英語の熟語

【英語】1分でわかる!「Neither 助動詞」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

言い換え例:「nor 助動詞」を使った言い換え

「Nor 助動詞」は「neither 助動詞」と同じで、「もまたそうでない」という意味です。「non」が接続詞であるため、「nor 助動詞」はいかなる場合も「and」が付くことはありません。そのため、「neither 助動詞」の使い方が煩わしいと思うなら、「nor 助動詞」を使いましょう。

You can’t pass the exam, nor can I.
あなたが試験に合格できませんし、私もそうです。

I don’t like chocolate. Nor does he.
私はチョコレートが好きではありません。彼もそうです。

John, who is good at English, can’t get full marks in the last English test, nor can I.
英語が堪能なジョンが前回の英語テストで満点を取れませんし、私も満点を取れません。

関連表現:付加疑問文「助動詞+主語?」

付加疑問文「助動詞+主語?」は「Neither 助動詞」と同じく、倒置構文の1つです。付加疑問文は「Neither 助動詞」と違って、相手の同意を求めるのに使いますが、構文はほぼ一緒なので、一緒に覚えておくといいでしょう。

ルールとして、前文は肯定文であれば、後文は否定文でなければならないのです。一方、前文は否定文であれば、後文は肯定文でなければなりません。また、前文の主語は後文の主語と一緒でなければならないのです。

You can’t pass the English exam, can you?
私はあなたは英語の試験に合格できないと思いますが、あなたもそう思いますか?

He looks good in green, doesn’t he?
私は彼は緑に似合うと思いますが、あなたもそう思いますか?

I am a diligent student, aren’t I?
私は勤勉な学生だと思いますが、あなたもそう思いますか?

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

付加疑問文の使い方がわかったな。前文は「I am …」の場合は、後文は「ain’t I? 」ではなく、「aren’t I?」だぞ。間違えないようにそれを頭の中に入れておかなければならないよ。

熟語「Neither 助動詞」を使いこなそう

この記事では熟語「Neither 助動詞」の使用例や、他の表現での言い換えパターンを説明しました。「Neither 助動詞」は使い方がややこしいので、最初うっかりと使い間違えてしまうかもしれません。しかし、それを使えれば使うほど次第に慣れてくるので、是非ミスに怯えず、積極的に使ってみてください。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
1 2
Share:
gabriel3212006