安土桃山時代室町時代戦国時代日本史歴史江戸時代

豊臣家を滅ぼした悪女と呼び声の高い「淀殿/茶々」の一生を歴女が徹底わかりやすく解説

今回は、浅井長政とお市の方の長女淀殿茶々を取り上げるぞ。淀殿茶々は豊臣秀吉の側室となって、秀吉の最晩年に男の子を2人出産し、ひとりは成長して豊臣秀頼となったのです。淀殿茶々は秀吉に愛されて淀城を建ててもらって、その後実質上の大坂城の女城主になったのですが、これが豊臣家滅亡の元凶とさえ言われているらしいのです。

茶々に何があったのか、女性史に詳しいあんじぇりかと一緒に解説していきます。

ライター/あんじぇりか

子供の頃から歴史の本や伝記ばかり読みあさり、なかでも女性史と外国人から見た日本にことのほか興味を持っている。今回は豊臣家を滅ぼしたヒステリー女、わがままな権力者として名をはせている淀殿茶々について、幼少期から晩年まで5分でわかるようまとめた。

1、 淀殿茶々はお市の方の娘で浅井三姉妹の長女

image by PIXTA / 2103092

淀殿茶々は、近江国小谷城(現在の滋賀県長浜市)で生まれました。生まれたのは永禄12年(1569年)と言われていますが、これは亡くなった年が49歳か50歳ということからの逆算の推定。両親であるお市の方と浅井長政の結婚の時期も永禄7年(1564年)、永禄8年(1565年)、永禄10年(1567年)説があるなど、はっきりせず。
妹たちは後の京極高次正室の常高院初と、徳川秀忠正室江

1-2、茶々は生まれたときの名前でその他にも呼び名は色々

淀殿茶々は、生まれたときから茶々と呼ばれていましたが、秀吉の側室となってからは、居住する御殿にちなんで、三の丸殿とか西の丸殿などと呼ばれ、鶴松が生まれるときに秀吉が淀城を建てて茶々の住まいとしたので、淀の御方と呼ばれるように。
秀吉没後は、秀頼母としてお袋様と呼ばれ、秀頼が右大臣になったとき、その母として朝廷から従五位下を贈られたときに、浅井 菊子(あざい きくこ)と名乗ったとも。

淀殿と淀君、どう違う?

昔から日本では身分の高い人に対しては、本名を呼ぶのは失礼にあたるので、居住場所や身分などからきた通称を呼び名に。なので、茶々の場合も、淀城城主になったために淀の御方、淀殿に。
また、淀君というのは江戸時代に定着した呼び名で、存命中は使われなかった、豊臣家を滅ぼした悪女ということで辻君という遊女のような差別的な意味を込めて淀君と称されたという説があり、最近は淀殿と呼ばれるように。
しかし、現在の皇室の女性方は〇子様を子のかわりに「〇君様」と君をつけて呼び合われているということを考えれば、必ずしも蔑称になるわけでもないようです。

1-3、茶々の幼少時代はすでに戦争まっただ中だった

淀殿茶々が育ったのは近江の小谷城ですが、元亀元年(1570年)には、伯父の信長が、淀殿茶々の父長政と交わした同盟の取り決めである、「朝倉への不戦の誓い」を破って、徳川家康らと共に越前国の朝倉方の城を攻略にかかりました。
淀殿茶々の父長政の浅井家は、伯父信長との同盟よりも古い関係の朝倉義景との同盟を重視して朝倉方に加勢することに決定し、信長、家康らの連合軍を背後から急襲。信長は、義弟の長政を信頼しきっていたため、なかなか裏切りを認めなかったけれど、お市の方の知らせなどもあって、秀吉や家康らの殿(しんがり)の奮戦で急遽、近江国を脱出したという、金ヶ崎の退き口という戦いが勃発。

淀殿茶々はわずか1歳。その後の姉川の戦いを経て、元亀3年(1572年)7月には信長が再び北近江に攻め入って両軍のにらみ合いが続き、天正元年(1573年)7月、信長は3万の軍を率い、再び北近江に攻め寄せて来て朝倉家の一乗谷も小谷城も陥落、淀殿茶々の祖父久政、父長政は自害し、淀殿茶々は母お市の方と妹たちと共に城を脱出。

このとき淀殿茶々は4歳、銃声や戦闘の荒々しい気配のなかで幼児期を送り、物心つかないうちに戦争に巻き込まれていたのですね。

1-4、小谷城を出てからは、伯父信長の保護下で城を転々と暮らした

4歳の淀殿茶々は、母や妹たちと共に、伯父の織田信包の伊勢安濃津城、または尾張清洲城で保護されていたとか、尾張守山城主で信長とお市の方の叔父の織田信次に預けられ、天正2年9月29日に織田信次戦死後は、伯父信長の岐阜城に住んだと言われています。

親戚の城を転々としたようですが、伯父信長は、妹のお市の方と娘たちに裕福な暮らしを提供し贅沢を許したということなので、淀殿茶々は4歳から13歳の9年間は母子4人で落ち着いた暮らしができたのでは。

\次のページで「1-5、本能寺の変後に、淀殿茶々の生活に変化が」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: