この記事では英語の熟語「be going to ○○」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「Vすることになっている」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC915点で、海外経験も多いライターさくらを呼んです。一緒に「be going to ○○」の意味や例文を見ていきます。

ライター/さくら

子供の頃から海外に興味を持ち、大学は英文科へ。留学、ワーキングホリデー、海外ボランティアなど8年以上の海外経験を持ち、三ヶ国語を話す。日常会話で使う表現を得意とする。

熟語 「be going to ○○」の意味は?

image by iStockphoto

「be going to ○○」の形をみてみると、進行形「be ~ing」ですね。これは現在行っている動作だと学校で習ったと思います。動詞は「go」で「行く」「向かう」などの意味、「to」の後は動詞ですので、「be going to ○○」で「〇〇する方向に向かっている」ということです。物事がすでにそうなるように動き出しているということですね。

ここでひとつ注意するのは、「to」の後は動詞の原形だということ。「I'm going to school」など、名詞になっている場合はそこへ行くことですので別の意味になりますよ。

意味その1 「まさに〇〇しようとしている」

今まさに何かをしようとしているところ、すでに〇〇しかかっているというように、行動を始める直前の状態です。ただやろうと思っていただけでなく実際に行動を起こすところだ、という時に使います。

I was going to call him when the phone rang.
電話が鳴ったとき、私はまさに彼に電話しようとしたところだった。

"Have you finished your homework?" "I'm just going to do it now!"
「宿題終わったの?」「今やるところだよ!」

意味その2 「〇〇するつもりだ」

〇〇するという予定や意志を表すこともあります。そうしようかどうか迷っている場合などではなく、確実にそうすると決めていてそのために既に準備をしているなどの場合ですね。

We are going to eat curry for dinner.
私達は夕食にカレーを食べるつもりだ。

I'm going to become a doctor like my father.
私は父のように医者になるつもりだ。

\次のページで「意味その3 「〇〇しそうだ」」を解説!/

意味その3 「〇〇しそうだ」

状況から判断して将来そうなる可能性が非常に高いと思われるときに使います。例えば天気予報で降水確率は90%、実際に空が曇ってきて今にも降り出しそう、というときなどです。

It looks like it's going to rain.
雨が降り出しそうな様子だ。

She looked as if she was going to cry.
彼女はあたかも泣き出しそうに見えた。

熟語「be going to ○○」の言い換えや、似た表現は?

「be going to ○○」と同じような意味で使える表現として、「be about to」があります。日本語にすると似たような訳になるのですが、少しニュアンスが異なりますよ。例文を交えて詳しくみてみましょう。

言い換え例:「be about to」を使った言い換え

「about to」は「まさに〇〇しようとしている」という意味です。主にその1やその3の意味で言い換えることができますが、「be going to ○○」よりももっと近い未来のことを表し、「まさに今、この瞬間」というニュアンスがあります。ちなみに口語の否定文で使う時は「〇〇するつもりがない」という意味にもなりますよ。

The ceremony is about to begin.
式典がまさに始まるところだ。

She looked as if she was about to cry.
彼女はあたかも泣き出しそうに見えた。

I'm not about to forgive him.
私は彼を許すつもりはない。

\次のページで「熟語「be going to ○○」を使いこなそう」を解説!/

熟語「be going to ○○」を使いこなそう

この記事では熟語「be going to ○○」の使用例や、他の表現での言い換えパターンを説明しました。「be going to ○○」の意味はもっと細かいニュアンスで分けることもできるのですが、いずれの場合もコアとなるのは「その行動に向かって進み始めている」というイメージです。たくさんの意味を覚えるよりもまずはイメージやコアとなる意味をつかむこと。効率よく学習していきましょう。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
" /> 【英語】1分でわかる!「be going to ○○」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語 – ページ 2 – Study-Z
英語の熟語

【英語】1分でわかる!「be going to ○○」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

意味その3 「〇〇しそうだ」

状況から判断して将来そうなる可能性が非常に高いと思われるときに使います。例えば天気予報で降水確率は90%、実際に空が曇ってきて今にも降り出しそう、というときなどです。

It looks like it’s going to rain.
雨が降り出しそうな様子だ。

She looked as if she was going to cry.
彼女はあたかも泣き出しそうに見えた。

熟語「be going to ○○」の言い換えや、似た表現は?

「be going to ○○」と同じような意味で使える表現として、「be about to」があります。日本語にすると似たような訳になるのですが、少しニュアンスが異なりますよ。例文を交えて詳しくみてみましょう。

言い換え例:「be about to」を使った言い換え

「about to」は「まさに〇〇しようとしている」という意味です。主にその1やその3の意味で言い換えることができますが、「be going to ○○」よりももっと近い未来のことを表し、「まさに今、この瞬間」というニュアンスがあります。ちなみに口語の否定文で使う時は「〇〇するつもりがない」という意味にもなりますよ。

The ceremony is about to begin.
式典がまさに始まるところだ。

She looked as if she was about to cry.
彼女はあたかも泣き出しそうに見えた。

I’m not about to forgive him.
私は彼を許すつもりはない。

\次のページで「熟語「be going to ○○」を使いこなそう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: