英語の熟語

【英語】1分でわかる!「would love to ○○」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「would love to …」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「とても〜したい」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC880点で、現役の大学生であるライターTakaosushiを呼んだ。一緒に「would love to …」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/Takaosushi

英語を勉強することが好きで英語科に通う大学3年生。今回はバイト先の飲み会に誘われた時には「ぜひ、行きたいです。」と即答する筆者が「would love to …」(とても〜したい)を詳しく解説していく。

熟語「would love to …」の意味は?

image by iStockphoto

「would love to …」には「とても〜したい」「ぜひ〜したい」という意味があります。ビジネスシーンなどで使われることが多いフォーマルな表現です。

「would love to …」の使い方について例文を使って詳しく解説していきます。

意味その1 「とても〜したい」

まず「would love to …」は「とても〜したい」という主語の強い願望を丁寧に言いたい時に使われます。

「want to」主語の願望をストレートに意味するのに対し、「would love to …」婉曲的に主語の願望を言いたい時に使われることが多いです。

それでは例文を見ていきましょう。

I would love to live in Tokyo.
私はと東京に住みたいと強く望んでいる。

I would love to visit Itsukushima Shrine.
私はとても厳島神社へ行きたいと思っている。

I would love to hang out with you.
あなたととても遊びに行きたいと思っている。

意味その2 「ぜひ〜したい」

また、「would love to …」は「ぜひ〜したい」と訳されることも多いです。例えば目上の人からお誘いや提案をされたときに自分の意欲を示すために「ぜひ〜させてください」と言いたい時にも「would love to …」を使うことができます。

それでは例文を見ていきましょう。

I would love to join the project.
ぜひプロジェクトに参加させて頂きたいです。

I would love to go out for a drink with you.
ぜひみなさんと飲みに行きたいです。

I would love to try Indian curry.
ぜひ本場のインドカレーに挑戦してみたい。

次のページを読む
1 2 3
Share: