英語の熟語

【英語】1分でわかる!「talk A into B」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「talk A into B」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「AにBするよう説得する」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC880点で、現役の大学生であるライターTakaosushiを呼んだ。一緒に「talk A into B」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/Takaosushi

英語を勉強することが好きで英語科に通う大学3年生。今回は小学生の頃欲しかったゲーム機を買ってもらうために母親を説得しようとするも失敗した筆者が「talk A into B」(AをBするよう説得する)を詳しく解説していく。

熟語「talk A into B」の意味は?

image by iStockphoto

「talk A into B」には「AをBするよう説得する」「AをBするよう言いくるめる」という意味があります。日常会話で使われることが多いフランクな表現です。

例文を使って詳しく解説していきます。

意味その1 「AをBするよう説得する」

まず「talk A into B」には「AをBするよう説得する」という意味があり、「into」の後には動詞の進行形がきます。

ちなみに反義語は「talk A out of B」「Aを説得してBするのを思いとどまらせる」という意味です。

それでは例文を見ていきましょう。

I failed to talk my mother into buying me a videogame.
私は母親をゲームを買ってくれるよう説得するのに失敗した。

I talked her into trying again.
私は彼女をもう一度挑戦するよう説得した。

He is going to talk a professor into giving him credit.
彼は単位をくれるよう教授を説得するつもりだ。

意味その2 「AをBするよう言いくるめる」

また、「talk A into B」は「AをBするよう言いくるめる」と訳すこともできます。「AをだましてBさせる」といったニュアンスに近いです。

それでは例文を見ていきましょう。

He talked me into buying an expensive stone.
私は高価な石を買うよう彼に言いくるめられた。

A confidence man talked her into marry him.
詐欺師の男は彼女をうまく言いくるめて自分と結婚させた。

She talked him into transferring money to her bank account.
彼は彼女をうまく言いくるめて口座にお金を振り込ませた。

次のページを読む
1 2 3
Share: