この記事では英語の熟語「a second」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「少しの間」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC850点で、オーストラリアに住んで10年になるライターakikoを呼んです。一緒に「a second」の意味や例文を見ていきます。

ライター/akiko

日本では英文学、オーストラリアでは国際貿易とマーケティングを専攻。シドニーに住んで10年、ネイティブが実際に使う自然な英語を紹介する。

熟語「a second」の意味は?

image by iStockphoto

「a second」は直訳すると「1秒」ですが、転じて「少しの間」という意味になります。具体的に何秒を表していると決まっている訳ではありません。口語では「a sec」と省略される事も多いですね。誰かに少しの間待ってもらう時に良く使われます。では実際の使い方を見てみましょう。

意味「少しの間」

一つ目の例文の様に、誰かに少し待っててもらいたい時に使う「Give me a second.」という表現は良く使うのでそのまま覚えましょう。
二つ目の例文では、「Hold on a sec」と言っていますが、この様に、何かに対してびっくりしたり、少し苛立っている、違う意見を言いたいというニュアンスを含んでいる場合もあります。また、二つ目の例文の様に「second 」が省略されて「sec」となる場合も多いですね。
最後の例文では、すぐにという意味で「a second 」が使われています。基本的に「少しの間」という意味の「a second」はカジュアルな表現ですが、ビジネスシーンなどで誰かに待ってもらう際に丁寧に話したい場合は、「please」をつけて「Just a second please」としてみましょう。

「When are you free next week?」「 Give me a second, let me check my schedule.」
「来週いつがあいてる?」「ちょっと待って、予定確認するから。」

「I'm gonna marry your brother.」「Hold on a sec, why didn't anyone tell me about that?」
「あなたのお兄さんと結婚するの。」「ちょっと待って。なんで誰も言ってくれなかったの?」

Don't hang up. I'll be back in a second.
電話切らないでね。すぐに戻ってくるから。

熟語「a second」の言い換えや、似た表現は?

「a second」に似た表現として、「a minute」「a moment」があります。それぞれ直訳すると「1分」、「瞬間」ですが、意味としては「a second」と同じ、「少しの間」です。どの言い方がより長い時間を表しているというわけではありませんが、違いとしては「a moment」は丁寧な印象になるのでシーンによって使い分けましょう。

\次のページで「言い換え例:「a minute」「a moment」を使った言い換え」を解説!/

言い換え例:「a minute」「a moment」を使った言い換え

一つ目と二つ目の例文では「a minute」を使っていますが、どちらも「a second」で言い換えても全く同じ意味になります。三つ目の例文では「a moment」を使っていますが、こちらは「a second」で言い換える事も可能ですがカジュアルな印象になるので、丁寧に言いたい時は「a moment」を使いましょう。

Do you have a minute? I want to talk about our next trip.
ちょっといい?次の旅行について話したいんだけど。

Please have a seat and a doctor will be with you in a minute.
医師がすぐに来ますので、座ってお待ちください。

「Do you have this dress in a smaller size?」「Just a moment, please. I'll check the stock.」
「このワンピースのもっと小さいサイズはありますか?」「少々お待ちください。在庫を確認します。」

熟語「a second」を使いこなそう

この記事では熟語「a second」の使用例や、他の表現での言い換えパターンを説明しました。「Give me a second」や「Hold on a second」は日常的にとても良く使う表現です。さらっと出てくると英語上級者っぽくてかっこいいですね。より丁寧な言い方の「a moment」も一緒に覚えて、シーンによって使い分けができるようにしましょう。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
" /> 【英語】1分でわかる!「a second」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語 – Study-Z
英語の熟語

【英語】1分でわかる!「a second」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「a second」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「少しの間」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC850点で、オーストラリアに住んで10年になるライターakikoを呼んです。一緒に「a second」の意味や例文を見ていきます。

ライター/akiko

日本では英文学、オーストラリアでは国際貿易とマーケティングを専攻。シドニーに住んで10年、ネイティブが実際に使う自然な英語を紹介する。

熟語「a second」の意味は?

image by iStockphoto

「a second」は直訳すると「1秒」ですが、転じて「少しの間」という意味になります。具体的に何秒を表していると決まっている訳ではありません。口語では「a sec」と省略される事も多いですね。誰かに少しの間待ってもらう時に良く使われます。では実際の使い方を見てみましょう。

意味「少しの間」

一つ目の例文の様に、誰かに少し待っててもらいたい時に使う「Give me a second.」という表現は良く使うのでそのまま覚えましょう。
二つ目の例文では、「Hold on a sec」と言っていますが、この様に、何かに対してびっくりしたり、少し苛立っている、違う意見を言いたいというニュアンスを含んでいる場合もあります。また、二つ目の例文の様に「second 」が省略されて「sec」となる場合も多いですね。
最後の例文では、すぐにという意味で「a second 」が使われています。基本的に「少しの間」という意味の「a second」はカジュアルな表現ですが、ビジネスシーンなどで誰かに待ってもらう際に丁寧に話したい場合は、「please」をつけて「Just a second please」としてみましょう。

「When are you free next week?」「 Give me a second, let me check my schedule.」
「来週いつがあいてる?」「ちょっと待って、予定確認するから。」

「I’m gonna marry your brother.」「Hold on a sec, why didn’t anyone tell me about that?」
「あなたのお兄さんと結婚するの。」「ちょっと待って。なんで誰も言ってくれなかったの?」

Don’t hang up. I’ll be back in a second.
電話切らないでね。すぐに戻ってくるから。

熟語「a second」の言い換えや、似た表現は?

「a second」に似た表現として、「a minute」「a moment」があります。それぞれ直訳すると「1分」、「瞬間」ですが、意味としては「a second」と同じ、「少しの間」です。どの言い方がより長い時間を表しているというわけではありませんが、違いとしては「a moment」は丁寧な印象になるのでシーンによって使い分けましょう。

\次のページで「言い換え例:「a minute」「a moment」を使った言い換え」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: