英語の熟語

【英語】1分でわかる!「not …, either.」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「not …, either.」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「~も…ではない」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元学習塾講師で難関高校対策を専門にするライターwhite_sugarを呼んです。一緒に「not …, either.」の意味や例文を見ていきます。

ライター/white_sugar

元学習塾講師。難関国私立高校受験対策英語専門に指導。指導実績は開成高校を筆頭に国立大付属高校、早慶等多数。

熟語「not …, either.」の意味は?

image by iStockphoto

「not …, either.」は、「~も、(同様に)…ではない」という意味です。「~も」というと、「too」が頭に浮かびますが、「too」が肯定文に使用するのに対し、「either」は否定文で使用するのが大きく違いますね。例文2ではdon’tの後に目的語がありませんが、文脈上carrotsなのは明らかなので省略をしています。

「either」を代名詞として使用する場合もあるので要注意。この場合は「(2つのもののうちの)どちらとも」という意味ですが、否定語とセットになることでどちらも~ない」という意味になりますよ。この場合は例文3のようになります。

1.Mr. Brown is not a teacher. His wife is not a teacher, either.
ブラウン氏は教師ではありません。彼の奥さまも、教師ではありません。

2.I don’t like carrots. How about you?―I don’t, either.
私はニンジンが好きではありません。あなたはどうですか?―私もです。

3.He didn’t choose either.
彼はどちらも選ばなかった。

熟語「not …, either.」の言い換えや、似た表現は?

「~も、…ではない」のパターンの言い換えを少し紹介します。

言い換え例1:neitherを使った表現

まずは、会話でポンポン出てくる「me, too」の否定を紹介します。「me, neither」という表現です。ネイティブの中には「me, either」という言い方をする人もいますが、正式な言い方ではありません。聞いて理解できるけれど、自分では言わないのがベストスタンスでしょう。

\次のページで「言い換え例2:「Neither/Nor 助動詞 主語」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: