三国時代・三国志世界史中国史歴史

三国志で最も悪辣といわれた「董卓」とは、本当に悪人だったのか?その一生を中国史マニアがわかりやすく解説

よぉ、桜木健二だ。今日は三国志最大の暴君「董卓」について、勉強していこう。帝を操り悪政を行う、都・洛陽を焼きはらう、皇族の墓を荒らすなど、暴虐なエピソードには事欠かない「董卓」だが、その生い立ちはどんなものだったのか?青年時代から、長安で殺害されるまでをわかりやすくまとめておいた。

年間100冊以上を読む読書家で、中国史マニアのライターKanaと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/Kana

年間100冊を読破する読書家。現在はコーチ業に就いており、わかりやすい説明が得意。中国史マニアでもあり、今回は暴君「董卓」について、わかりやすくまとめた。

武勇に優れ、義侠心に富んだ青年時代

image by iStockphoto

 董卓の生まれた正確な年は、詳しくは伝わっていません。故郷は現在の甘粛省であり、当時、この地域は涼州(りょうしゅう)といいました。

 後漢時代、この地域は羌族(きょうぞく)の侵略の被害に苦しんでおり、実質的な前線基地です。董卓は若い頃から任侠を好んだとされ、この羌族の居住地で暮らしては、その首長達と親睦を深めました。

 後に董卓が漢民族の居住地に帰る際には、首長達は彼に従い、また董卓も耕作用の牛を彼らにもてなしました。この出来事で、董卓は義侠心に富んだ人物として知られるようになりました。

 やがて董卓は軍に官吏(かんり・国家公務員のこと)として登用され、最初に与えられた任務は、盗賊の監督でした。当時、盗賊とは単なる物取りだけでなく、異民族の事も指しており、董卓は羌族担当だったと考えられています。
 董卓が兵を統括して羌族と戦うと、羌族はその武勇をとても恐れました。董卓は腕力が非常に強く、左右どちらの手でも弓を扱うことが出来たからです。

 この時の董卓の活躍は目覚ましく、拉致された住民を救い出したり、4桁に上る盗賊たちを斬ったり、捕虜にしたと言われています。

『涼州三明』の一人「段珪」という長官に、中央に推薦される

image by iStockphoto

 当時、異民族討伐で知られていたのは「段珪」(だんけい)「張奐」(ちょうかん)「皇甫規」(こうほき)という3人でした。彼らは共に涼州出身で、字(あざな)に「明」の文字があったことから『涼州三明』と呼ばれていました。

 そのうちの一人である「段珪」という長官が董卓を中央に推薦し、軍の兵馬担当としました。西暦161年の出来事です。その6年後、董卓は名家の子弟として皇帝直属の警備兵となりました。

 後漢末期、中国地方の北方は数多くの異民族によって侵略されていました。先述した羌族もその一つです。後漢王朝はこれに対して、張奐(ちょうかん)を辺境に派遣し、討伐の指揮をとらせます。

 この時、張奐の副官として羌族や、同じく侵略を行っていた匈奴(きょうど)の討伐に赴いたのが、董卓でした。この討伐の功績を持って、董卓は中央の官僚予備軍に出世していきます。この時、董卓は褒美として大量の絹をもらいますが、その全てを部下に分け与えたそうです。

 

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

 この当時の董卓は、武勇に優れた青年だったようだな。盗賊討伐でも活躍し、部下へその褒美を全て分け与えるなど、好青年な印象を受けるが、なぜ董卓は三国志最大の暴君と呼ばれるようになってしまったのだろう。

儒教学派の官僚と、宦官の対立により起きた『党錮の禁』

 この頃、異民族の侵略と同じくらい問題となっていたのが、宦官(皇帝の傍に使える去勢された男子)と官僚(中・上級の公務員)の対立です。当時は宦官の勢力が強く、これら宦官の多くは自らの利権の追及に専念し、汚職が蔓延していました。

 こうした状況に対して、一部の官僚らが立ち上がろうとしていましたが、これに気付いた宦官は、官僚達を集団検挙し、幽閉・一切の任官を禁止しました。『党錮の禁』(とうこのきん)と呼ばれる一大政変です。この禁は、有名な『黄巾の乱』が起きた際に解かれます。追放された党人らが乱に加担する事を恐れたのです。

黄巾の乱での、「董卓」の苦渋

 董卓は、その武勇によって中央に名を知られていました。功績をあげたことにより各地の盗賊討伐に派遣されます。かねてより後漢王朝に対する民衆の不満は溜まっており、異民族だけでなく、山賊や民衆蜂起も数多く起こっていました。 

 董卓は特に羌族に対してあてがわれており、百戦以上をこなしたとされています。

 そして西暦184年、道教系の宗教『太平道』の「張角」を首領とする大反乱が起こりました。信者たちは頭に黄色い布を巻いたことから、『黄巾の乱』と呼ばれました。

 後漢王朝は、各地に討伐軍を派遣します。その1人「盧植」(ろしゅく)は、陣中で賄賂の献上を断った事から宦官の怒りを買い、罷免されてしまうのです。この後任が董卓でした。ですが、この時の董卓は旗色が悪く、敗戦しました。董卓は敗戦の責を取らされ、免官されてしまいます。

 この時董卓が指揮していた軍は、「皇甫嵩」(こうほすう)の率いる討伐軍に編入されました。皇甫嵩は、涼州三明の一人「皇甫規」の甥にあたります。戦乱の最中、張角は本陣で病死しました。皇甫嵩は黄巾軍の本陣に攻め入り、埋葬された遺体を掘り起こして首級を上げる大手柄を立てました。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: