英語の熟語

【英語】1分でわかる!「if … should ○○」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「if…should ○○」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「仮に…がVするとしたら」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC940点で、現役の翻訳者であるライターShioriを呼んだ。一緒に「if…should ○○」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/greenforest

幼少期をインターナショナルスクールで過ごす。大学留学と海外勤務経験を経て身につけた「生きた英語」を紹介する。

熟語「if…should ○○」の意味は?

image by iStockphoto

「If…should○○」の意味は「仮に…がVするとしたら」です。詳しくみていきましょう。

意味その1 「仮に…がVするとしたら」

「仮に…がVするとしたら」という意味をもつ「If…should○○」。ニュアンスとしては「ないだろうけど、万が一する場合は」です。起きる可能性がとりわけ低い事柄に対して使います。例文をみていきましょう。

If he should call me, let me know.
万が一彼から電話がかかってきたら、教えてくださいね。

If it should rain tomorrow, our wedding party would be canceled.
仮に明日雨が降ったとしたら、結婚式は中止するだろう。

If I should win a lottery, I would quit my job.
仮に宝くじが当たったとしたら、仕事をやめるでしょう。

If she should come back, please call me as soon as possible.
万が一彼女が帰ってきたら、すぐに連絡をしてください。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

なるほど。可能性がないとは言い切れないけど、起こる場合が少しでもある時に使うことができるニュアンスなんだな。また、「If…should○○」を使った場合は、例文のように不確実性を表す「would」を使うと良いみたいだ。次に言い換え表現をみていこう。

熟語「if…should ○○」の言い換えや、似た表現は?

「If…were to○○」を使うと、言い換えることができます。意味は「If…should○○」と同様に「仮に…がVするとしたら」ですが、ニュアンスが異なります。詳しくみていきましょう。

\次のページで「言い換え例:「If…were to○○」を使った言い換え」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: