奈良時代日本史歴史

波乱と困窮に見舞われた「奈良時代」を歴史オタクがわかりやすく5分で解説

「中臣鎌足」の子孫、藤原不比等

平城京へ遷都した元明天皇とその次の元正天皇と女帝が続いたあと、天武天皇のひ孫にあたる男性の聖武天皇が即位します。この聖武天皇の夫人が光明子といって、「藤原不比等」の娘でした。

ここでぽっと出てきたように思える藤原氏。しかし、そもそも藤原氏というのは、飛鳥時代に栄華を欲しいままにした蘇我氏を中大兄皇子と一緒に倒した「中臣鎌足」の子孫なのです。「藤原」の姓は、天智天皇(中大兄皇子)が後年に中臣鎌足の功績をたたえて与えたものでした。そして、藤原不比等は中臣鎌足の子であり、文武天皇の「大宝律令」の制定にも深く関与したこともあって朝廷内でも高い地位を得ていました。

ところで、この時代、皇族でない女性も天皇の奥さんにはなることはできても、皇后にはなれませんでした。にも関わらず、藤原不比等は強引に娘の光明子を皇后にしようとしたのです。いくら権力のある藤原不比等とはいえ、この暴挙にはもちろん反対の声が上がります。特に猛反対したのが、藤原不比等に次ぐ権力者・長屋王(ながやおう)でした。

火花散らす長屋王と藤原四兄弟

藤原不比等に大反対した長屋王。彼の父は天武天皇の長男、母は天智天皇の娘で、長屋王本人は天智天皇、天武天皇兄弟の孫にあたります。皇族の中でもかなり特別な血筋の持ち主なんです。しかも、長屋王自身の政治的能力も侮れません。現に、藤原不比等が亡くなると長屋王は右大臣に、その後には左大臣へと昇進して朝廷の主導者となったのです。

片や、藤原不比等を失った藤原家には若い四人の兄弟がいました。兄弟の名前は上から、武智麻呂(むちまろ)、房前(ふささき)、宇合(うまかい)、麻呂(まろ)です。四人はのちに藤原四家の祖となります。

陰謀見え隠れする「長屋王の変」

長屋王と藤原四兄弟が朝廷で争っているなか、聖武天皇と光明子の間に基王(もといおう)が誕生し、生まれてすぐに皇太子に指名されます。この立太子にも長屋王は不満があったわけですが、かわいそうなことに、基王は一歳になる前に亡くなってしまうんです。当然、聖武天皇や光明子たちは嘆き悲しんだのですが……。

「幼い基王の死は、実は長屋王が呪詛して殺した」として、長屋王の邸宅を包囲し、自殺に追い込んだのでした。長屋王を死に追いやったこの事件を「長屋王の変」といいます。

こうして長屋王が亡くなると、晴れて光明子は皇族外から初の皇后となりました。また、藤原四兄弟も政治のライバルがいなくなったことで昇進して「藤原四子政権」という一大政権を築きます。

しかし、それも長くは続きませんでした。

3.波乱の奈良時代後半

image by PIXTA / 41390277

吹き荒れる疫病と乱を大仏様に救ってもらおう

無実の罪で死んだ長屋王の怨念か、737年に天然痘の流行が始まりました。今でこそ撲滅された天然痘ですが、ワクチンもない奈良時代では大変な猛威をふるい、100万人から150万人が亡くなったとされています。そして、その死者の中にあの藤原四兄弟も含まれたのでした。

朝廷の主力だった藤原四兄弟の穴は、光明子の異父兄にあたる橘諸兄(たちばなのもろえ)や吉備真備(きびのまきび)らが埋めることになりました。しかし、この人選に大いに不満を持った藤原宇合の長男・藤原広嗣が九州で「藤原広嗣の乱」を起こし、朝廷が大きく動揺します。

疫病に乱まで続いたことで聖武天皇は三度も遷都を繰り返しますが、結局は平城京へと戻り、仏教の加護でこの社会不安をおさめようと各地に国分寺の建造を始めました。このときにつくられたのが東大寺大仏、いわゆる「奈良の大仏」です。

\次のページで「権力者が入れ代わり立ち代わり……」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: