りを持つ場合には「関わる、加担する」という訳を当てると、ニュアンスが伝わりやすくなります。

同じ「犯罪に関わる」でも、例文2では積極的に悪事に手を染めるイメージ、例文3では犯罪の被害者として巻き込まれるイメージなのがわかるでしょう。

1.Anna and Alice took part in this fantastic project.
メアリーとアリスはこの素晴らしい企画に関わったんだ。

2.I don't want you to take any part in crime.
私は君に、どんな犯罪にも手を染めてほしくないんだ。 

3.I don't want you to get involved in crime.
私は君が犯罪に巻き込まれてほしくないんだ。

\次のページで「熟語「take part in ...」の言い換えや、似た表現は?」を解説!/

熟語「take part in ...」の言い換えや、似た表現は?

もちろん同じ意味で使える言い換え表現もありますので、紹介します。

言い換え例:「participate in」を使った言い換え

「participate in」を使うと、言い換えることができます。動詞の後にinを伴う点も「take part in ...」と同じですので覚えやすいです。受験英語では書き換え必須ですね。

1.My family participate in cleaning activity.
私の家族は清掃活動に参加します。

2.My brother perticipated in the swimming competition and got a gold medal.
お兄ちゃんは水泳大会に参加して、金メダルを取ってきました。

言い換え例:「join」を使った言い換え

「join」を使う場合は少し注意が必要です。例文1のように人を目的語に取るケースは「take part in ...」にはありません。そして、この場合は人と人とが一緒にいることにスポットがあてられます。

例文2の場合は、inを伴い、その後には人の集団を配置するのがルール。その集団に所属するというニュアンスです。これも活動そのものに参加するというよりは、人と一緒にいることにやや重きが置かれます。

例文3の場合は、パーティーにいてぼーっとしているだけでも、心から楽しむ場合にも使えますよ。この場合には「take part in ...」と言い換えてしまっても問題ありません

1.Hey, let's join us!
さあ、おいでよ!

2.Wii you join in our volunteer club?
うちのボランティア部に参加しない?

3.Will you join our party?
パーティーに来られるかしら?

\次のページで「熟語「take part in ...」を使いこなそう」を解説!/

熟語「take part in ...」を使いこなそう

この記事では熟語「take part in ...」の使用例や、他の表現での言い換えパターンを説明しました。言い換えができそうでニュアンスが違ったりとやや面倒ですが、使いこなせるととてもスマート。トライ&エラーで頑張ってみてくださいね。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
" /> 【英語】1分でわかる!「take part in …」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語 – Study-Z
英語の熟語

【英語】1分でわかる!「take part in …」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「take part in …」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「…に参加する」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元学習塾講師で難関高校対策を専門にするライターwhite_sugarを呼んです。一緒に「take part in …」の意味や例文を見ていきます。

ライター/white_sugar

元学習塾講師。難関国私立高校受験対策英語専門に指導。指導実績は開成高校を筆頭に国立大付属高校、早慶等多数。

熟語「take part in …」の意味は?

image by iStockphoto

「take part in …」は手始めに「…に参加する」と覚えることが多いですね。partとは、「部分」という意味のほかに「役割、分担」という意味もありますので、この熟語には「…において役割を担う」=「関与する、携わる」という意味も派生します。

意味その1 「参加する、出席する」

一番簡単な「参加する、出席する」ですが、積極的な関りを持つイメージが強いです。ですので、その場にただいるだけ、という場合にはあまりふさわしくありません。

例文1、2とも、主語になっている人物が積極的に話に参加したイメージを持ちます。会議に出席していて、特に話し合いにも参加しないような場合ですと、attendを使うとよいでしょう。

例文3だとメアリーはコーラス隊に入って歌っている情景が頭に浮かびますが、例文4だと観客席にいるような印象です。

1.George often takes part in a director’s meeting. He sometimes gives good ideas.
ジョージはちょくちょく重役会議に出席している。時々良案を提出しているよ。

2.The discussion which I took part in was so ecxiting.
僕が参加した討論は白熱した。

3.Mary took part in the summer chorus.
メアリーはサマーコーラスに参加した。

4.Mary attended  the summer chorus
メアリーはサマーコーラスに出席した。

意味その2 「関わる、加担する」

より積極的な関りを持つ場合には「関わる、加担する」という訳を当てると、ニュアンスが伝わりやすくなります。

同じ「犯罪に関わる」でも、例文2では積極的に悪事に手を染めるイメージ、例文3では犯罪の被害者として巻き込まれるイメージなのがわかるでしょう。

1.Anna and Alice took part in this fantastic project.
メアリーとアリスはこの素晴らしい企画に関わったんだ。

2.I don’t want you to take any part in crime.
私は君に、どんな犯罪にも手を染めてほしくないんだ。 

3.I don’t want you to get involved in crime.
私は君が犯罪に巻き込まれてほしくないんだ。

\次のページで「熟語「take part in …」の言い換えや、似た表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: