英語の熟語

【英語】1分でわかる!「far from …」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここで見たように、熟語「far from …」には複数の使い方があるぞ。「距離」が遠いという意味はもちろん、「決して…ではない」という意味でもよく使われている。どちらの場合も「far」の持つ「遠い」という意味が基本になっているぞ。

熟語「far from …」の言い換えや、似た表現は?

「far from …」とよく似た表現は、「決して…ではない」の場合は「not … at all」、「…から遠い」の場合は「a long way from」などがあります。

どちらも日常的によく使われる表現なので、まとめて覚えておきましょう。

言い換え例:「not … at all」を使った言い換え

「not at all」は感謝された時に「どういたしまして」という意味で使ったり、お願いされた時に「気にしないのでどうぞ」という場合に使ったりします。

そして「決して…ではない」という意味では「not … at all」のように「not」と「at all」が離れている場合もあるので、見落とさないよう注意しましょう。

I am not afraid of snakes at all.
私は蛇が少しも恐くない。

His speech was not interesting at all.
彼のスピーチは全然おもしろくなかった。

She is not at all satisfied with the result.
彼女はその結果に決して満足していない。

言い換え例:「a long way from」を使った言い換え

距離的に離れているという場合は、「a long way from」を使うといいでしょう。「far」と「a long way」は同じような意味ですが、「far」は疑問文や否定文で使われ、「a long way」は肯定文の中で使われる場合がほとんどです。

The lake is a long way from my house.
その湖は私の家から遠く離れている。

It’s a long way from here to your office.
ここから君の会社は遠い。

The airport is a long way from the station.
空港は駅からは遠い。

次のページを読む
1 2 3
Share:
maakn