この記事では英語の熟語「as though ~」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「まるで~のようだ」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

中高生に英語や数学など、指導経験豊富なライター要を呼んです。一緒に「as though ~」の意味や例文を見ていきます。

ライター/要

塾講師を5年していた経験がある。留学経験があり、学生時代は留学生と英語でコミュニケーションを取っていた。日本語とは違った英語の感覚をわかりやすく伝える。

熟語「as though ~」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「as though ~」は、「まるで~のように」という意味です。文法的には仮定法になるため、仮定法過去の形をとります。例文で使い方を見ていきましょう。

意味「まるで~のように」

熟語「as though ~」は、「まるで~のように」という意味で使用されます。仮定法過去として使うので、後ろは過去形の形です。

仮定法は、事実ではない想像の話をするときに使う文法でしたね。仮定法過去は、現実とは異なった仮定を話す時に使われます。仮定法過去完了というのもあり、これは過去とは異なった仮定を説明する際に使用する方法です。

ただし「as though」の場合は単にそうだろうという比喩ではなく、おそらくそうではないかと考えている・疑っている・感じているというニュアンスになります。可能性をほのめかすというイメージですね。

He was talking crazily as though he were on drugs.
彼はまるで違法薬物をやっているかのうように、狂ったように話していました。

The ground was wet as tohugh it rained.
道路は、まるで雨が降ったように濡れていました。

She laughed as thoiugh she remembered.
彼女は、まるで思い出したかのように笑いました。

熟語「as though ~」の言い換えや、似た表現は?

熟語「as though ~」は、「as if ~」や「like」を用いて言い換えことが可能です。同じ意味を表しますが、「as if ~」は特にニュアンスが異なります。細かい部分まで整理して覚えましょう。

\次のページで「言い換え例:「as if ~」を使った言い換え」を解説!/

言い換え例:「as if ~」を使った言い換え

「as if ~」を使うと、「まるで~のように」と同じ意味を表現することが可能です。ただし「as though ~」とは異なり、単純に比喩を表しています。たとえ話をしているようなニュアンスです。

使い方は「as though ~」と同じで、仮定法過去になります。「as if ~」の後ろを過去形にするのがポイントです。

He was talking crazily as though he were on drugs.
彼はまるで違法薬物をやっているかのうように、狂ったように話していました。

It's as if I'm a star.
まるで私はスターのようだ。

She talks as if she was my boss.
彼女は、まるで私の上司のように話します。

言い換え例:likeを使った言い換え

「like」は「好き」という意味が一般的ですが、「~のように」というニュアンスも持っているのです。前置詞として使われるため、後ろには名詞や代名詞を入れます。

「just like ~」で内容をすこし強調して「まさに~のように」という訳され、「同じように」という意味を強めることが可能です。

It was like a dream.
それは夢のようでした。

Behabe well just like them.
彼らと同じように、お行儀よくしていなさい。

I acted like I was angry.
私は怒っているように振る舞いました。

熟語「as though ~」を使いこなそう

この記事では熟語「as though ~」の意味や、言い換え表現を説明しました。「as though ~」は可能性をほのめかす時、「as if ~」は単純な比喩をする時と整理すると覚えやすいですよ。

会話でもよく使う表現なので、使いこなせるように覚えておきましょう。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
" /> 【英語】1分でわかる!「as though ~」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語 – Study-Z
英語の熟語

【英語】1分でわかる!「as though ~」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「as though ~」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「まるで~のようだ」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

中高生に英語や数学など、指導経験豊富なライター要を呼んです。一緒に「as though ~」の意味や例文を見ていきます。

ライター/要

塾講師を5年していた経験がある。留学経験があり、学生時代は留学生と英語でコミュニケーションを取っていた。日本語とは違った英語の感覚をわかりやすく伝える。

熟語「as though ~」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「as though ~」は、「まるで~のように」という意味です。文法的には仮定法になるため、仮定法過去の形をとります。例文で使い方を見ていきましょう。

意味「まるで~のように」

熟語「as though ~」は、「まるで~のように」という意味で使用されます。仮定法過去として使うので、後ろは過去形の形です。

仮定法は、事実ではない想像の話をするときに使う文法でしたね。仮定法過去は、現実とは異なった仮定を話す時に使われます。仮定法過去完了というのもあり、これは過去とは異なった仮定を説明する際に使用する方法です。

ただし「as though」の場合は単にそうだろうという比喩ではなく、おそらくそうではないかと考えている・疑っている・感じているというニュアンスになります。可能性をほのめかすというイメージですね。

He was talking crazily as though he were on drugs.
彼はまるで違法薬物をやっているかのうように、狂ったように話していました。

The ground was wet as tohugh it rained.
道路は、まるで雨が降ったように濡れていました。

She laughed as thoiugh she remembered.
彼女は、まるで思い出したかのように笑いました。

熟語「as though ~」の言い換えや、似た表現は?

熟語「as though ~」は、「as if ~」や「like」を用いて言い換えことが可能です。同じ意味を表しますが、「as if ~」は特にニュアンスが異なります。細かい部分まで整理して覚えましょう。

\次のページで「言い換え例:「as if ~」を使った言い換え」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: