英語の熟語

【英語】1分でわかる!「sort of …」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

意味その3 「ちょっと」「大体」

あまり大したことがない、小規模であるということを表現するときにも「sort of」が使われます。この場合の「sort of」には、つなぎ言葉程度の意味しかありません。訳す時は「ちょっと」「大体」「どちらかというと」というようなイメージでいいでしょう。

I’m sort of tired today.
今日はちょっと疲れた。

I sort of get it.
なんとなくわかります。

It’s sort of embarrassing to read this book.
この本を読むのは、ちょっと恥ずかしい。

熟語「sort of …」の言い換えや、似た表現は?

「sort of …」とほぼ同じ意味で使われる熟語に「kind of …」があり、たいていの場合は言い換え可能です。また「一種の…」という意味なら「type of …」を使っても言い換えができます。

言い換え例:「kind of …」を使った言い換え

「kind of …」を使うと、言い換えることができます。「kind」には「親切な」という以外に「種類の」という意味があり、使い方もほぼ「sort」と同じです。「sort of …」はイギリス人が好んで使うのに対し、「kind of …」はアメリカ人が好む傾向があります。

「一種の…」、「まあ、そんな感じ」、「ちょっと」の3つの意味ですべて言い換え可能です。

I don’t wear this kind of clothes.
私はこんな感じの服は着ない。

Are you all right?
大丈夫?
Kind of.
まあね。

I’m kind of sleepy now.
今ちょっと眠い。

\次のページで「言い換え例:「type of …」を使った言い換え」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: