英語の熟語

【英語】1分でわかる!「be determined to ○○」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「be determined to ○○」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「Vしようと固く決意している」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC810点で、留学経験があるライターMoeを呼んだ。一緒に「be determined to ○○」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

Moe

ライター/Moe

英語力ゼロからTOEICスコア810点を取得し留学を経験。その経験から、実践で使えそうな例文を考えることを得意とする。

熟語「be determined to ○○」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「be determined to ○○」は「Vしようと固く決意している」ということを表します「determined」は「断固とした」「決意している」という意味の形容詞です。使い方を例文と一緒に確認をしてみましょう。

意味 「Vしようと固く決意している」

「be determined to ○○」は「Vしようと固く決意している」という意味です。とても強い決心の感情を表し、決意した内容を成し遂げるまで諦めないというニュアンスになります。決心した時点では、まだ具体的な行動を起こしていないことになりますね。

I’m determined to start my own business.
私は起業をすることを固く決意している。

I’m determined to live in other countries.
私は海外に住むことを固く決心している。

I’m determined to get into college in the US.
私はアメリカの大学に入ることを固く決心している。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここで見たように、熟語「be determined to ○○」は「Vしようと固く決意している」という意味があるぞ。決意した内容を達成するまで諦めないというニュアンスがあることを覚えておくと良いだろう。

熟語「be determined to ○○」の言い換えや、似た表現は?

「be determined to ○○」に似た表現として、「determine」「decide」「make a decision」「make up one’s mind」があります。それぞれニュアンスが異なるので、例文と一緒に確認をしてみましょう。

次のページを読む
1 2 3
Share:
Moe