英語の熟語

【英語】1分でわかる!「encourage … to ○○」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「encourage… to 〇〇」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「…に〇〇するように励ます」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC645点で、現役の英語講師であるライターLilygirlを呼んだ。一緒に「encourage… to 〇〇」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/Lillygirl

英会話が大好きな現役英語講師。中学時代に苦手だった英語を克服し、いまでは、英語なしの生活はありえない。わかりやすくをモットーに解説を。

熟語「encourage…to〇〇」の意味は?

image by iStockphoto

encourage という単語は「はげます」「勇気づける」という意味。
この表現は、誰かが身近な人を励ますことでよく使われます。
早速みてみましょう。

「…に〇〇するように励ます」という表現を使いこなそう

あなたは身近な人や友人に励ましの言葉をかけた経験はありませんか?
または、誰かに特定の人を励ましてほしいと頼むとき、この表現を使ってお願いできます。
「…」に励ましたい人「〇〇」にどのように励ますかを入れて作ってみましょう。

I encouraged her to make action.
私は彼女に行動を起こすように励ました。

Please encourage him to step up a gear!
彼に一段と力を入れるようにと励ましてくれ!

Her grandmother always encouraged her to go abroad.
彼女の祖母はいつも彼女に外国に行くようにと励ましていた。

受け身文を使って、「励まされた!」と言ってみよう

親友の一言に、非常に勇気づけられて今がある!という経験をした方も多いのではないでしょうか?
親や子供のあの一言に背中を押されたんだ!ということを受け身文を使って表現してみましょう。

受け身文は「be動詞+過去分詞」というルールがあります。
I was encouraged by 人to 〜するように」という風に表現してみましょう。

I was encouraged by mother to move ahead.
私は母から前進するようにと励まされた。

She was encouraged by her son to start something new.
彼女は息子から何か新しいことを始めるように勇気づけられた。

Grand daughter was encouraged by greand father to become an artist.
孫は祖父から絵描きになるようにと励まされた。

\次のページで「熟語「encourage…to〇〇」の言い換えや、似た表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: