今日は攘夷論について勉強していきます。現代でも何らかの思想が広まることがあり、いわゆるそれは「考え方のブーム」とも言えるかもしれない。そして、江戸時代に広まった思想が攘夷論です。

攘夷論とは日本から外国を撃退して追い払う排外思想であり、尊王攘夷の思想もまたその考え方に含まれる。さて、今回はそんな攘夷論について日本史に詳しいライターリュカと一緒に解説していきます。

ライター/リュカ

元塾講師で、現役のライター。塾講師とライター業に共通して「わかりやすい伝え方」に定評がある。今回は得意分野のひとつである「歴史」から攘夷論をわかりやすくまとめた。

水戸学から誕生した攘夷論

image by PIXTA / 53212503

水戸学の流行と影響

江戸時代、水戸藩と中心として朱子学の影響を受けた水戸学が盛んになって広まります。水戸学は国学や史学など、元々は日本の文化や伝統を学ぶための学問として誕生しますが、やがては水戸藩に限らず全国の藩校での教育に取り入れられ、そのため水戸学の教えは幕末の志士達に大きな影響を与えるものになりました

そんな水戸学には「欧米諸国は卑しむべき夷人であるため、日本列島にその力が及んだ場合直ちに打ち払って排除すべき」の教えがあり、例えるなら日本に広まったキリスト教の弾圧と似たような考えでしょう。そして、1820年代になると水戸学における攘夷論が確立します。

攘夷の「攘」とは払い除く、「夷」とは蝦夷を由来に異民族を示しており、つまり攘夷論は文字どおり外国を払い除いて日本から排除しようとする思想でした。江戸幕府もまた確立した攘夷の思想に基づく行動をとっており、代表的なものとして1825年に制定した異国船打払令が挙げられます。

攘夷論と尊王論が結びついた尊王攘夷論

攘夷論が広まる一方、日本では国学が発展していきますが、その中で日本は神の国であるとする政治思想が力を増していきます。そこで力を得たのが尊王論であり、王者を尊敬する……すなわち「天皇を尊ぶ」という考え方です。尊王論は元々中国の儒教から生まれた思想でもありました。

外国勢力の脅威がある中で思想とされた攘夷論、日本は天皇を尊ぶべきとした思想である尊王論、そして、それぞれの思想が結び付いた末に生まれた新たな思想が尊王攘夷論であり、幕末において倒幕派が支えとしていたのがこの尊王攘夷論です。

最も、日本は1639年から後に鎖国と呼ばれる幕府の対外政策によって外国の交流を絶っていたため、攘夷論がいくら支持されてもそれが行動として移される機会はそうそうなかったでしょう。そんな状況の中、日本で攘夷論が急激に発達するきっかけとなったのが1853年のペリーの黒船来航でした。

攘夷論が広まるきっかけとなった開国

image by PIXTA / 29146395

不平等条約に対する外国への怒り

1853年、黒船で日本にやってきたペリーは日本に開国を要求、翌1854年に日本とアメリカが日米和親条約を結んだことで日本は開国します。このため、これまで続けてきた鎖国が終わり、下田と箱館の港を開港したことで外国との交流が生まれました。これをきっかけとして1858年にはハリスと日米修好通商条約を結びますが、これが攘夷論をより強めることになります。

日米修好通商条約は日本にとって不平等条約でした。貴重な金や銀における変換比率の国内・国外差の問題から流出を招き、さらに外国製品の輸入によって日本製品が売れ行きが低下、日本の経済にマイナス効果をもたらします。これによって人々の生活が苦しくなり、各地で一揆や打ちこわしが起こりました。

生活が苦しくなった原因は日米修好通商条約の締結にあり、そのため人々は外国を嫌うようになります。このため外国を打ち払う攘夷論が広まっていき、またこのような不平等条約に対して天皇に無許可で締結した幕府に対しても不満が高まっていったのです。この問題は、後に江戸幕府が滅亡する要因にもなるのでした。

\次のページで「尊王攘夷派に対する弾圧の代償」を解説!/

尊王攘夷派に対する弾圧の代償

高まる攘夷論、これを抑えようとしたのが意外にも幕府です。攘夷論は外国を打ち払う思想ですが、日米修好通商条約に対して起こった攘夷論は幕府に対しても怒りの矛先が向けられ、幕府は頼りにならないとして尊王攘夷論が広まっていきます。いわゆるそれは反幕府の思想に等しく、そのため幕府は対処する必要があったのです。

ただ、この時の幕府の対処には大きな問題がありました。幕府が行ったのは尊王攘夷論を唱える者……すなわち尊王攘夷派への強引な弾圧であり、処罰の対象は朝廷の公家にまで及びます。弾圧によって尊王攘夷派の活動を鎮めようとするものの、反幕府派を増加させるという大きな代償を支払うことになったのです。

1858年に幕府が行ったこの弾圧は安政の大獄と呼ばれ、大老である井伊直弼を中心として行われました。しかし翌1860年、強引な弾圧の代償として幕府に反発する脱藩した水戸浪士らによって井伊直弼は襲撃されて死亡、桜田門前で白昼堂々と起こったこの事件を桜田門外の変と呼びます。

攘夷による外国との衝突・薩摩藩

image by PIXTA / 45776141

イギリス人を殺傷した生麦事件

攘夷論が広まることで、日本では外国との事件がたびたび起こるようになります。1862年、薩摩藩の最大権力者・島津久光は大名行列で江戸に出向いており、用件を終えた彼は京都に帰ろうとしていました。その時、大名行列に割って入ったのが4人のイギリス人でした。

薩摩藩の藩士らはイギリス人達に離れるよう指示しますが、言葉を理解できなかったのかイギリス人達はそのまま大名行列の中を通っていきます。そのため藩士の1人がイギリス人達に斬りかかり、1名を殺害して2名に重症を負わせる事件が起きました。これが1862年の生麦事件です。

国民を殺害されたイギリスは抗議、これに対して幕府は謝罪と賠償金を支払いますが、事件を起こした当の薩摩藩は断固として拒否しました。1863年、怒ったイギリスが艦隊を率いて薩摩藩に攻め込んだことで、イギリスと薩摩藩は薩英戦争と呼ばれる戦争を起こします。

\次のページで「薩英戦争から学んだ攘夷の断念と倒幕への思い」を解説!/

薩英戦争から学んだ攘夷の断念と倒幕への思い

薩英戦争で乗り込んだイギリスの艦隊は世界最強と謳われており、薩摩藩の敗北は火を見るよりも明らかでした。しかし意外にも薩摩藩は善戦、結局お互い譲らず決着がつかずに終わった薩英戦争でしたが、イギリスの艦隊でも倒せなかったことで薩摩藩は海外の国で評価されます。さらに、戦争後はイギリスとの交流まで生まれたほどでした。

ただ、この戦いによって薩摩藩は長年思い描いてきた考えを変えることになります。生麦事件から分かるとおり薩摩藩も攘夷を進めていましたが、思想としては朝廷と幕府が協力して外国を打ち払う公武合体を推していたのです。しかし、イギリスと戦争したことで外国の軍事力の高さを思い知り、攘夷は不可能だと悟りました。

また、イギリスとの交流が生まれたことで薩摩藩はイギリスの最新武器を購入できるようになり、藩としての軍事力を高めていきます。その中で、薩摩藩だけでなく日本全体が近代化の道を進まなければならないと考えるようになり、頼りにならない幕府は倒すべき……つまり倒幕の思想が芽生えてきたのです。

攘夷による外国との衝突・長州藩

image by PIXTA / 42940120

攘夷実行を怖れなかった長州藩

1863年、攘夷の思想が高まる中で朝廷は幕府の14代将軍・徳川家茂に攘夷実行を指示します。徳川家茂をこれは全国の藩に通達しますが、幕府は外国の強さを理解しており、そのため攘夷実行は勝ち目のない戦争に等しい行為だと考えていました。そこで、徳川家茂は攘夷による損害についても全国の藩に伝えていたのです。

攘夷実行のその日、外国を怖れる幕府はもちろんのこと、徳川家茂の警告に怖気づいた全国の藩も外国を怖れて攘夷をしませんでした。しかし、一方で恐れず攘夷実行を待ち望んだいた藩があったのです。その藩とは長州藩、元々攘夷に積極的だった長州藩は外国を怖れることなく攻撃、アメリカやフランスやオランダの船を次々と砲撃していきます。

これに対してアメリカが報復、ペリーが乗ってきた黒船から見てもアメリカの軍事力の高さは言うまでもありません。案の定長州藩は大敗しますが、高杉晋作を中心した下級武士・農民・町人にて奇兵隊を結成、さらには破壊された砲台を増強するなど、なお攘夷の姿勢を崩そうとはしませんでした。

四国艦隊下関砲撃事件と長州藩の敗北

未だ攘夷を続ける長州藩のせいで外国船は下関海峡を通過できず、貿易においてこれは大きな支障となっていました。アメリカに敗北してもなお攘夷を続ける長州藩、貿易に支障をきたすその行為を捨ててはおけず、イギリスは懲罰を目的に長州藩を攻撃する決断を下します

これに参加したのがアメリカ・フランス・オランダで、長州藩に攻撃されたこれら3つの国は、イギリスを含めた4か国で長州藩を攻撃しようとしました。すなわち四国連合による長州藩に対する武力行使、それが1864年の四国艦隊下関砲撃事件であり、この戦いで長州藩は大敗してしまったのです。

薩摩藩同様、外国の軍事力の高さを思い知った長州藩もやはり攘夷は不可能と悟りますが、長州藩にはさらに過酷な現実が待っていました。攘夷は攘夷でもあまりに過激な長州藩の動きはさすがの朝廷も手を焼き、八月十八日の政変によるカウンタークーデターを受けて長州藩は京都を追い出されてしまったのです。

攘夷論から尊王攘夷論へ、尊王攘夷論から倒幕へ

image by PIXTA / 53674290

長州藩滅亡の危機

京都を追われた長州藩は、朝廷への信頼回復のため再び京都に向かいました。しかし朝廷はこれを相手にせず退去を要求、受け入れない長州藩に対して京都を警護していた会津藩や薩摩藩と戦闘になってしまい、1864年に起こったこの戦いは禁門の変と呼ばれています。

そして長州藩は禁門の変でも敗北、それどころか朝廷の敵……すなわち朝敵とみなされてしまったのです。尊王攘夷の思想を持つ長州藩は天皇を大切に考えていましたが、攘夷の思想が過激すぎることで、尊敬すべき天皇からも嫌われてしまいました。

さて、そんな長州藩の衰退を好機と捉えたのが幕府です。これまで攘夷の思想で開国を反対していた長州藩の考えは反幕府とも受け取れたため、弱った長州藩をこの機会に滅ぼしてしまおうと企みました。そこで幕府は朝敵を征伐する名目で、長州征討を実行したのです。

坂本龍馬の功績・薩長同盟

下関戦争、八月十八日の政変、禁門の変、長州征討、これらがほぼ同時期に起こったことで長州藩は滅亡の危機に晒されますが、そんな長州藩の未来を変えたのが坂本龍馬でした。力を失いつつある幕府に対して倒幕ムードが広まっていき、坂本龍馬は雄藩である薩摩藩と長州藩の同盟締結を考えます。

とは言え、薩摩藩と長州藩は禁門の変で衝突しており、長州藩にとって薩摩藩の存在は朝敵とみなされることになった要因でもあるのです。このため両藩は犬猿の仲、そこで仲介として行動を起こしたのが坂本龍馬であり、関係修復を成功させて1866年に薩長同盟を結びます。

薩長同盟によって力を取り戻した長州藩は、幕府による再びの長州征討を返り討ちにして勝利しました。これが幕府の力が低下したことを示す決定的事実となり、こうして長州藩もまた倒幕を考えるようになるのです。こうして攘夷論の思想は尊王攘夷へと発展、さらに倒幕の考えを生むことになったのでした。

丸暗記よりも漢字に注目すると覚えやすい!

攘夷論は外国を打ち払う思想であり、江戸時代においては公武合体論や尊王論などの思想も広まりました。攘夷論を含め、こうした思想を覚えるには漢字に注目すると覚えやすいですよ。攘夷論の「攘」とは「はらう」とも読み、「夷」は異民を示す「蝦夷」の文字が使われていますね。

「異民を攘う」……すなわち「外国を打ち払う」の意味で「攘夷論」になります。さらに「王である天皇を尊ぶ」の意味で「尊王論」、「公武合体論」は「公」が公家である朝廷、「武」が武士である幕府を示しており、つまり「公武合体論」とは朝廷と幕府が協力する意味になるのです。

" /> 江戸時代に広まった思想「攘夷論」を元塾講師が分かりやすく5分でわかりやすく解説 – Study-Z
幕末日本史歴史江戸時代

江戸時代に広まった思想「攘夷論」を元塾講師が分かりやすく5分でわかりやすく解説

今日は攘夷論について勉強していきます。現代でも何らかの思想が広まることがあり、いわゆるそれは「考え方のブーム」とも言えるかもしれない。そして、江戸時代に広まった思想が攘夷論です。

攘夷論とは日本から外国を撃退して追い払う排外思想であり、尊王攘夷の思想もまたその考え方に含まれる。さて、今回はそんな攘夷論について日本史に詳しいライターリュカと一緒に解説していきます。

ライター/リュカ

元塾講師で、現役のライター。塾講師とライター業に共通して「わかりやすい伝え方」に定評がある。今回は得意分野のひとつである「歴史」から攘夷論をわかりやすくまとめた。

水戸学から誕生した攘夷論

image by PIXTA / 53212503

水戸学の流行と影響

江戸時代、水戸藩と中心として朱子学の影響を受けた水戸学が盛んになって広まります。水戸学は国学や史学など、元々は日本の文化や伝統を学ぶための学問として誕生しますが、やがては水戸藩に限らず全国の藩校での教育に取り入れられ、そのため水戸学の教えは幕末の志士達に大きな影響を与えるものになりました

そんな水戸学には「欧米諸国は卑しむべき夷人であるため、日本列島にその力が及んだ場合直ちに打ち払って排除すべき」の教えがあり、例えるなら日本に広まったキリスト教の弾圧と似たような考えでしょう。そして、1820年代になると水戸学における攘夷論が確立します。

攘夷の「攘」とは払い除く、「夷」とは蝦夷を由来に異民族を示しており、つまり攘夷論は文字どおり外国を払い除いて日本から排除しようとする思想でした。江戸幕府もまた確立した攘夷の思想に基づく行動をとっており、代表的なものとして1825年に制定した異国船打払令が挙げられます。

攘夷論と尊王論が結びついた尊王攘夷論

攘夷論が広まる一方、日本では国学が発展していきますが、その中で日本は神の国であるとする政治思想が力を増していきます。そこで力を得たのが尊王論であり、王者を尊敬する……すなわち「天皇を尊ぶ」という考え方です。尊王論は元々中国の儒教から生まれた思想でもありました。

外国勢力の脅威がある中で思想とされた攘夷論、日本は天皇を尊ぶべきとした思想である尊王論、そして、それぞれの思想が結び付いた末に生まれた新たな思想が尊王攘夷論であり、幕末において倒幕派が支えとしていたのがこの尊王攘夷論です。

最も、日本は1639年から後に鎖国と呼ばれる幕府の対外政策によって外国の交流を絶っていたため、攘夷論がいくら支持されてもそれが行動として移される機会はそうそうなかったでしょう。そんな状況の中、日本で攘夷論が急激に発達するきっかけとなったのが1853年のペリーの黒船来航でした。

攘夷論が広まるきっかけとなった開国

image by PIXTA / 29146395

不平等条約に対する外国への怒り

1853年、黒船で日本にやってきたペリーは日本に開国を要求、翌1854年に日本とアメリカが日米和親条約を結んだことで日本は開国します。このため、これまで続けてきた鎖国が終わり、下田と箱館の港を開港したことで外国との交流が生まれました。これをきっかけとして1858年にはハリスと日米修好通商条約を結びますが、これが攘夷論をより強めることになります。

日米修好通商条約は日本にとって不平等条約でした。貴重な金や銀における変換比率の国内・国外差の問題から流出を招き、さらに外国製品の輸入によって日本製品が売れ行きが低下、日本の経済にマイナス効果をもたらします。これによって人々の生活が苦しくなり、各地で一揆や打ちこわしが起こりました。

生活が苦しくなった原因は日米修好通商条約の締結にあり、そのため人々は外国を嫌うようになります。このため外国を打ち払う攘夷論が広まっていき、またこのような不平等条約に対して天皇に無許可で締結した幕府に対しても不満が高まっていったのです。この問題は、後に江戸幕府が滅亡する要因にもなるのでした。

\次のページで「尊王攘夷派に対する弾圧の代償」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: