化学理科生活と物質

3Rについておさらい!リデュース・リユース・リサイクルってなに?現役講師が教えます!

よぉ、桜木建二だ。今回はごみ問題に関する話題の時によく出てくるキーワード「3R」について学んでいこう。

最近始まったことではないが、世間では環境問題に対する課題が日々議論されている。大きな自然災害も増え、災害ごみの問題などが頻出する今だからこそ、復習しておきたいキーワードだ。

今回は、環境問題についての講義に力を入れている現役講師のオノヅカユウを招いた。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

3Rとは

3Rとは

image by Study-Z編集部

3Rとは、「リデュース(Reduce)」「リユース(Reuse)」「リサイクル(Recycle)」の3つのアクション(行動)のこと。いずれもRから始まっている単語であることから、3Rとまとめられています。

3Rはごみ問題に対して私たちが心がける行動、実際にできるアクションをわかりやすくまとめたキーワードです。政府の環境政策などでも盛んにもちいられていますよね。以下に3Rのそれぞれについて詳しく見ていきましょう。

リデュース(Reduce)

リデュース(Reduce)は「減らす」を意味する言葉。ゴミの量を減らすためのアクションのことを指します。買い物をした時にもらうビニールの袋や、使い捨てのプラスチック製スプーンなど、最終的にゴミになってしまうような余計なものはもらわない、などの行動がこれに当たるでしょう。

image by iStockphoto

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ときには「使い捨て容器に入った製品のほうが安い」という場面も少なくないが、それを基準に買い物をしていては、減るゴミも減らない。国や自治体が率先して、“地球にやさしい製品を選んだ消費者が得をする社会”を確立することが急務だろう。

工業製品をつくって販売するようなメーカーでは、過剰な包装をなくすことや原材料のロスを減らすように製造工程や設備を見直すことなどがあげられます。どれも限られた資源だということを意識し、無駄を少しでも減らせるようにしていかなくてはいけませんね。

今日からできるリデュース(Reduce)

・買い物の際にはマイバックを持参する

・お店がつけてくれる使い捨てのスプーン、フォーク、ストローなどは断る

・簡易包装されている製品を選ぶ

・詰め替え容器や量り売りなどの製品を利用する

・ペットボトルの飲料を買わず、水稲やタンブラーを持ち歩く

・ネット通販などでは、購入時に「簡易包装で構わない」「複数商品を同梱してほしい」などの連絡をする

・シェアリングサービスを利用し、1つのものをみんなで使う

・新しいものを買う時には、壊れにくいもの、長期間使えるものを選ぶ

次のページを読む
1 2 3 4
Share: