英語の熟語

【英語】1分でわかる!「Who’s calling, please?」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「Who’s calling, please?」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「 どちらさまでしょうか?」ですが、電話で相手の名前を聞く時のお決まりの表現です。

個別指導塾で受験生の指導経験が豊富なライターさとみあゆを呼んです。一緒に「Who’s calling, please?」の意味や例文を見ていきます。

ライター/さとみあゆ

個別指導塾で多くの受験生を指導してきた経験を持つ。そのノウハウを駆使し、受験生だけでなく社会人にも「使える英語」を伝授する。

熟語「Who’s calling, please?」の意味は?

image by iStockphoto

日本語でも英語でも、主に電話で会話する時に用いるお決まりの表現があります。「Who’s calling, please?」は、相手の名前を聞く時の常套句で、「どちらさまでしょうか?」という意味

話し言葉なので「Who is」より「Who’s」と短縮して使う方が一般的です。

意味その1 「(電話で) どちらさまでしょうか?」

「もしもし」は「Hello.」、「○○と申しますが」は「This is ○○ speaking.」のように、主に電話の応対で用いられる表現がいくつかあります。「Who’s calling, please?」は電話をかけてきた相手が名乗らなかった時に、名前を聞くためのフレーズです。

「call」には電話をかけるという意味があり、「Who’s calling?」は直訳すると「誰が電話をかけていますか?」となります。丁寧な言い方にするためには、「please」を付けたり、文頭に「May I ask」を付けるといいでしょう。

Hello. May I speak to Masahiro?
もしもし。正広さんお願いします。
Who’s calling, please?
どちらさまですか?

May I ask who’s calling?
お名前を伺ってもよろしいでしょうか?

May I leave a message for Mr. Sato?
佐藤さんに伝言をお願いしたいんですが。
Certainly. Who’s calling, please?
かしこまりました。お名前をお伺いできますか?

熟語「Who’s calling, please?」の言い換えや、似た表現は?

「どちらさまですか?」と電話口で聞くための表現は色々ありますが、中にはビジネスシーンなどには不向きなものもあります。自信をもって電話応対ができるように、カジュアルなものからフォーマルなものまで、たくさんのフレーズを覚えておきましょう

\次のページで「言い換え例:「Who is this?」を使った言い換え」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: