英語の熟語

【英語】1分でわかる!「allow … to ○○」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

言い換え例:permitを使った言い換え

「permit」を使うと、言い換えることができます。語順も「permit …to ○○」なので、全く同じです。しかし、allowよりやや格式張った言い方で、例文1のように国や行政が主語になる場合に最もふさわしいでしょう。

しかし、例文2のように身内が主語になるケースもあります。この場合は、「厳しくて普通なら到底許可が得られない」という普段の状況が透けて見える表現です。

1.This country permits people who are over 18 to get driver’s license.
この国では18歳以上の人が運転免許を持てる。

2.Yeah! My father permitted me to go to the concert!
やったね!お父さんがコンサートに行くのを許してくれたの!

言い換え例:letを使った言い換え

反対に、letを使うとカジュアルな印象になります。letの場合は使役動詞なので「let 目的語 動詞の原形」になるので注意。例文2のように無生物主語にも対応します。

注意するのは受動態です。letは目的語があるにもかかわらず、受動態を作れない動詞なので、ペーパーテストで出題された場合にはallowかpermitで書き換えましょう。

1.Mom let us to go swimming for ourselves.
ママが、私たちだけで泳ぎに行ってOKだって言ってたよ。

2.The Internet let us know much more things rapidly.
=We can know much more things rapidly by using the Internet.
=We can know much more things rapidly if we use the Internet.
インターネットのおかげで、より多くのことを早く知ることができる。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

permitやletとの言い換えは定番中の定番だな。条件を表す接続詞を使っても同じように表現できるので、練習のし甲斐がある。

熟語「allow … to ○○」を使いこなそう

この記事では熟語「allow … to ○○」の使用例や、他の表現での言い換えパターンを説明しました。慣れてしまえば難しくないですし、ネイティブの人たちはよく使いますので、マスターしておいて損はありません。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
1 2 3
Share:
hitosaji