英語の熟語

【英語】1分でわかる!「blow up」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「blow up」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「爆発する」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に英語を指導しているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「blow up」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

熟語「blow up」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「blow up」には、「爆発する」や「ふくらます」という意味があります。「up」は「上げる」のほか「勢いよく」という意味もあるので、「blow(吹く)」と合わせて「勢いよく吹く」というイメージでとらえるとよいですね。

意味その1 「爆発する」

意味の一つは「爆発する」です。勢いよく吹いた結果、爆発したというイメージですね。物理的に爆発することのほか、感情的に爆発するときは「腹を立てる」「激怒する」という意味でも使われることがあります。

The gas tank blew up .
ガスタンクが爆発した。

This is able to blow up that building.
これは、あのビルを爆発させることができる。

Meros blew up.
メロスは激怒した。

意味その2 「ふくらませる」

もう一つの意味に「ふくらませる」があります。風船やタイヤなど空気を入れるであろうものに、意図的に「勢いよく吹く」ことで空気を入れてふくらませるイメージですね。もともと、空気を入れてふくらませて「つくる」という意味も持っています。

The child can blow up a balloon.
その子供は風船をふくらませることができる。

He blew up a bicycle tire.
彼は自転車のタイヤに空気を入れた。

We blew up jet balloons in the top of seventh inning.
私たちは7回表にジェット風船をふくらませた。

次のページを読む
1 2 3
Share:
yamato810