日本史

義理か縁かで悩んだ末滅んだ「浅井長政」の生涯を歴女がわかりやすく解説

よぉ、桜木健二だ、今回は、北近江浅井家三代目でお市の方の夫でもある浅井長政を取り上げるぞ。信長と同盟したが、朝倉との同盟を重視して結局は信長に滅ぼされてしまったが、前途有望な有能な戦国大名だったのは間違いない人だ。

このへんに興味を持ってよく調べてみた歴女のあんじぇりかと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

angelica

ライター/あんじぇりか

子供の頃から歴史の本や伝記ばかり読みあさり、なかでも女性史と外国人から見た日本にことのほか興味を持っているあんじぇりか。お市の方にスポットライトが当たり過ぎて影が薄くなくもない浅井長政が、なぜ義兄の信長を裏切ったのか気になって調べまくった結果を5分でわかるようまとめた。

1-1、長政は浅井家の3代目

Azai-Nagamasa-cropped.jpg
By 不明File:Azai nagamasa.jpg 高野山持明院蔵, パブリック・ドメイン, Link

浅井長政(あざいながまさ)は、天文14年(1545年)に浅井久政の嫡男として、六角氏の居城である南近江の観音寺城下(現在の滋賀県近江八幡市安土町)で誕生。幼名は猿夜叉丸(さるやしゃまる)。母は小野殿で、長政は小野殿が六角氏の人質になっているときに生まれたということです。兄弟は弟が4人、姉が京極氏へ嫁ぎ、後にキリシタンになった京極マリアなど女兄弟が3人。子供時代の話は伝わっていません。

1-2、長政祖父が興したが、父は弱腰で領土も縮小

浅井氏は長政の祖父亮政のときに勃興した家で、直接の主筋で北近江の守護大名の京極氏を追い落としたのでした。しかし亮政の息子久政がいまいちの人物で、せっかく亮政の時代に手に入れた領地も南近江の守護であった六角氏との合戦に敗れてしまい失ったうえ六角氏に臣従していたのです。
なので長政は、生母の小野殿と共に六角氏の人質として六角氏の城下で子供時代を過ごしたんですね。父久政は六角氏との外交関係のおかげでようやく北近江を維持しているという状態で、亮政の時代をよく知る家臣たちの中には、不甲斐ない久政の弱腰に反発する者も多くいたようです

1-3、長政は元服後、初陣で頭角をあらわす

長政は15歳で元服、六角義賢の一字をもらい賢政という名乗りに、そして六角氏の家臣の平井定武の娘と結婚。
永禄3年(1560年)8月中旬、長政(通称は新九郎)は六角軍を相手に、わずか15歳で軍を率い野良田の戦いで見事な戦い振り。この働きを見て、浅井家の重臣の赤尾清綱、海北綱親、遠藤直経らは、頼りない久政に代わってはやく長政を後継ぎに、と思ったということです。

1-4、浅井家の重臣によるクーデターで長政が3代目に

image by PIXTA / 46819325

久政の六角氏に対する服従状態に不満を持っていた重臣たちは、長政を擁してクーデターを起こし、まだ34歳の久政を強制的に琵琶湖の竹生島に追放して隠居を強要。長政はこういうかたちで15歳で家督を相続。長政は重臣たちの言うとおりに、六角氏から離反する意思のあらわれとして、せっかく嫁にもらった平井定武の娘を六角氏に返したうえに、「賢政」の名も捨てて新九郎に戻したのでした。

1-5、長政の代になり、浅井家勢い取り戻す

野良田の戦いの勝利後、長政は朝倉氏ともあまり関わらないようにし、また六角氏のほうでも、筆頭家臣が暗殺される騒動が起きて、六角氏を離れて浅井家に仕官する輩が続出。また、永禄6年(1563年)長政の美濃遠征中、留守を狙った六角氏が攻めて来たのですが、長政は軍を反転させて六角軍を撃破し、殿(しんがり)の赤尾清綱は、わずか500の兵で見事な働きを見せたなどの出来事で浅井氏は領地を拡大、その後は六角氏との停戦協議が成立し、膠着状態継続中でした。

2、長政、織田信長と同盟を結ぶことに

この頃、天下統一を狙っていた尾張の織田信長は美濃攻略中で、美濃の斎藤氏との膠着状態を打破するためもあり、長政に同盟を提案してきました。同盟の条件は浅井側に有利だったのですが、浅井家重臣たちの中では賛否両論が。最大の問題は、浅井家の盟友の朝倉義景と信長が不仲で敵対しているということだったんですね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
angelica