英語の熟語

【英語】1分でわかる!「Neither 助動詞」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「Neither 助動詞」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「もまたそうでない」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC910点で、現役の英語塾講師であるライターコウ ガブリエルを呼んです。一緒に「Neither 助動詞」の意味や例文を見ていきます。

ライター/コウ ガブリエル

現役の英語塾講師。香港で小学校から高校生までに受験英語を指導。また、過去東京で留学する際に、日本人の社会人にTOEICやビジネス英語などを指導したことがある。

熟語「Neither 助動詞」の意味は?

image by iStockphoto

「Neither 助動詞」は倒置構文の1つで、「もまたそうでない」という意味を表します。この熟語は使い方が少しややこしいですが、マスターすると便利に使えるので、是非この機会に覚えておきましょう。

意味「もまたそうでない」

「Neither 助動詞」は倒置構文の1つで、日本語で「もまたそうでない」や「~もまた~しない」という訳になります。この熟語は必ず否定を含む文または節に続いて、使うにあたってルールがありますよ。

前文と後文は1つのセンテンスの場合、「neither」の前に必ず「and」をつけなければならないのです。しかし、例外として、前文に「if」がある場合、「neither」の前に「and」をつけてはいけません。

では、簡単な例文を見てみましょう。

If you can’t pass the exam, neither can I.
あなたが試験に合格できなければ、私も合格できません。

I don’t like chocolate, and neither does he.
私はチョコレートが好きではありませんし、彼もそうです。

John, who is good at English, can’t get full marks in the last English test. Neither can I.
英語が堪能なジョンが前回の英語テストで満点を取れません。私もそうです。

熟語「Neither 助動詞」の言い換えや、関連表現は?

「Neither 助動詞」は言い換えとして、「nor 助動詞」があります。また、関連表現としては「助動詞 + 主語」という付加疑問文がありますよ。では、使い方と例文を一緒に確認してみましょう。

\次のページで「言い換え例:「nor 助動詞」を使った言い換え」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: