英語の熟語

【英語】1分でわかる!「be worth ○○ing」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

言い換え例:「worthwhile」「worthy」「deserve」を使った言い換え

「worth」は名詞としても使われますが、形容詞として使われる場合、「be」「seem」「look」といった決まった動詞の後に置かれて文中で補語の働きをする叙述用法でのみ使われます。それに対して一つ目の例文の「worthwhile」は同じく「価値のある」という意味ですが、こちらは叙述用法で使われる事もありますが、名詞の前に置かれて限定用法でも使う事ができる形容詞です。例文では名詞の前に「worthwhile」が来ているのでこちらは限定用法ですね。

二つ目の例文の「worthy」も叙述用法、限定用法どちらでも使える形容詞です。「worthy」が叙述用法をとるとき、目的語が名詞の場合は「worthy of 名詞」、動詞の場合は「worthy to 動詞の原形」となります。また、「worthy」の発音は「ワーシー」ではなく「ワージー」なので気をつけましょう。

「deserve」は「〜の価値がある」という意味の動詞です。「worth」「worthwhile」「worthy」は比較的ポジティブな内容で使われるのに対し、「deserve」はネガティブな事に対しても使われます。

Some people might call me silly, but I believe a donation is a worthwhile way to spend money.
バカだと思う人もいるかもしれないが私は募金は価値のあるお金の使い方だと信じている。

His brave action is worthy of praise.
彼の勇気ある行動は賞賛に値する。

He cheated his wife and lost everything. He deserves a lonely life.
彼は浮気をして全て失った。孤独な人生は当然の報いだ。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「be worth ○○ing」は「worthwhile」「worthy」「deserve」といった語句で言い換えができるぞ。「worth」は叙述用法でのみ使われるが「worthwhile」「worthy」は叙述用法、限定用法どちらでも使われる。「deserve」はネガティブな事柄にも使われる動詞だぞ。それぞれの使い方の違いを理解しておけ。

熟語「be worth ○○ing」を使いこなそう

この記事では熟語「be worth ○○ing」の使用例や、他の表現での言い換えパターンを説明しました。「worth」は日常会話でもよく使われる単語ですが、「th」が日本語には無い音なので発音が難しいと感じる方も多いかもしれません。舌を上下の歯で挟むようにして言うと上手に言えますよ。「worthy」との発音の違いにも気を付けてくださいね。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
1 2
Share:
amam5593