英語の熟語

【英語】1分でわかる!「define A as B」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「define A as B」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「AをBと定義する」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC910点で、現役の英語塾講師であるライターコウ ガブリエルを呼んだ。一緒に「define A as B」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

gabriel3212006

ライター/コウ ガブリエル

現役の英語塾講師。香港で小学校から高校生までに受験英語を指導。また、過去東京で留学する際に、日本人の社会人にTOEICやビジネス英語などを指導したことがある。

熟語「define A as B」の意味は?

image by iStockphoto

「define A as B」は「AをBと定義する」や「AをBと考える」という意味。定義をつける時に極めて便利で使いやすいです。

意味「AをBと定義する」/「AをBと考える」

Defineは、definition(定義)の動詞で、「定義する」、「意味を明確にする」という意味です。実は、この動詞は単独で使うことが少なく、前置詞as と一緒に使うほうが多い。

「define A as B」は 日本語で「AをBと定義する」、「AをBと考える」と訳します。

それでは簡単な例文を紹介しておきましょう。

He defines casino as not gambling.
彼はカジノはギャンブルではないと考えています。

He defined the issue as a social issue.
彼は、この問題を政治問題だと定義しました。

She defines doing assignments as part of study.
彼女は宿題をすることは勉強の一部だと考えています。

熟語「define A as B」の言い換えや、似た表現は?

「define A as B」の言い換えとして、「A be defined as B」と「A refer to B」があります。それぞれの使い方と例文を一緒に確認してみましょう。

言い換え例:「A be defined as B」を使った言い換え

「A be defined as B」は「define A as B」の受動態で、意味が同じです。「A be defined as B」は「define A as B」と比べて、客観的かつ少し固いニュアンスがあります。そのため、「A be defined as B」は言葉の説明といった正式な場面に使うことが多いです。

次のページを読む
1 2
Share:
gabriel3212006