日本史

悲劇のヒロインお市の方の娘「浅井三姉妹(茶々、初、江)」ー人生から伝説までを女性史大好き歴女がとことん解説

よぉ、桜木健二だ、今回は、浅井長政の娘たち浅井三姉妹を取り上げるぞ。父の浅井長政は信長に滅ぼされたが、三姉妹は信長の妹のお市の方と共に助け出されて成長したんだ。

3人ともそれぞれ戦国女性を代表するような数奇な人生を送ったのだが、女性史に詳しいあんじぇりかと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

angelica

ライター/あんじぇりか

子供の頃から歴史の本や伝記ばかり読みあさり、なかでも女性史と外国人から見た日本にことのほか興味を持っているあんじぇりかが、戦国時代の女性を代表する浅井三姉妹と彼女らを巡る人々や伝説についてまでを、5分でわかるよう徹底的にまとめる。

1、浅井三姉妹とは浅井長政とお市の方の娘たちのこと

image by PIXTA / 10545227

織田信長の妹のお市の方と、最初の夫である北近江の戦国大名だった浅井長政(あざいながまさ)との間に生まれた茶々、初、江の3人の姉妹のことをさします。

1-1、両親は政略結婚でも円満だったが、信長に敗れて浅井家滅亡に

信長の妹お市の方と浅井長政は、信長と浅井家の同盟の証の政略結婚でしたが、夫婦仲は円満で3女に恵まれました。三人姉妹は浅井家の小谷城で生まれ、仲睦まじい美男美女の両親のもとですくすくと成長していましたが、伯父の信長が、浅井家との同盟の約束である「朝倉家との不戦」を破ったため、浅井、朝倉軍と信長軍が激突。伯父である信長に攻められて、天正元年(1573年)小谷城が陥落し父長政は自害し浅井家は滅亡。三姉妹は母お市の方と共に救出されました。

2-2、浅井家滅亡後は織田家に保護され、その後は柴田勝家の北ノ庄城へ

その後、お市の方と三姉妹は織田家の庇護のもとに清洲城、岐阜城などで9年ほど平和な生活を過ごしたものの、天正10年(1582年)本能寺の変が勃発して伯父の信長が横死。羽柴秀吉らが明智光秀を制圧した後、秀吉ら織田家の重臣によって織田家の後継ぎ、その後を決める清洲会議が開催されました。
そのときに浅井三姉妹の母お市の方は、織田家の重臣だった柴田勝家と再婚が決定。お市の方と三姉妹は、共に柴田勝家の居城である北ノ庄城に引き取られました。が、1年もたたない、天正11年(1583年)に柴田勝家と羽柴秀吉が衝突、秀吉軍に攻められて、北ノ庄城が落城しました。母お市の方は夫の柴田勝家と運命を共にして自害。しかし三姉妹は母お市の方による秀吉への直筆状を持って城を脱出し、その後は秀吉の保護下におかれました。

2-3、北ノ庄城陥落後は秀吉の保護下におかれた

北ノ庄城での母お市の方自害後、浅井三姉妹は救出されて、秀吉の保護下におかれました。

そして安土城に迎えられ、その後は従兄に当たる織田信雄の後見のもとで、信長の妹でお市の方の姉のお犬の方や、叔父の織田長益(有楽、または有楽斎)の庇護を受けたとか、後には、聚楽第で父長政姉で伯母の京極マリアの縁を頼って、従姉の松の丸殿こと京極竜子の後見の元にあった説もあり。

次のページを読む
1 2 3 4 5 6
Share:
angelica