日本史

西洋砲学術を広めた「江川英龍」日本初のことや民政も行った幕末の韮山代官を歴女が解説

よぉ、桜木健二だ、今回は江川英龍を取り上げるぞ。世界遺産になった韮山反射炉を作ったりしたんだっけ、どんな人だったか詳しく知りたいよな。

その辺のところを幕末に目のないあんじぇりかと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

angelica

ライター/あんじぇりか

子供の頃から歴史の本や伝記ばかり読みあさり、なかでも女性史と外国人から見た日本にことのほか興味を持っている歴女。勤王、佐幕に関係なく明治維新に興味津々。例によって昔読んだ本を引っ張り出しネット情報で補足しつつ、江川英龍について、5分でわかるようにまとめた。

1-1、江川英龍は韮山の生まれ

image by PIXTA / 34850853

江川英龍(ひでたつ)は、享和元年(1801年)5月13日、父江川英毅と母久子の次男として韮山で誕生。幼名は芳次郎。諱は英龍、通称は太郎左衛門(たろうざえもん)、号は坦庵(たんあん、韮山ではたんなん)、ここでは英龍で統一。

1-2、江川家は代々韮山代官職

江川家は大和源氏の系統で、鎌倉時代以来の歴史を誇る家柄。代々の当主は太郎左衛門を名乗り、江戸時代は伊豆の韮山代官として天領の民政に従事、韮山代官の支配地は、駿河、伊豆、相模、武蔵、甲斐の5カ国にわたっていて約7万石に及んでいたそう。英龍は36代目の当主で父英毅が長命だったので、英龍が代官職を継いだのは天保6年(1835年)、35歳のとき。

韮山代官は江戸に屋敷を持ち、冬だけ韮山に住んでいたということで、代官職を継ぐ前の英龍は、学問を著名な儒学者の佐藤一斎、書を市川米庵、詩は大窪詩仏、絵を大国士豊、谷文晁に学ぶという、当時の最高の教育を受けているうえに、神道無念流の岡田十松に剣を学び、岡田十松の撃剣館四天王の一人に数えられるようになり、同門の後の練兵館創立者の斎藤弥九郎と親しくなったということ。

1-3、英龍、斎藤弥九郎を補佐に

天保6年(1835年)英龍が韮山代官となると、斎藤弥九郎は江戸詰書役として仕えたが、英龍は斎藤の練兵館創立の資金援助もしたほど仲良しだったということ。英龍の父英毅は、民治に力を尽くして商品作物の栽培での増収などを目指したことで知られているが、英龍も施政の公正に勤め、二宮尊徳を招聘して農地の改良などを行い、嘉永年間に種痘の技術が伝わると領民への接種を積極的に推進したなどで、領民思いの英龍の姿勢は「世直し江川大明神」と敬愛され、現在に至るまで、地元の韮山では英龍への強い愛着を持っているということ。

1-4、英龍と大塩平八郎の乱

天保8年(1837年)2月19日、大坂で大塩平八郎の乱が勃発、英龍の命で斎藤は大塩の行方を調べるため、大坂へ。

じつは大塩が、乱の直前に江戸の老中に当てて送った告発状は、江戸に運んでいた飛脚が、中に金品が入っていると思い箱根の山中で開封、金品がないので告発状ごと道中に捨てたが、それを拾って韮山代官である英龍に届けられ、内容の重大性に気付いた英龍が箱根関に通報したということ。

英龍は大塩が富士山麓に深く関りをもつと知り、また天保7年(1836年)8月、甲斐一国規模の天保騒動が発生、多くの無宿の博徒が騒動に参加したので、英龍はこの騒動が幕府直轄地の武蔵、相模へ波及することを警戒、斎藤を伴って正体を隠し「甲州微行」と言われる刀剣行商人に変装して、天保8年(1837年)5月、御殿場から富士山をまわり、富士の宮方面から富士川をくだって韮山に帰ったということ。

大塩事件の影響はなかったが、しかし治める役人の姿勢に問題があることが発覚。翌天保9年(1838年)7月、都留郡(現山梨県)約2万1千石が韮山代官支配地に編入された後、英龍は、谷村(やむら)陣屋に派遣する手代たちに、誠意をもち厳正に農民に対処するように命じたということで、英龍の支配以前は一年に2千両もの役得を得て、代官巡幸の費用などもばかにならなかったが、英龍の支配では雲泥の差の質素で公平無私な態度に農民たちは感服、郡内地方では初午の節句に、「世直し江川大明神」と書いた紙のぼりを各所の神社に立てて善政をたたえるように。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

へへえ、名うての剣術使いの友人とお代官様が、おしのびで領地を見回るなんて、時代劇で取り上げそうだな。

2-1、英龍、江戸湾強化の見分副使に

この頃、日本近海に外国船がしばしば現れるようになり、食糧、薪、水を求める事態もあったということで、幕府は異国船打払令を制定、外国船を日本近海から駆逐する方針を徹底していたが、天保8年(1837年)に鹿児島湾と浦賀沖に、日本人漂流民の送還と通商、キリスト教布教のために寄港しようとしたアメリカの商船モリソン号を、薩摩藩、浦賀奉行が砲撃する「モリソン号事件」が勃発。

伊豆下田は、太平洋から江戸湾への入り口という海防上重要な地域で、英龍は江戸湾の海防に大きな関心があったが、モリソン号事件をきっかけに更に危機感を強めたということ。

そして英龍はこの頃、川路聖謨、羽倉簡堂の紹介で渡辺崋山、高野長英ら尚歯会の蘭学者らと知り合いに。崋山らは、海防問題の改革を強く主張。当時、沿岸に備えた大砲は旧式で、砲術の技術も多くの藩では和流砲術という旧式だったので、英龍は、洋学知識の積極的な導入をはかるために、尚歯会内で西洋砲術を研究している高島秋帆を知り、西洋砲術を海防問題に活かしたいと考えたそう。

天保9年(1838年)、老中水野忠邦は、江戸湾防衛強化のための備場見分を実施、正使に鳥居耀蔵、副使に江川英龍を任命。英龍は、斎藤の仲介で測量の専門家の推薦を渡辺崋山に依頼し、斎藤弥九郎は翌年正月実施の備場見分には、英龍の手代として参加。

しかしこのとき英龍は、渡辺崋山に依頼して諸国建地草図や西洋事情書を書き送ってもらい、これらを参考にして江戸湾の海防計画を立案、測量図に添えて幕府に提出したが、鳥居耀蔵は、鳥居の使った小笠原貢蔵が旧式の測量術の地図だったので、西洋式の新知識の英龍のものとは比べ物にならず、鳥居は大恥をかいたそう。このときの鳥居の個人的な遺恨が、「蛮社の獄」に発展したという俗説も。

モリソン号事件とは
天保8年(1837年)、鹿児島湾、浦賀沖に現れたアメリカの商船モリソン号に対し、薩摩藩及び浦賀奉行太田資統が、異国船打払令に基づいて砲撃した事件。

しかしこのモリソン号には、マカオで保護された日本人漂流民の音吉、庄蔵、寿三郎ら7人が乗船していて、モリソン号は日本人漂流民の送還と通商、布教のために来航していたこと、当時はイギリス軍艦と勘違いされていたが、モリソン号は非武装の商船だったことも1年後に判明し、異国船打払令に対する批判が強まったということ。

そして「慎機論」「戊戌夢物語」を著して幕府の対外政策を批判したことなどで、渡辺崋山、高野長英らが逮捕され、蛮社の獄に。英龍は彼を高く評価した老中水野忠邦のおかげで罪を免れたという通説。

2-2、英龍、砲術指南所を開所

image by PIXTA / 58671397

英龍は天保11年(1840年)、鳥居耀蔵らの反対する、高島秋帆の兵制改革を支持、長崎で高島秋帆に弟子入りして西洋砲術を学び、秋帆の砲術演習に家来も参加させたということ。江戸湾防備を献策し、品川砲台建設を監督。

そして英龍は砲術の免許をとると、天保12年(1841年)に、老中水野忠邦に正式に高島流砲術の伝授を認められ、以後それを更に改良した西洋砲術の普及に努めるため、西洋砲術指南所、韮山塾を開くことに。この指南所には、全国各地の藩から派遣された藩士26藩1千人が西洋砲術を学んだが、その中には、佐久間象山、橋本左内、桂小五郎(後の木戸孝允)らも。

嘉永6年(1853年)には、「蛮社の獄」に連座させられていた高島秋帆の赦免を願い出て、自分の属吏とし、アメリカ帰りの中浜ジョン万次郎も招いて属吏に。英龍は、天保12年(1841年)に洋式鉄砲方、嘉永6年(1853年)、ペリー来航時に海防掛に任命。

2-3、英龍、黒船来航の対策に

image by PIXTA / 55932836

嘉永6年(1853年)6月、浦賀にペリーの黒船が来航、来春の再来航を告げて出航。幕府はペリー来航直後に英龍を勘定吟味役格に登用、急きょ江戸湾内の防備を固めるため英龍らに対策を命じ、英龍は台場築造の場所を選定するために江戸湾岸を巡視、このとき斎藤弥九郎や練兵館塾頭だった長州の桂小五郎(木戸孝允)も同行。

また、老中阿部正弘の命で、砲台品川台場(お台場)を築造。さらに、台場に配備する鉄製砲鋳造をするために、反射炉の建造に着手することに。当初は下田で建造が開始されたが、ペリー艦隊の水兵が敷地内に侵入する事件で築造場所は伊豆韮山に変更。そして安政元年(1854年)正月、黒船が江戸湾に再来航したときは、英龍に江戸湾最奥部の品川沖まで黒船が侵入したときにそなえて船で乗り付けて退去交渉を行う役目に。

2-4、英龍、ロシアのディアナ号の代船建造の責任者に

安政元年(1854年)11月に起こった安政大地震による津波で、日露和親条約締結交渉のために伊豆下田に碇泊していたロシア使節プチャーチンの乗艦ディアナ号が大破。修理のために君沢郡の戸田に回航中に沈没する事件が起きました。そして酷寒の海に投げ出された約500人の乗組員を沿岸の漁民たちが総出で救出したことで、ロシア側は大感銘を受けたそう。

こうした信頼感もあってプチャーチン代表は、幕府の許可を得て戸田港で帰国のための代船を建造することになり、日本側の責任者に英龍と幕閣川路聖謨(としあきら)が任命されたということ。本格的な洋式帆船の建造技術を習得する絶好の機会に、江戸からも優秀な船匠や鍛冶を呼び寄せ、設計と監督はロシア側が、艤装用金具から塗料までをすべて現地の日本人船大工が作った船は、戸田(へだ)の地名から、「ヘダ号」と命名され、もう一隻の同型船とともに、条約締結の使命を果たしたプチャーチン一行を乗せてロシアへの帰途に。(乗組員500人全員は乗れなかったので、こちらは商船に分乗して帰国)

このとき建造されたのは、二本マストのスクーナー型帆船、洋式軍艦ではなく高速を生かして貨物の輸送に適したということ。戸田村が属した君沢郡由来の「君沢型」と名付けられ、同型船がその後何隻も建造されて長く活躍。この船は、日本側が資材や作業員などを提供、支援した代償として、プチャーチン一行の帰国後には日本側へ譲渡する契約に。日本の船大工たちにとって洋式船の建造は初めてだったが日露の共同作業は順調におこなわれ、付近の住民たちもロシア船員たちを歓迎したということ。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ほほう、知らなかった、これはいい話だな、トルコのエルトゥールル号の難破のときといい、昔から困ったときは国の別なく助け合ってるじゃないか。

2-5、英龍、韮山反射炉の完成を見ずに死去

image by PIXTA / 48464081

しかし英龍は、あまりの激務に体調を崩して、安政2年(1855年)1月16日に55歳で病死。

韮山反射炉は、跡を継いだ息子の江川英敏によって安政4年(1857年)に完成することに。2015年7月5日、ユネスコの第39回世界遺産委員会で、韮山反射炉を含む「明治日本の産業革命遺産 製鉄、製鋼、造船、石炭産業」の世界遺産への登録が決定。

3-1、英龍の功績

image by PIXTA / 15553158

日本で初めてのことを色々おこない、多趣味だったという英龍の功績をご紹介しますね。

3-2、日本で初めてパンを焼いた

英龍は、国防上の観点で、兵士の携行食としてのパンに注目、日本で初めて堅パンに近いパンを焼いたということ。現存する江川邸内に、初めてパンを焼いた際のパン窯が残っているそう。

英龍は、日本のパン業界からパン祖と呼ばれていて、伊豆の国市では毎年1月、江川英龍の功績を称えて「パン祖のパン祭り」が開催されていて、全国高校生パンコンテストも同時開催。

尚、パンの伝来の最初は、天文13年(1543年)に種子島に来たポルトガル船で鉄砲と共に伝来、その後の宣教師の布教活動とともにパン食の普及も始まり、織田信長が食べた記述も残っているが、キリシタン弾圧や鎖国でそれっきりになっていたということ。

3-3、日本初の農兵部隊を作り、新選組にもつながった

英龍は、韮山の江川邸近隣の金谷村の農民を集めて訓練し、日本初の西洋式の農兵部隊を組織。農兵の訓練は、今も残る江川邸表門前の枡形、後には韮山代官所三島陣屋(現在の三島市)で行われたということ。

また、今でも日本中で使われている「気をつけ」、「右向け右」、「回れ右」などの掛け声は、一般にも使いやすいように、英龍がオランダ語から日本語に訳させたもの。

そして、江川家の支配地域にある武州三多摩で、英龍が佐藤彦五郎のような在地の有力な名主たちと共に農兵政策や自警活動を勧めた結果、多摩の流派の天然理心流を学ぶものが増え、それが後の新選組結成に繋がったということ。新選組副長の土方歳三は義兄の佐藤彦五郎を通じ、英龍の農兵構想を学んでいたので、身分を問わない実力主義の新選組は、英龍の近代的農兵構想の成果とも。

3-4、多趣味で色々なことに精通していた

英龍は、絵画ははじめ大国士豊に学び、後に谷文晁に学び直し、さらに同門の渡辺崋山に師事を希望するも謝絶されたということ。

刀剣制作は庄司直胤に学び、飲み過ぎで破門された同門の小駒宗太胤直を引き取って韮山邸内で向鎚を打たせたそう。

林業にも精通、高尾山にスギを植樹し、英龍が植えたスギは現在で樹齢157年、高尾山で最も古い部類の人工林で、江川スギと。

13代将軍徳川家定の御前で、ペリー提督が献上した蒸気機関車を初めて運転。

土木や測量や工事の手法を学んで治山治水の工事を実施、工事の費用も二宮尊徳などに学んで基金を準備し、豪商に負担をさせたということで、伊豆では大きな災害が起こらなくなったということ。

福沢諭吉が英龍を英雄として「自伝」で取り上げていて、江川家の江戸屋敷を、幕府瓦解後に払い下げられたときに福沢が買い受けて慶應義塾舎に、門は現在も韮山高校の表門に。

幕臣として民政も完璧におこない、西洋知識を学んで弟子も取ったお代官様

江川英龍は、幕末に至ってはもはや抜け殻みたいだった由緒ある家柄の武士のなかでは、抜きんでて優秀な人。その時代で最高の教育を受け、剣術も一流、そして新しい西洋知識にも目がなかっただけでなく、領民の生活もお忍びで見回り、土木工事や種痘など、新しい知識を使って豊かにしたという地に足の付いた代官ぶり。

そして幕閣として海防意識を持って西洋砲学や西洋式の農兵隊を組織したり、砲学を教えた韮山塾からは幕末の名士が多く誕生したことは有名。

また、あまり知られていない、ロシアのプチャーチン使節の乗ったディアナ号が大津波で沈没した後、英龍らが責任者となって日露初の合同で帰りの船を建造した話は今後、もっと大きく取り上げられる美談ではないかと思います。

Share:
angelica