英語の熟語

【英語】1分でわかる!「get into …」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「get into …」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「〜の中に入る」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC880点で、現役の大学生であるライターTakaosushiを呼んだ。一緒に「get into …」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/Takaosushi

英語を勉強することが好きで英語科に通う大学3年生。英語を言語学としても勉強する筆者が詳しく解説していく。

熟語「get into …」の意味は?

image by iStockphoto

「get into …」は直訳で「〜の中に入る」という意味ですが、そこから派生して「(困難や争いに)足を踏み入れる」「(組織に)参加する」「〜に熱中する」「(習慣や癖などを)身につける」と、たくさんの意味があります。日常会話でよく使われるカジュアルな表現です。

それぞれ例文を使って詳しく解説していきます。

意味その1 「〜の中に入る」

「〜の中に入る」とそのままの意味で使われることももちろんありますし、「〜に入学する」「〜に参加する」という「組織の中に入る」という意味で使われることもあります。また、「揉め事などの中に入る=足を踏み入れる」という比喩的な意味で使われることもある表現です。

それでは例文を見ていきましょう。

I hate to get into a crowded train.
私は混雑した電車に乗り込むのが本当に嫌いだ。

My sister got into a company this spring.
この春私の姉は就職した。

We got into a big fight.
私たちは大喧嘩した。

意味その2 「〜に熱中する」

また「get into …」には「〜の中に入る」という意味から派生して「〜にのめり込む」=「〜に熱中する」「〜にハマる」という意味もあります。日常会話ではこの意味で使われることが多いです。うしろには名詞または動名詞がきます。

それでは例文を見ていきましょう。

I’ve been getting into cooking.
私は料理にハマっている

My brother got into video games.
私の弟はテレビゲームに熱中していた。

I got into potato chips.
私はポテトチップスにハマった。

\次のページで「熟語「get into …」の言い換えや、似た表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: