日本史歴史鎌倉時代

「源氏」といえば武士?多種多彩な源氏の人々を源平オタクが3分で簡単ようにわかりやすく解説!

平家物語をはじめ、鎌倉幕府の源頼朝で知られる源氏一族は武家として有名ですが、日本史にはそれ以外にも源氏を見かけることがあるでしょう?

今回は紙面だけでは見えない源氏の系譜を日本史に詳しいライターリリー・リリコと一緒に解説していきます。

ライター/リリー・リリコ

興味本意でとことん調べつくすおばちゃん。座右の銘は「何歳になっても知識欲は現役」。大学の卒業論文は義経をテーマに執筆。当時はたくさんいてかなり混乱したという源氏について今回完結にまとめる。

 

武士だけじゃない源氏

image by PIXTA / 4786200

源氏といえばみなさんは誰を思い浮かべるでしょうか?私の場合は学生時代の研究対象だった源義経です。『平家物語』をはじめ『源平盛衰記』など源平合戦の中心人物ですから、義経を思い浮かべた人は多いと思います。さらに義経の兄の源頼朝は鎌倉幕府を成立させた将軍ですから、日本史の教科書には必ず載っている名前ですね。

頼朝、義経兄弟が非常に有名なことから、「源」の苗字は武家の苗字だと思われがちです。しかし、頼朝も義経も「清和源氏」と呼ばれる源氏の系譜のひとつで、他にも「嵯峨源氏」や「宇多源氏」など源氏姓の血脈は二十一も系統があり、源氏二十一流とも呼ばれています

では、「清和源氏」の頭につく「清和」というのは何でしょうか?教科書にはそのあたりまったく触れられていませんよね。同じ姓なのだから、みんな遠かれ近かれ血がつながった親戚だと考えてしまいます。しかし、この「清和」について調べていくと、確かに血はつながっているのですが、普通に考える親戚というにはかなり特殊なつながりだったのです。

源氏姓の始まりは天皇家にあり

源氏姓の始まりは平安前期にありました。第52代嵯峨天皇は大変な子沢山で、なんと五十人も子どもがいたとか。けれど、その五十人の子ども全員を親王にしておく経済力が当時の天皇家にはありません。というのも、平安前期の皇室の収入は租税であり、藤原摂関家や他の貴族と違って財源となる荘園を持っていませんでした。もちろん、人口も現代ほど多くはありません。租税のみで五十人の子どもたちを「親王」として支えることはできなかったのです。

そこで嵯峨天皇の皇子十七人を天皇家から臣籍に降し、皇女十五人を臣下に嫁がせることによって経済難をしのぐことにしました。そのとき子どもたちが賜ったのが「源」の姓です

解説!臣籍降下と賜姓皇族

皇族が姓を与えられて天皇家を離れ、臣籍に下ることを臣籍降下、また皇女が臣下へ嫁入りすることを降嫁といい、そのようにして姓を賜った彼らを賜姓(しせい)皇族と呼びました「源氏」の前につく「清和」は、清和天皇の皇子・皇女が降下して源氏姓を賜った、という意味です。嵯峨天皇から臣籍降下した皇子たちは「嵯峨源氏」となるわけですね。

余談ですが、降下時に賜る姓は「源」だけに限りません。源平合戦で対立する「平」姓もそのひとつでした。また、『伊勢物語』の在原業平や、『源氏物語』の光源氏が賜姓皇族にあたります

源氏は二十一流もある!?

嵯峨天皇、清和天皇の御代以外にも多くの皇子たちが臣籍降下で源氏姓を賜っています。年代の速い順から並べていくと、

嵯峨源氏、仁明源氏、文徳源氏、清和源氏、陽成源氏、光孝源氏、宇多源氏醍醐源氏村上源氏、冷泉源氏、花山源氏、三条源氏、後三条源氏、後白河源氏、順徳源氏、後嵯峨源氏、後深草源氏、亀山源氏、後二条源氏、後醍醐源氏、正親町源氏

となりますが、中には降下した本人一代限りの源氏も含まれました。本記事ではラインを引いた五家について特に解説していきます。

\次のページで「公家としての源氏」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: