世界史

【中国史】世界三大美女の一角「楊貴妃」その一生を中国史マニアがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今日は『世界三大美女』の一人である「楊貴妃」について、勉強していこう。

唐の時代に生まれた彼女は、皇帝の寵姫となり、その扱われ方は正妻である皇后と肩を並べるほどであったという。あまりの美しさから、国を傾かせ、ついには『安史の乱』の原因になってしまったと現代に伝わっている。本当に美貌のみで戦争の原因になってしまうだろうか?彼女には様々な逸話が残されているが、その最期はどんなものだったのだろうか。そんな「楊貴妃」の一生をわかりやすくまとめておいた。

年間100冊以上を読む読書家で、中国史マニアのライターKanaと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/Kana

年間100冊以上を読破する読書家。現在はコーチ業に就いており、わかりやすい説明が得意。中国史マニアでもあり、今回は「楊貴妃」について、わかりやすくまとめた。

「楊貴妃」の生まれ、幼少期、そして美貌

広仁王廟(五竜廟)
猫猫的日记本投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, リンクによる

 世界三大美女、そして中国四大美女の一角を成す「楊貴妃」(ようきひ)は、719年6月に生まれました。生まれた日は、1日という説と、22日という説があります。

 『蒲州』(ほしゅう)『永楽県』(えいらくけん)で、蜀州司戸の「楊玄琰」の四女として生まれました。しかし、幼い頃に両親が他界し、そのまま叔父の「楊玄璬」の家で育てられたといいます。

 当時の高貴な身分のものは、気軽に名前を出してはいけないという通説通り「楊貴妃」という名も、本名ではありません。「楊」というのは苗字、「貴妃」とは彼女の身分をさしていました。

 本名は「楊玉環」といい「玉環」が本名ということになるのです。

幼少期の「楊貴妃」の逸話、3選

 「楊貴妃」には、幼い頃より様々な逸話が残されています。まずは3つ、勉強していきましょう。

 その1.「楊貴妃」の未来を山に住む仙人が当てた!?

 ある日、山に住んでいた仙人「張」が、「楊貴妃」の人相を見ると「この娘は、将来玉の輿に乗るであろう、それは皇后と同等のものである」と予言、また従兄の「楊国忠」(ようこくちゅう)を見ると「この子もまた、朝廷の大権を握るであろう」と告げたそうです。

 その2.「楊貴妃」の涙は、紅かった!?

 「楊貴妃」の両親が他界したとき、彼女は紅い涙を流しました。その日は、寒い日であったため、彼女の紅い涙は凍ったというのです。美女が流した涙が紅く凍ったとあれば、それは宝石のような美しさでしょうね。

 その3.その美しさは香りまで放っていた!?

 「楊貴妃」は、実は「楊一族」の養子だという逸話もあり、彼女の生誕の時絡みの逸話もたくさんあります。生まれながらに玉環を持っていたため「玉環」という名がつけられたというものや、本当は庶民の出なのですが、生まれた時に室内に芳香が充満し、そのあまりの美しさから「楊玄琰」に売られたという逸話もあるのです。

 殆どは、後世の脚色であるとは思うのですが、それでも幼少期のみでこれだけの逸話に溢れているとは、それほどまでに美しい女性だったのでしょうね。

皇帝「玄宗」の息子、「李瑁」の妻となる

 楊貴妃といえば、皇帝の寵姫であったという印象が強いのですが、実際には皇帝の息子に嫁いでいるのです。

 735年、皇太子である「李瑁」(りぼう)の妻として迎えられます。李瑁は、母である「武恵妃」(ぶけいひ)の推薦で皇太子となっていたのですが、その2年後、武恵妃が死去してしまったことを発端に皇太子の座を剥奪されてしまうという事件が起きてしまいました。

 『皇太子の妻』として玉の輿に乗った楊貴妃でしたが、まさか婚姻を結んでから2年でその座から降りてしまうとは予想だにしなかったでしょう。

李瑁とは離縁、女冠となったのちに「玄宗」の寵姫となる

Hua-Qing-Chi-Yang-Gui-Fei.jpg
Alex Kwok投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, リンクによる

 李瑁と婚姻を結んでから数年経った時に、義父であり皇帝であった「玄宗」(げんそう)に見初められます。たとえ息子の妻であったとしても、皇帝の権力は絶大なものであり、楊貴妃は一度『女冠』(出家のこと)となった後に、玄宗の後宮『太真宮』に入ることとなりました。

 楊貴妃の容貌を語った書物には、唐代で理想とされた豊満な身体を持っており、髪やつややか、肌はきめ細やかで、たいへんな美人であったようです。さらに性格は利発、これもまた玄宗を魅了したとあります。

 また才気にも優れ、特に楽曲・歌舞にその才を発揮したようです。初めての玄宗との謁見の際も、楽曲を演奏したといいます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

まさか皇帝である「玄宗」が、息子「李瑁」から「楊貴妃」を奪い取っていたとはな。一度女冠にさせたのは、玄宗としても、世間体を気にしたんだな。

745年、正式に貴妃になった「楊貴妃」の家系は大出世する

 745年、「楊貴妃」は正式に『貴妃』の位を授けられます。ここから楊一族の貴妃となったんですね。

 これにより、楊貴妃の一族は大出世を果たすことになりました。父である「楊玄琰」は要職の一つであった国防を担当する役職に、母は涼国夫人と呼ばれるようになります。その他にも、叔父の「楊玄珪」、従兄の「楊銛」、「楊錡」、さらには3人の姉までもが出世を果たし、その権力をほしいままにしていったのです。

 これら楊一族への役人達の応対は、皇帝直属の命に対するものと遜色ないほどであり、彼らの家の門の前には、全国からの贈り物を持った使者が列を作るほどであったといいます。

「楊貴妃」は皇帝「玄宗」と喧嘩。これが元でさらに寵愛を受けることとなる

Yang Gui-fei by Takaku Aigai.jpg
Takaku Aigai(1796 – 1843) 高久靄厓 – SEIKADO BUNKO ART MUSEUM 静嘉堂文庫美術館, パブリック・ドメイン, リンクによる

 746年に、楊貴妃と皇帝幻宗は大喧嘩を起こします。原因は楊貴妃の嫉妬から来たもので、玄宗の意向に逆らったそうなのです。そうして楊貴妃は実家へと強制送還させられてしまいます。

 しかし、玄宗はこれでせいせいする、とはならず、その日のうちに楊貴妃がいない事に機嫌を悪くすると、側近を鞭で打つなどの横暴に出始めたのです。

 これはよくない、と動いたのが玄宗に仕えていた宦官の一人である「高力士」(こうりきし)でした。高力士は、日頃より楊貴一族に対して贈り物を届けてきたのもあり、彼の尽力で楊貴妃はその日の夜間には後宮に戻ってきたのです。

 玄宗は、戻ってきた楊貴妃がその罪を認め詫びる姿に感銘を受け、多くの芸人を呼んだと伝えられています。楊貴妃はその後、さらに玄宗の寵愛を一身に受けるようになっていったのです。

出世を望む者はこぞって「楊貴妃」のご機嫌取りを行う

 この頃、玄宗に贈り物を送る者の中で、節度使の「安禄山」(あんろくざん)という男がいました。玄宗も、そして楊貴妃も彼のことを大層気に入り、宴の際には特別に席を用意するほどでした。そんなある日、安禄山は楊貴妃に自らを養子にするよう懇願します。楊貴妃は何の疑いもなく、それを受けてしまったのです。

 そして、いざ入朝し義両親への拝礼となったその時、安禄山は玄宗より先に楊貴妃に向かうという無礼を行いました。その理由を問われた時に「私は胡人なので、礼は母を先、父を後に」と答えると、玄宗はそれを大いに喜びます。そして、楊貴妃の兄弟姉妹5人に義兄弟となるよう命じたのです。

 これに関して皇太子の「李亨」が、「余りの寵愛はかえって驕りを生む」と玄宗に忠告しましたが、それが聞き入れられることはありませんでした。

 こうした安禄山の大出世が話題となり、自分もその恩恵にあやかろうと、楊貴妃とはじめとする楊一族への、ご機嫌取りのための贈り物はより一層増えていったのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここまでを振り返ると、楊貴妃はまさにその美しさで上り詰めていったんだ。しかし、後の世に伝わるような楊貴妃が皇帝を誑かし、勢の限りを尽くした、という印象はまだ無いようだ。

母「楊貴妃」と養子となった「安禄山」の奇妙な仲

An Lu Shan.jpeg
不明, パブリック・ドメイン, リンクによる

” target=”_blank”>

 楊貴妃の生まれは719年、安禄山の生まれは703年、こうして比べると安禄山の方が16歳も年上なのです。このほど離れた間柄で親子など、実際には形のみで交流など殆どなかったのでは?とも考えてしまいますね。しかし、楊貴妃と安禄山の間で信じられないようなエピソードが残っているのです。

 楊貴妃の養子となった746年から5年後の安禄山の誕生日には、玄宗と楊貴妃から多くの贈り物が送られます。これに対して安禄山は、入朝をすると彼らの赤子を演じたのです。

 大きな揺り籠に乗って入ってきた安禄山は、なんとおむつをつけていたといいます。その姿を見た玄宗は多いに喜び、宮中への自由な出入りすら許してしまったのです。

 一方楊貴妃はというと、その大きな揺り籠を女官達に運ばせると「我が子を湯船で洗う」と述べると、さらに玄宗は機嫌を良くしました。しかし、この後も安禄山と食事を共にし、夜通し宮中に入れていたために、不名誉な噂が流れたともいいます。全く安禄山は、出世のためとはいえ、凄い人物ですね。

楊一族の専横は、さらに酷いものとなる

 楊貴妃には3人の姉がおり、彼らも『国夫人』の位を授けられ、毎月10万銭程を化粧代として与えられました。さらに二人の従兄「楊銛」、「楊国忠」も出世を果たし、外戚としての地位を不動のものとしていったのです。

 玄宗が出かける時は楊貴妃が必ずついていき、彼女の院には絹織り職人が700人もいたといいます。他にも装飾品を作成する工人が数百人おり、地方の役人はその権威にあやかろうと様々な献上品を持って謁見を申し入れました。実際に特に珍しいとされる品を送った役人はそれがもとで出世していったのです。

 当時、『唐王朝』の権威を握っていたのは「李林甫」(りりんぽ)という男でした。しかし、彼が死去すると、唐の実権は、楊貴妃の従兄「楊国忠」のものとなったのです。

 しかし、これが面白くないのが安禄山でした。己がどれほどの努力で中央に近づいたのか、ただ楊貴妃の従兄というだけで権力を握った、楊国忠が憎くてたまらなかったはずです。

 ある時、楊国忠は外征に失敗、大勢の使者を出してしまいました。これには役人からの不満も湧き上がってきており、何より、安禄山も表立って対立をしていくことになったのです。

 楊一族は、さらに出世、もはや中央の中枢まで来ていました。そこで、唐の皇室と数々の姻戚関係を結んでいくのですが、これもまた安禄山との亀裂を決定的なものにしていったのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここまで来ると、楊貴妃を学ぶ上で重要なキーマンが出そろったようだ。楊貴妃を溺愛した皇帝「玄宗」、楊貴妃の婚姻によって出世した従兄「楊国忠」、楊貴妃の目に留まったため出世した節度使「安禄山」、これら3人が重要になるようだな。

755年「安禄山」により「安氏の乱」が起きる

image by iStockphoto

 楊国忠との対立を露わにしていった安禄山が、とうとう謀反を起こし首都である『洛陽』を陥落させた『安史の乱』が起こったのです。

 この時に、玄宗は自ら兵を率いて出陣し、国は皇太子である李亨に任せようとすると、楊貴妃は土を口に含んで自らの死を装いました。これに動揺した玄宗は出陣を思いとどまります。しかし、この騒動は、楊国忠を始めとする楊一族の策謀であったのではないでしょうか。

 『安史の乱』の結末は、安禄山らの大勝で終わりました。玄宗は、楊貴妃、楊国忠、高力士らを連れ、一時西方へ逃れたのですが、玄宗の即位以前から仕えていた将軍「陳玄礼」が、突如楊国忠を斬りつけたのです。

 陳玄礼は、この乱の原因となった楊国忠を深く恨んでいたのでした。さらに陳玄礼は、玄宗に対して「争いの大本」として楊貴妃を殺害することを要求したのです。

 玄宗は「楊貴妃は、宮中にいたため、楊国忠とは何も関係がない」とって庇ったといいますが、その場にいた高力士もまた「楊貴妃は争いを生む」といって、同じく玄宗に迫りました。

 長く仕えてくれていた者たちからの謀反とあっては、玄宗ももう聞き入れるしかなかったのでしょう。やむなく玄宗自らが、楊貴妃に自死を命じたのです。

「楊貴妃」の悲しすぎる最期

Pao-Shan Tomb Wall-Painting of Liao Dynasty (寳山遼墓壁畫:頌經圗).jpg
Unknown artist of Liao Dynasty – Liao Tomb of Mountain Pao, パブリック・ドメイン, リンクによる

 世界三大美女の一人「楊貴妃」の最後は、愛する夫の命による死刑でした。高力士が縄を手にすると、楊貴妃は一切の抵抗を行わなかったといいます。

 縊死(縄で首を捻られて死亡)さえられた楊貴妃は、陳玄礼らによって死の確認が行われ、死体は郊外に埋められました。

 一方、反乱を起こした安禄山は、楊貴妃の死を聞くと、自室に籠り何日も泣いたと伝わっています。

 そして玄宗は、画工に楊貴妃の絵を描かせると、それをいつまでも眺めていたそうです。

 こうした玄宗と楊貴妃の物語は、唐の詩人によって語り継がれ、現在でも『長恨歌』(ちょうごんか)という作品名で残っています。

まさに悲劇の女性、「楊貴妃」とは本当に『傾国の美女』なのか?

 楊貴妃は容姿端麗であり、舞楽に優れていたといいます。当時の宮廷音楽家でも彼女の演奏には適わなかったそうです。

 確かに楊貴妃が玄宗の妾になったことで、楊一族の専横の切っ掛けを作ってしまいました。彼女に気に入ってもらえば、皇帝の目にも留まることが出来ると、地方役人はこぞって贈り物を届けたそうです。それが原因で財政破綻した地方もあったといいます。

 彼女の周囲がきっかけで起きた『安史の乱』は、10年の歳月と、3600万人という死者数を出した中国史上でも上位に登る大きな反乱です。

 この反乱が引き金となり『唐王朝』は、衰退への道を進み始めました。

 彼女に溺れた皇帝、彼女に取り入ろうとした数多の役人達、中国でも最大規模の大反乱、とてつもない数の死者、そして唐王朝の滅亡…。楊貴妃の人生はこれらに関わってしまったことから『傾国の美女』んどと不名誉な称号を得ることになってしまったのです。

 本当に、楊貴妃個人に問題があったのでしょうか?楊貴妃がいなければ『唐王朝』は存続していったのでしょうか?私には、楊貴妃はある意味で悲劇の女性のように思えてなりません。

Share: