英語の熟語

【英語】1分でわかる!「be new to …」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

熟語「be new to …」の言い換えや、似た表現は?

熟語「be new to …」には、「inexperienced」や「be not used to …」などの言い換えの表現があります。いずれも意味はほぼ同じですが、もとの語の意味やニュアンスに違いがあるのでチェックしてみましょう。

言い換え例:inexperienced を使った言い換え

まずは、「inexperienced」を使った言い換えの表現です。よく目にする名詞や動詞の「experience(経験、経験する)」に対して、その形容詞であり逆の意味を表すことから「inexperiemced(経験がない、未熟な、不慣れな)」という意味になります。

You are inexperienced for now.
あなたは今のところ未熟だ。

She is inexperienced at driving.
彼女は車の運転に慣れていない。

I am inexperienced in outdoor living.
私はアウトドア生活の経験がない。

言い換え例:be not used to … を使った言い換え

次は「be not used to …」を使った言い換えの表現です。もともと「be used to …」で「…に慣れている」という意味で使われており、その否定として「…に慣れていない」という意味になります。「to」の後ろは名詞もしくは動名詞が基本ですが、不定詞となるケースもありますよ。

I am not used to getting up early.
私は早く起きることに慣れていない。

Children aren’t used to drinking coffee without suger.
子供たちは砂糖なしでコーヒーを飲むのに慣れていない。

He isn’t used to speaking in public.
彼は人前で話すことに慣れていない。

\次のページで「熟語「be new to …」を使いこなそう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: