英語の熟語

【英語】1分でわかる!「be at a loss」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「be at a loss」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「途方に暮れている」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に英語を指導しているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「be at a loss」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

熟語「be at a loss」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「be at a loss」には「途方に暮れている」や「まよう」という意味があります。この二つの意味は似ているので、どんな場面で使えばよいのか一緒に見ていきましょう。

意味その1 「途方に暮れている」

熟語「be at a loss」の意味は「途方に暮れている」です。「loss」は名詞で「喪失」という意味なので、「be at a loss」で「喪失した状態」となり、対処法や対策が頭に浮かばない、または、お金がなくなり打つ手がない状態を表します。

The poor boy is at a loss what to do.
その貧しい少年は何をしたらよいのか途方に暮れている。

He is at a loss for solution of the problem.
彼は問題の解決に途方に暮れている。

I am at a loss in front of the pileup of bills.
私は請求書の山を前に途方に暮れている。

意味その2 「まよう」

もう一つの意味は「まよう」です。基本的には「途方に暮れている」と同じ意味で明確に区別できない場合もありますが、進退を窮するほどのものではなく、ちょっと「まよう」「困る」程度といった軽めのニュアンスでも使われます。

I was at a loss for a word then.
私はそのとき言葉に窮した。

She is at a loss when to start.
彼女はいつ出発したらよいかまよっている。

I am at a loss as to which faculty to choose. 
私はどの学部を選ぶべきかについてまよっている。

\次のページで「熟語「be at a loss」の言い換えや、似た表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: