世界史

修道士でありながら戦う騎士だった「テンプル騎士団」を戦国通のサラリーマンが徹底解説

よぉ、桜木建二だ。欧米諸国では約1000年頃から約1900年頃にかけて多数の騎士団を創設されていたようだ。騎士団と名付けられているが、元々は修道士達の集まりでローマ教皇に認可されていた騎士団と修道会を模して王族によって作られた騎士団が存在するようだな。

今回はローマ教皇に認められた世界で始めて結成された騎士団を歴史マニアでもある歴史ライターのwhat_0831と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

what_0831

ライター/what

騎士団といえば真っ先に出てくるテンプル騎士団について、細かく調べ上げて紹介していく。

テンプル騎士団の前身

image by PIXTA / 13601709

テンプル騎士団の始まりは、前身である第一回十字軍の軍事行動によって結成されることになります。まずは全身となった第一回十字軍について紹介していきましょう。

西欧を巻き込んだ騒動

十字運動となる前にカロリング朝が、後の初代ローマ法皇となるカール大帝とフランス国王カールマンによって分裂したことでカトリック教徒とイスラム教徒に分かれることになりました。イスラム教徒になったのは、ヴァイキングとマジャール人。これによって西欧のカトリック圏は一時的に落ち着きを見せていました。

民が十一世紀に増加し始め大聖堂や新都市周辺へ移住し信仰熱が、向上していくと共に聖堂周辺の遺跡物の収集や発掘をするなどしてエルサレムなどへの巡礼する人が多数押し寄せます。ところが信仰に白熱するあまり、非カトリック教徒に向けて動き出し侵略や略奪などを行い経済的なところに目を付けていきました。

またヴァイキングと古代総主教庁に関係する正教会がシチリア半島を巡り争い出すと多くの国々でイスラム教徒派とカトリック教徒派が争い、西欧からイスラム教徒が駆逐されていきます。第一回十字軍が始まるより前に、教徒同士の争いが激化し始めていた状況でした。

十字軍の結成

十字軍の発端となったのは、聖地エルサレムを奪還するために西欧諸国とイスラム諸国の間に位置していた東ローマ帝国のコムネノス皇帝がローマ教皇のウルヌバス二世に領地占領されたことで救援依頼したことから結成されたようです。また間に位置していたこともあり俗権力の下に正教徒が二つに分かれていて隣国から圧迫されていた状況でした。

ウルヌバス二世が救援を快く引き受けてくれ、教会を合同することを目的として1095年からフランス中南部を渡り歩き自分の意見を広めていき十字軍派遣の構想を練っていきます。フランスに滞在しているところでウルヌバス二世が重大な発表があるといい民衆を集めイスラム教徒からエルサレムを奪還していくことを訴えていきました。

その訴えがフランス人達に届き行動に参加する者は、天において報われるといい軍事行動で命を落としたとしても免償が与えられたようです。ウルヌバス二世の行動によってフランスの民衆が賛同し大きな反響を得ることになりました。

エルサレムを包囲し奪還

image by PIXTA / 48895804

諸侯により十字軍の活発な活動とニカイア包囲網やエデッサ攻略を経て、最後の戦いとなるアスカロンの戦いへ発展していきます。戦いを制圧していきエルサレムを目指し進軍していた十字軍でしたが、ファーティマ朝と交渉を重ねていくも双方の合意とはならず交渉が決裂しました。交渉決裂によって十字軍はパレスチナまで進軍しエルサレム陥落させると、ファーティマ朝の大軍がエルサレムへ向かっている情報掴みエルサレムで守りを固めていきます。

ファーティマ朝の軍勢は約五万もの大軍で対する十字軍は多くても一万ほどの兵力しかありません。しかし近くにいた動物の集団が十字軍の後方に、付いてきたことで軍勢が大きく見えることになりファーティマ朝を混乱させることに成功しました。

偵察によりファーティマ朝の宿営地を発見し九部隊に分けて進軍し攻撃を開始していきます。ファーティマ朝は攻撃の準備が整っていない状態で、攻められたため主要部隊の出番がないまま十字軍に追い詰められ潰走していきました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

エルサレムの包囲した時には、劣勢に陥っていた十字軍だったが旧約聖書に記されている故事をなぞらえてペトルス・デジデリウスが城壁が崩壊する幻を見たといい城壁をくまなく確認したところ弱点を発見し勝利を収めるきっかけになったそうだ。ただ戦いは非常に残酷だったようで、エルサレムに侵入した十字軍はエルサレムの中にいる人々を見境なく虐殺したとされ城内に死者で溢れかえり死者の地は人の膝ぐらいまであったとされているようだ。

大騒動成功

十字軍の目的だったエルサレムの奪還とキリストの墓を再び取り戻したことによって、ウルヌバス二世の目的は達成することになりました。この騒動を終えた後に、戦いに参戦しなかった兵は嘲笑れ非難され破門に追い込まれる者までいたようです。戦いに参戦した兵達は沢山の富を手にした形で母国へ戻り優雅に暮らしていくことになりました。

目的を果たしことで、不満を持っていたエティエンヌ二世らによって千百一年十字軍が結成されエルサレムを目指し戦いを挑んでいくもセルジューク連合の前で惨敗し壊滅していきます。ラムラの戦いで敗死してしまったエティエンヌ二世。生き残った兵は、ダマスカス王ドゥカークと連合軍を組んでトリポリ港を攻撃をしていきましたがトリポリ領主に怨みがあったため十字軍を目にすると撤退していきました。残されたトリポリ軍は大敗となり、生き延びたレーモン・ド・サンジルが後のエルサレム上陸拠点となるトリポリ伯国を建設します。

エルサレムに到着した十字軍の騎士や兵はエルサレムの守りを固めていき、騎士修道会を組織していった中にテンプル騎士団が組織されていきました。

テンプル騎士団組織

image by PIXTA / 10654810

二つの教徒が争った結果は、キリスト教徒を支持する十字軍が勝利を収めたことによりテンプル騎士団が組織されていきます。

九人の騎士

第一回十字軍の活動で富を得た騎士や兵は、満足して母国へ帰還してしまいエルサレムでは少数の騎士や兵しか残されておらず慢性的に防衛する兵力が乏しい状況に陥っていました。そこでこの状況を一変させるべく、聖地エルサレムの守護を唱えたユーグ・ド・パイヤンによってゴドフレー・ド・サンオメールを始めとする九人のフランス人騎士がエルサレムに集い組織されたことがテンプル騎士団の始まりとされています。

テンプル騎士団の目的は、巡礼者の警護を目的とした修道会で活動を始めていき聖アウグスチノ修道会の規律を守って生活していくことを誓っていきました。テンプル騎士団と名付けられたのはエルサレム王国のボードゥアン二世が神殿の丘を宿用地として、与えられたころからテンプル騎士団の名と呼ばれていたとされています。

テンプル騎士団の組織より以前に聖ヨハネ騎士団が1113年に設立されており、設立者のユーグ・ド・パイヤンは聖ヨハネ騎士団を見習い騎士修道会としての認可を得るべく様々な人達に働きかけしていきました。

騎士修道会の認可

活動を始めたものの、正式な認可をされた騎士修道会ではなかったためローマ教皇を承諾を得なければ公に認められませんでした。そこでユーグ・ド・パイヤンは宗教界に大きな影響を与えていた聖ベルナルドへローマ教皇へのとりなしを依頼していきます。説教師として優れた素質があった聖ベルナルドに会うべく各地から多数の人が訪れて世俗世界に深く関わっていきローマ教皇に就任したばかりのホノリウス二世ですら助言を求めていました。

聖ベルナルドが1128年に参加していたトロワの司教議会に参加していた時に、テンプル騎士団の組織に尽力したとされ議会の場でホノリウス二世が認可したことにより1128年に正式な騎士修道会として認められます。十一世紀頃はヨーロッパの貴族同士が聖地のために、貢献したいといったこととフランス国王ルイ六世からも寄進されたことでテンプル騎士団へ多くの人達が入会しました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ローマ教皇のイノケンティウス二世が、国境の自由や課税の禁止など多くの特権を与えられていた修道会へとなっていったようだな。

再び十字軍の集結

テンプル騎士団を組織した直後に十字軍の国家だったエデッサ伯領を失ったことで、奪還するためにローマ教皇のエウゲニス二世が再び十字軍を集めるべく各国へ呼びかけを行いました。またエウゲニス二世だけでなく聖ベルナルドも各国へ渡り十字軍へ加わってもらうべく、説教を行いフランス王・ドイツ王・ローマ皇帝らの参加を得ることに成功します。

多くの王国や貴族が、集結して結成されましたが目的が曖昧だったことに加えそれぞれの王国でバラバラで行動していき前回のような十字軍ではありませんでした。そのため団結した行動にはならず攻撃対象が不明だったことで主だった戦果は挙げられずに解散していきます。この時に発生したダマスカスにてルイ七世を救出する戦功を挙げ広大な土地を手に入れました。

非難されていく騎士団

修道士とされながらも、勇猛果敢に戦い地位も名誉も手に入れていく存在として名を轟かせていくも徐々に与えられた特権に非難の声が上げられていきました。

経済基盤を構築

戦功を挙げてきた騎士や従士と、影で騎士団を支えていく修道士とテンプル騎士団の中で役割を分けられていました。テンプル騎士団は入会してくる人達からは入会料を取り護衛をしたことでも報酬を得ていきます。

また巡礼を行う人に対して、現金を持ち歩かせると危険が伴ったため手形を発行するなど現代でいう銀行の貸付のようなサービスまで行っていました。このような行動によって莫大な資金を抱えていくと同時に、特権を利用し組織を拡大させていきます。

更に広域の土地に農園やブドウ畑を作り、収入を生み出し自給自足の生活も行い島すらも保有する巨大組織となっていました。

騎士団の名誉失墜

莫大な富を所持していたテンプル騎士団でしたが、アイユーブ朝のサラディンによって十字軍勢力下の国々に攻撃を受けていました。総長を務めていたジェラールは幾度もサラディンと戦い、敗北をしてしまい最後にはジェラール本人が投降し捕虜となります。

ジェラールの行いがテンプル騎士団に泥を塗ったことで、徐々に力を失いジェラールが討たれると名を轟かせていたテンプル騎士団は威信を失っていきました。

十字軍の敗北

アイユーブ朝からマムルーク朝へと支配が変わりアシュラフの侵攻でエルサレム王国のアッコムが陥落すると、聖地周辺の足掛かりを失っていき軍事活動が出来なくなっていきました。聖ヨハネ騎士団を筆頭に騎士団を存続させるために目的を必死に探していくことになりますが、ローマ教皇に特権と資産を与えられていたテンプル騎士団は危機を全く感じていない状態です。

十字軍はルイ九世が主導となり、チュニジアを供給基地にするべくハフス朝を勢力下に収めようと動くも病気などが蔓延したこととルイ九世が没落。戦況が不利となったことで和睦を結び跡目をついだフィリップ三世は自国へ戻りシチリア王シャルルはイングランド国王のエドワード一世と十字軍を結成し聖地奪還を目指していきます。

エルサレム崩壊

image by PIXTA / 45378135

再び十字軍を結成しエルサレムの奪還を目指していたフィリップ三世は、制圧されたアッコンへ向かうも主だった戦果を挙げることが出来ずに撤退を余儀なくされてしまいます。その後、十字軍国家の支配は縮小していき1289年にトリポリ伯国が陥落してしまいました。

残されたアッコンでテンプル騎士団と聖ヨハネ騎士団も加わり防衛するも、アッコンは陥落してしまいます。これにより完全に聖地を失い十字軍国家は崩壊していきました。十字軍国家が崩壊しても独自の勢力を保っていたためエルサレムの拠点を失いはしましたが、保有していたキプロス島へ移転するだけで済んでいます。

エルサレム奪還に動く

当時新任総長だったジャック・ド・モレ―は、欧州各地を巡りエルサレムを奪還を目指した十字軍を再編することを目標にローマ教皇のボニファティウス八世と交渉を行っていきました。この動きによってボニファティウス八世から認可され各国の王族からも引き続き特権を約束されることになります。

聖ヨハネ騎士団も同じくテンプル騎士団と共にエルサレムを奪還を目指し1299年に、マムルーク朝へ攻撃を仕掛けいくも大きな戦果は挙げられず逆に返り討ちに会ってしまいました。負けても尚、莫大な富や土地を保有していましたが軍事的役割を失いつつある状態となっていきます。

フランス王によって消え去り逝く騎士団

教皇によって統治されていた国々でしたが、フランス王のフィリップ四世による新たな政権作りがきっかけとなり騎士団は壊滅へと追い込まれていくことになりました。

フィリップ四世

第八回十字軍の主導者に位置していたフィリップ三世が亡くなり、フィリップ四世が跡目を継ぎ即位しました。国政の傀儡として扱われていたフィリップ三世とは違い、ローマ教皇が統治していましたが十三世紀に入ると徐々に弱まり始めてフィリップ四世はローマ教皇に代わって君主権の強化を図っていきます。

また聖職者に代えてレジストと呼ばれる法曹家を集め官僚制度の強化に努め、中央政権を進めていき近代国家の先駆けの国づくりをしていきました。その反面でフランス国の金庫役を担っていたテンプル騎士団はフィリップ四世の財政難を手助けしていたようです。

フランス王と教皇の対立

勢力拡大を目指していたフィリップ四世は、度重なる戦いで戦費を使い込んでいた状況で軍資金を得るためにフランス国で始めて課税を実施し課税対象はキリスト教会にまで及んでいました。この課税によって教皇至上主義を掲げていたローマ教皇の教皇ボニファティウス8世とより対立を深めていく関係となっていくフィリップ四世。

課税は教皇の大きな痛手となっていましたが、1300年に行われた盛大な祭典を行いローマには多数の巡礼者で溢れかえりその場で教皇こそ地上に置いて最大の権力であるといいフィリップ四世すらも従えようと思っていました。しかしフランス国民の支持を得るために三身分からなる三部会をノートルダム大聖堂に設けて国益を宣伝していくと国民がフィリップ四世を支持し始めていきます。

両者が取った行動によって二人の関係は破綻し、フィリップ四世は配下を使いボニファティウス8世の生まれ故郷で捕縛したものの故郷のアナーニ市民によって救出されましたが精神が病んでしまい亡くなってしまいました。

新教皇の誕生

次なるローマ教皇はフィリップ四世の息のかかった大司教クレメンス5世がその座に就き、フランス王国の強い影響力下に置かれることになりました。更に拠点をローマからアヴィニョンへと移しフランスの影響力が強い場所で教皇権を行使していきます。

課税しても慢性的な財政難となっていたフィリップ四世は、教皇庁への献金を禁止しユダヤ人を一斉に追放し資産を押収してしまいました。強引な手段に出てきましたが、更なる資金を求めて莫大な富を持つテンプル騎士団へ目を付けていきます。

戦費が大きくなっていた頃に、テンプル騎士団から資金を借用していたものの責務の取り消しを図ろうとフィリップ四世はテンプル騎士団と聖ヨハネ騎士団を合併させ自らが主導者に座ろうと考えていきました。

処刑されゆく騎士団員

image by PIXTA / 49889000

フィリップ四世は早速自身の考えていた話を、ジャックに提案するもジャックは拒否をしました。拒否されても何とか資産を没収する方法を考えると、ローマ教皇だけが認可することが出来る異端審問方式を用いて半強制的に有罪へと持ち込もうと考えていきます。既にローマ教皇はフィリップ四世によって動かすことが可能だったため、入会儀式とされていたソドミー行為と悪魔崇拝行為の容疑をかけられ裁かれることになりました。

1307年10月13日に前触れもなく団員を一斉に逮捕し異端審問が開かれるも審問官は、全てフィリップ四世の息のかかった人達ばかりで汚名を着せられたばかりかしてもいない行いまで自白しない場合は拷問を行っていきます。そしてキリスト公会議でテンプル騎士団の禁止を決し資金を没収された後に、口封じのためにジャックを含む指導者四人を生きたまま火刑によって処されました。こうして生き残った騎士団員は、テンプル騎士団から離脱していき活動することはありませんでした。

無理やり崩壊させられた騎士団

テンプル騎士団を名乗り始めてからは、多くの戦で戦果を残し一国に匹敵する勢力を築き上げていましたが騎士や兵はそこまで数多く在籍していたわけではなく修道士が財務関連の管理をしていたからこそ島を保有することもできたのでしょう。勿論ではありますが、前線で活躍する人が居てこそ評価された部分もあると思います。少ない数ではあるものの上級騎士を筆頭に鍛錬を行い鍛え上げた精鋭であったからこそ中世最強といわれていたのでしょう。

持ち過ぎた力は永遠ではなくフランス国王によって、テンプル騎士団を崩壊させられてしまい汚名を着せられた修道会として数百年の間非難されてしまいましたが十九世紀頃に歴史学者とカトリック教会が汚名を晴らし無実の罪だったとして資料を大勢の人に配布しました。今もなおテンプル騎士団の名は多く使われ、馴染み深い存在になってきたと個人的に思いつつも何が起きたかはその時代に行かなく分からないでしょう。そして最後の最後まで自白をせずに騎士団を守ろうとしたジャックの気高き心を見習いたいです。

Share:
what_0831