奈良時代日本史歴史

波乱と困窮に見舞われた「奈良時代」を歴史オタクがわかりやすく5分で解説

権力者が入れ代わり立ち代わり……

国分寺や東大寺大仏が建立されていくさなか、藤原南家の藤原仲麻呂の台頭がはじまります。藤原仲麻呂は橘諸兄を排除すると、淳仁天皇を傀儡にして朝廷の中に独裁政権をしいていきました。そのときに名前を藤原仲麻呂から恵美押勝(えみのおしかつ)と改め、これからもっと好き放題にするぞー!と息巻いたところで孝謙上皇の寵愛を受けた僧侶・道鏡によって阻まれてしまうのでした。

恵美押勝としては当然面白いはずがありません。道鏡をなんとか朝廷から追い出そうと、ついには武装蜂起しての反乱となりました。しかし、この「藤原仲麻呂(恵美押勝)の乱」は失敗し、恵美押勝の天下はここに終わりを迎えるのです。パッと光ってすぐに消える花火みたいでしたね。

そして、恵美押勝がいなくなって朝廷に平和が戻ると思いきや、今度はその座にそっくりそのまま道鏡がすげかわったのです。

仏教に帰依した僧侶ですし、道鏡の政治は人道に基づき善政となった……と、なればいいのですが、残念ながらそうはなりませんでした。朝廷のトップに立った道鏡は次々と自分の一族や腹心の僧侶たちを登用し、最後には称徳天皇(重祚した孝謙上皇)によって皇位継承者に擁立されかけるまでいきます。ただ、さすがにそこまではさせられないとばかりに、藤原式家の藤原百川らによって擁立は阻まれて道鏡は失脚しました。

奈良時代の終了のカウントダウン

道鏡の失脚後、次に正解のトップに躍り出たのは彼の皇位継承者擁立を阻んだ藤原百川たちです。称徳天皇が崩御したあとは、天智天皇の孫にあたる光仁天皇が即位します。東北地方での反乱などはありましたが、光仁天皇のもとでやっと朝廷が落ち着きを取り戻し始めたのでした。

そうして、光仁天皇の次代、桓武天皇へと代替わりした後、大きくなりすぎた寺社と物理的に距離を離すために、平安京を築いて遷都しました。これをもって奈良時代の終幕となります。

波乱と貧困に満ちた奈良時代

「あおによし 奈良の都は咲く花の におうがごとく 今 さかりなり」

『万葉集』に残るこの歌は平城京がいかに美しかったのかを今に伝えています。しかし、ひとたび中身を見れば、人々は重い税に喘ぎ、貴族たちは権力者争いに明け暮れる波乱に満ちた世の中でした。

1 2 3
Share: